人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
食事マナー
テーブルマナーとは、命を捧げてくれる動植物に対する、最低限のマナー。
夫婦関係
「いただきます」と「ごちそうさま」は、立派な褒め言葉だった。
夫婦関係
感謝の言葉は「ありがとう」だけではない。
自分磨き
今だけに集中すれば、落ち込むことはなくなる。

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り11 読んだ
2

「いただきます」とは
「命をいただきます」という意味。

「いただきます」とは「命をいただきます」という意味。 | 食事の作法とマナーの30の基本

私は肉を食べるときに、いつも思うことがあります。

「この肉は、命なんだ」と心が動きます。

「いただきます」という一言は、食事をいただきますという意味だけではありません。

「命をいただきます」という意味が含まれています。

肉を食べるときには、命であることに気づくことが大切です。

あなたが長く生きるために、ほかの生き物があなたのために命を落としているのです。

「食物連鎖」という言葉があります。

基本的な食べる、食べられるという動物たちのピラミッドです。

その基本的な食物連鎖は、人間界では壊れています。

人間のみが、食べる側に回っています。

残りの動物たちは、すべて食料です。

人が生きるためには、食べるということが必要です。

何かを食べることになるのです。

少し痛々しい話かもしれませんが「食べる」というのは「ほかの動物たちの命をいただいている」ということなのです。

生きるためには、必要なことですから、抜かすわけにはいきません。

菜食主義とはいえ、肉の栄養価値は素晴らしい物があります。

タンパク質をはじめとする、ビタミン、ミネラルといった「生きるために必要な栄養」がすべて揃っています。

食べられるために生まれてきたのではないかと思うほど、肉には栄養価値が勢ぞろいしているのです。

そんな肉を食べるときには「命をいただいている」ということに気づきましょう。

私は肉を食べるときには、私のために命を落としてくれた動物たちに感謝しています。

感謝しないと、私は単なる動物殺しになります。

感謝をすることで「生き物」が「食べ物」に変わるのです。

食事の作法とマナーの基本 その2

  • 肉類を食べるときには
    「命をいただきます」という感謝を持つ。
作ってくださった方にも「食事をいただきます」と感謝する。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品