ファッション

痩せて美人に見える
30の着こなし術(女性編)

  • どんなにスリムな女性でも、
    だぶだぶの服を着ていれば太って見える。
痩せて美人に見える30の着こなし術(女性編)

もくじ
  1. どんなにスリムな女性でも、だぶだぶの服を着ていれば太って見える。

    ファッションは個人の自由です。
    人それぞれの好みがありますから、どんな服装をしても問題ありません。
    あなたはどんなファッションをしてもいい。

  2. 寒色系の色を使うと、スリムに見える。

    スリムに見せたければ「色」を利用しましょう。
    色の使い方を少し工夫すれば、スリムに見せることができます。
     

  3. 黒いストッキングをはくだけで、足が細く見える。

    「うわっ、細い足だな」
    男性である私が街を歩いているとき、足の細い女性に出会うことがあります。
    日頃からシェイプアップを心がけているのか、細い足を見ると感心します。

  4. ポケットがあっても、何も入れない。

    ある日、駅のホームで電車を待っていると、不思議な体型の女性に出会いました。
    ボディーラインが、ちょっと変です。
    全体的に細くて、スリムな女性です。

  5. 美しいヒップラインに、パンティーラインが見えていませんか。

    ボディーラインを意識して、ぴちぴちのボトムをはいている女性が見落とす大きな落とし穴があります。
    せっかく美しいボディーラインなのに「ある部分」で台無しになっていることがあります。
    ぴちぴちのヒップラインから見えるパンティーラインです。

  6. きちんと足が閉じていれば、スリムに見える。

    椅子に座ったときも、姿勢をチェックしましょう。
    つい、足を広げていませんか。
    どんなにスリムな女性も足を広げて座っていると、がさつに見えます。

  7. がにまたは、O脚の原因になる。

    かにのように開いた足である「がにまた」は、スリムな女性には無用です。
    歩くとき、がにまたになっていませんか。
    外見だけを意識して、歩き方まで意識している人は少ないです。

  8. 足を組むと、足が太くなりやすい。

    映画俳優が足を組んで演じている姿は、鮮やかでかっこよく見えます。
     
    たしかに足を組んでいると、なにやらシックな雰囲気がありますね。

  9. 髪の長い女性には、表には見せない苦労や努力がある。

    私は今、髪が短いですが、高校卒業後の数年間、実は髪を伸ばしていた時期があります。
    「男性は髪が短い」という固定観念が、生まれつき一般的に広まっています。
    そのため、男性は心のどこかで「女性のように髪を伸ばしたい」という欲求があります。

  10. トリートメントで髪が落ち着くと、小顔になれる。

    私は高校卒業後の数年間、髪を伸ばしていた時期がありました。
    夏の湿気と冬の乾燥。
    どちらも髪の大敵でした。

  11. 髪を後ろで束ねれば、手軽に小顔を演出できる。

    トリートメントは面倒で、お金もかかります。
    美容院に行くのは手間がかかり、お金もかかります。
    そもそも髪に癖のある人は、継続的になるため、金銭的にも時間的にも大きな負担になります。

  12. 靴とボトムの色を合わせると、足が長く見える。

    「今日はどんな靴を履いていこうかな」
    デートに出かけようと玄関で靴を選ぶとき、適当に選んでいるなら、ちょっと待ってください。
    「どうせ靴だし、足元で目立たないから適当でいいか」

  13. フリルは、体のシルエットが膨らむ。

    フリルのついたスカート。
    フリル付きのブラウス。
    華やかさがあり、かわいらしくてロマンチックですね。

  14. フレンチヒールは、最も美脚効果が高い。

    男性になくて女性にある靴といえば何でしょうか。
    答えは「ヒール」です。
    美を意識する女性には、ヒールはマストアイテムです。

  15. もうワンサイズ、小さなバッグに変更できませんか。

    単純なことなのに、見落としがちな点があります。
    バッグの大きさです。
    そのバッグの大きさは、あなたの全体的なスタイルを大きく左右します。

  16. ウエーブヘアより、ストレートヘアのほうがスリムに見える。

    パーマには大きく分けると2種類あります。
    「ウエーブパーマ」と「ストレートパーマ」です。
    ウエーブパーマは、落ち着いた印象を出したいときに最適です。

  17. 背筋が曲がっていると、太って見える。

    中学生のころ、私は親から「猫背になっている」と頻繁に言われていました。
    背中が丸くなっていて、自信がなさそうにしていると言われます。
    中学という思春期ということもあって、親の言葉は適当に流していました。

  18. ストライプの柄には、着痩せ効果がある。

    男性用スーツでは、縦にストライプの入ったスーツがあります。
    特に若い人には、縦のストライプが入ったスーツが人気です。
    人気である理由の1つは、スリムに見える効果にあります。

  19. イヤリングは、小顔に見せる効果がある。

    目の錯覚を利用するのは、ファッションだけでなくアクセサリーでも実現できます。
    顔が小さな女性には、イヤリングをつけている人が多いと思いませんか。
    顔が小さな女性の耳元は、きらりと光っています。

  20. きらりと光るペンダントで、体の中心が整う。

    小顔に見える代表的なアクセサリーは、イヤリングのほかに、もう1つあります。
    ペンダントです。
    ペンダントもイヤリングと同じように、小顔に見せる効果が強力です。

  21. ウエストラインから、肉がはみ出していませんか。

    スリムなスタイルを強調させようとして、ぴちぴちのジーンズをはいている人がいます。
    もちろんこれはこれでスリムに見せる効果があります。
    また、ヒップを押し上げるので、小尻にも見えます。

  22. 美女は、口呼吸ではなく、鼻呼吸。

    あなたは、口で呼吸をするタイプですか。
    鼻で呼吸をするタイプですか。
    美しくなりたければ、必ず「鼻呼吸」を心がけるようにしましょう。

  23. ぼさぼさの髪を、何とかする。

    「ああよく寝た」
    朝起きて、鏡を見ます。
    「うわっ。すごい髪型だ」

  24. ネイルケアをきちんとすれば、指が驚くほど細く見える。

    指を長く見せたければ、爪を少し長めに伸ばすことです。
    爪を伸ばすことで、指そのものが長くなったように見えます。
     

  25. 指を鳴らすと、指が太くなる。

    指を鳴らす癖を持っている人がいます。
    鳴らせば、関節をマッサージやストレッチしているような感覚があり、気持ちいいと思います。
    その快感が癖になると、つい1日に何度も鳴らしてしまいます。

  26. 斜めに向いた顔は、小顔に見える。

    「運転免許証の顔は、なぜこんなにもださいのだろう」
    運転免許証の写真を見てみましょう。
    なぜか運転免許証で映る自分の顔は、やぼったくて顔が大きく見えませんか。

  27. 手の指を揃えると、手元が小さくて上品に見える。

    スリムに見せたければ手のひらにも気を配りましょう。
    ささいなところですが、頻繁に使う手のひらだからこそ重要です。
    手の状態によって、あなたの印象はとても大きく変わると断言します。

  28. 美女は、鏡に投資をする。

    「今、自分がどんな格好になっているのか」
    それは小さな手鏡では分かりません。
    顔を部分的にチェックする分には、小さな手鏡で十分ですが、全体を見るには小さすぎます。

  29. 「ベルボトムパンツ+ハイヒール」は、足長に見せる最強の組み合わせ。

    「ベルボトムパンツ」をご存知ですか。
    膝から裾に向かってラッパ状に広がっているボトムパンツのことです。
    その形状から「ラッパズボン」とも呼ばれることもあります。

  30. いつまでも美しくありたいと願う。
    そういう行動をする。

    「いつまでも美しくありたい」と願うことが大切です。
    年を重ねたら、さらに大切です。
    当たり前と思うかもしれませんが重要です。

同じカテゴリーの作品