人生の教科書



食事マナー

食事の作法とマナーの
30の基本

お気に入り5 読んだ
5

外食では
食べるだけでなく、
「サービス精神」を勉強できる。

外食では、食べるだけでなく「サービス精神」を勉強できる。 | 食事の作法とマナーの30の基本

私がアメリカに留学していたころ、よく外食をしていました。

お気に入りのレストランは「Denny's」です。

100回以上は行ったような気がします。

私の留学でのお金は、外食にも飛んでいきました。

よく外食に行くのには、わけがあります。

店員さんたちのサービスです。

私はいつも店員さんたちのサービス精神に驚かされます。

注文をうかがうときは笑顔で、サービスします。

飲んでいたコーヒーがなくなりかけると、頼まなくても「コーヒーのおかわりはいかがですか」と尋ねてきてくれます。

お客さんが誕生日であることを知ると、店員が集まり「ハッピーバースデー」の歌を歌うサービスをしてくれます。

もちろんお客さんは、恥ずかしそうです。

店中に声が響き渡ります。

お客さんは、恥ずかしそうな顔した後、嬉しい表情になります。

私はアメリカでのレストランで、サービス精神に感銘を受けました。

私はあるときコーヒーがなくなった絶妙のタイミングで、おかわりを持ってきてくれた店員に感激したことがあります。

どうやら私の飲むコーヒーの量を気にかけてくれていたようです。

アメリカには、チップの習慣があります。

普通は15~20パーセントをテーブルに置きます。

 

しかし、そのときはあまりに嬉しくて、50パーセントのチップを店員に手渡してお礼を言いました。

大切なことは、気持ちのやりとりです。

サービスしてくれたら、こちらもサービスのお返しをしたくなります。

そんな気持ちのやりとりが、食べる食事をよりおいしくさせていたのです。

まとめ

食事の作法とマナーの基本 その5
  • 店員の「サービス」を楽しむ。
次のページ >>
食事をするときには「くちゃくちゃ」と音を立てない。
「もぐもぐ」にすればいい。

もくじ
(食事の作法とマナーの30の基本)

同じカテゴリーの作品