執筆者:水口貴博

ファッションセンスを磨く
30の方法

29
10

ファッションセンスのある人は、
隠れた部分までおしゃれをする。

ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。 | ファッションセンスを磨く30の方法

見える部分ばかりに力を入れるのがファッションではありません。

隠れた部分までおしゃれがしたい意識が芽生えて、初めて本当のおしゃれと言えます。

たしかにファッションは、他人に見られることが前提です。

人に見られるからには、できるだけかっこいいファッションをしたいです。

恥ずかしい思いをしたくないと思います。

より整った自分を見てもらい、イメージをよくしたいと思うのは当然です。

しかし、本来、ファッションとは「他人のため」ではなく「自分のため」にするものです。

自分が自分らしくなり、元気になり、わくわくするためにします。

着た人を幸せにするのが、本当に素晴らしいファッションです。

そういう神髄に気づくと、見える部分ばかりだけではなく、隠れた部分にも自然と力を入れたくなります。

「見える部分・隠れた部分」という区別すらしなくなります。

誰にも気づかれなくても見られなくても、自分のためにおしゃれをする人こそ、本当にファッションセンスのある人です。

たとえば、下着です。

下着は、普段見られる部分ではありません。

見られないから力を入れなくても、恥ずかしい思いをすることはありません。

最悪、はいていなくてもわからない部分です。

「どうせ見られないのだから適当でいい」と力を抜いてしまいがちです。

しかし、そういうところにまで気を回せるかどうかです。

財布の中も、カバンの中も、他人に見られることはない部分です。

自分が元気になるためのファッションですから、見られない部分でも関係ありません。

「見える、見えないにかかわらず、身につけるものはすべてお気に入りで包まれたい」

これがファッションセンスのある人の考え方です。

自分が幸せになりますから、たとえ見られなくても、当然のようにおしゃれをしたいと切望します。

そういうところまで気が回るようになれば、本物のおしゃれ人間なのです。

ファッションセンスを磨く方法(29)
  • 自分のために、隠れた部分もおしゃれにする。
「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。

ファッションセンスを磨く30の方法
ファッションセンスを磨く30の方法

  1. ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。
    ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。
  2. ファッションは、個性を強調するためのもの。
    ファッションは、個性を強調するためのもの。
  3. どんな友人であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。
    どんな友人であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。
  4. 姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。
    姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。
  5. 大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。
    大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。
  6. 服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。
    服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。
  7. しわのない服を着て、元気になろう。
    しわのない服を着て、元気になろう。
  8. 何年も、同じ服を着ない。
    何年も、同じ服を着ない。
  9. ファッションの学校は町の中。<br>ファッションの先生は歩く人々。
    ファッションの学校は町の中。
    ファッションの先生は歩く人々。
  10. 服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。
    服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。
  11. 人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。
    人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。
  12. 本当に気に入った服は、諦めない。<br>貯金して買えばいい。
    本当に気に入った服は、諦めない。
    貯金して買えばいい。
  13. 洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。
    洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。
  14. 傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。
    傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。
  15. 雨の日こそ、おしゃれをしよう。
    雨の日こそ、おしゃれをしよう。
  16. たくさんの服を持てばいいわけではない。
    たくさんの服を持てばいいわけではない。
  17. 同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。
    同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。
  18. 香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。<br>自信がなければ、つけない。
    香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。
    自信がなければ、つけない。
  19. 試着をせずに、購入しない。
    試着をせずに、購入しない。
  20. ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。
    ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。
  21. 服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。
    服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。
  22. ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。
    ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。
  23. ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。
    ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。
  24. 読書をすると、センスが変わる。<br>内面に変化が起こるから。
    読書をすると、センスが変わる。
    内面に変化が起こるから。
  25. 高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。
    高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。
  26. お気に入りの服を着ると、元気が出る。
    お気に入りの服を着ると、元気が出る。
  27. 笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。
    笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。
  28. 勢いで服を買ってはいけない。
    勢いで服を買ってはいけない。
  29. ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。
    ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。
  30. 「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。
    「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION