執筆者:水口貴博

ファッションセンスを磨く
30の方法

25
5

高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。

高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。 | ファッションセンスを磨く30の方法

ファッションセンスを輝かせようと、高級ブランドに手を出す人がいます。

高級ブランドの素晴らしさは、文化があることです。

長い歴史の中で培われた技術は、一般企業をはるかに上回ります。

たとえば、ブランドものの財布の細部を見てみましょう。

単に糸が結ばれているだけのように見えますが、糸がほどけないように独特の作りになっているはずです。

それは普通の人にはできない技です。

高い技術を持った職人が、一つ一つ手作りで作ったものは、値段が高いだけあって、壊れにくく丈夫です。

高級ブランドほど色あせにくく、壊れにくいです。

長い文化が生んだ、技術の結晶です。

そういう文化を味わいたい人や、壊れにくいものを長く使いたいと言う人は、高級ブランドを持ってもいいでしょう。

愛を込めて作ったものは、愛せる自信がある人が持つべきです。

しかし、1つ気をつけてほしいことがあります。

身につけるなら、1種類に統一させることです。

ファッションセンスを輝かせようと、さまざまな高級ブランドで身を固めている人を見かけます。

高級な衣服さえ身につけていれば、洗練されたファッションだと思っているようです。

さまざまなブランドを身につけていると、文化が対立して喧嘩してしまいます。

そういう服装には、知性ではなく、浮気心が感じられます。

ブランドを身につけるときに大切なのは「統一感」です。

そろっているからこそ、統一感が品性や美しさへと変わります。

1種類のブランドで統一していれば、好みが感じられます。

しかし、さまざまなブランドに手を出している人は「私は好きな人が5人います」という人と同じです。

単なる浮気性です。

かっこよければ誰でもいいというのではありません。

そういう人の心は移ろいやすく、愛情が薄いです。

好きになったら、とことん突き詰めます。

本当に愛があるなら「1人を徹底的に愛する」はずです。

それは人間だけでなく、ブランドでも同じです。

ブランドを身につけるなら、1つに絞ってください。

歴史や文化、壊れにくさやデザインを考慮して、自分に一番似合うと思ったら、それに統一して、浮気をしないのです。

ファッションセンスを磨く方法(25)
  • 身につけるブランドは、統一させる。
お気に入りの服を着ると、元気が出る。

ファッションセンスを磨く30の方法
ファッションセンスを磨く30の方法

  1. ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。
    ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。
  2. ファッションは、個性を強調するためのもの。
    ファッションは、個性を強調するためのもの。
  3. どんな友人であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。
    どんな友人であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。
  4. 姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。
    姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。
  5. 大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。
    大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。
  6. 服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。
    服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。
  7. しわのない服を着て、元気になろう。
    しわのない服を着て、元気になろう。
  8. 何年も、同じ服を着ない。
    何年も、同じ服を着ない。
  9. ファッションの学校は町の中。<br>ファッションの先生は歩く人々。
    ファッションの学校は町の中。
    ファッションの先生は歩く人々。
  10. 服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。
    服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。
  11. 人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。
    人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。
  12. 本当に気に入った服は、諦めない。<br>貯金して買えばいい。
    本当に気に入った服は、諦めない。
    貯金して買えばいい。
  13. 洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。
    洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。
  14. 傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。
    傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。
  15. 雨の日こそ、おしゃれをしよう。
    雨の日こそ、おしゃれをしよう。
  16. たくさんの服を持てばいいわけではない。
    たくさんの服を持てばいいわけではない。
  17. 同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。
    同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。
  18. 香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。<br>自信がなければ、つけない。
    香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。
    自信がなければ、つけない。
  19. 試着をせずに、購入しない。
    試着をせずに、購入しない。
  20. ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。
    ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。
  21. 服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。
    服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。
  22. ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。
    ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。
  23. ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。
    ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。
  24. 読書をすると、センスが変わる。<br>内面に変化が起こるから。
    読書をすると、センスが変わる。
    内面に変化が起こるから。
  25. 高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。
    高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。
  26. お気に入りの服を着ると、元気が出る。
    お気に入りの服を着ると、元気が出る。
  27. 笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。
    笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。
  28. 勢いで服を買ってはいけない。
    勢いで服を買ってはいけない。
  29. ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。
    ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。
  30. 「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。
    「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION