ファッション

ファッションセンスを磨く
30の方法

  • ファッションセンスで大切なのは、
    おしゃれな服を買うより、
    おしゃれに見える着こなし。
ファッションセンスを磨く30の方法

もくじ

ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。

ファッションセンスで大切なのは、おしゃれな服を買うより、おしゃれに見える着こなし。

あなたがおしゃれをするとき、まず何から取り組みますか。
最初に取り組むことと言えば、おしゃれな服を買うことではないでしょうか。
もちろんおしゃれな服を買うことも大切なポイントです。

ファッションは、個性を強調するためのもの。

ファッションは、個性を強調するためのもの。

人は、なぜおしゃれをしたくなるのでしょうか。
ただ寒さをしのぐためだけに服を着ているわけではありません。
「個性を強調するため」です。

どんな友達であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。

どんな友達であろうと、どんなに田舎であろうと、ファッション誌さえあれば大丈夫。

あなたには、ファッションセンスのいい友達はいますか。
もし、ファッションセンスのいい友達がいれば、さまざまな刺激を受けることができることでしょう。
しかし、残念なことに、ファッションセンスのいい友達がいなければ、受ける刺激も限られます。

姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。

姿勢が悪ければ、どんなに華やかなファッションも台無しだ。

ファッションショーを思い出しましょう。
モデルたちがかっこいいのは、顔形や服装だけではありません。
顔形や服装がいい人は、ファッション誌だけでなく、一般にも数多く存在します。

大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。

大きな3面鏡で、意外な角度の自分を知る。

私の母はいつも、化粧するとき、大きな3面鏡を使います。
身長と同じくらいの巨大な3面鏡です。
「なぜこんな大げさな鏡を使うのか。単なる1枚の鏡で十分ではないか」

服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。

服が汚れたりにおい始めたりしてから洗うのでは、遅い。

服を、汚れるまで使い続けていませんか。
におい始めるまで着続けていませんか。
服を、汚れるまで使い続けるというのは、レッドカードです。

しわのない服を着て、元気になろう。

しわのない服を着て、元気になろう。

朝起きて、着替えようとするとき、シャツを取り出します。
取り出したシャツに、すでにしわが寄っていると、気持ちがへこみます。
「さあこれから出社して頑張るぞ」というところでしわのよった服を着ると、勢いが下がります。

何年も、同じ服を着ない。

何年も、同じ服を着ない。

基本的に、服は今の季節で終わりにさせることです。
同じ服を何年も使い続けるのは、節約面では素晴らしいですが、ファッションセンスは磨かれません。
毎年同じ服ばかりではマンネリになります。

ファッションの学校は町の中。
ファッションの先生は歩く人々。

ファッションの学校は町の中。ファッションの先生は歩く人々。

ファッションセンスを磨くのは、勉強です。
学校でする勉強では、黒板の前で先生が進める授業を見聞きして学びます。
では、ファッションセンスの勉強はどこでするのかというと、街です。

服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。

服をたたむ習慣は、ファッションセンス以前の問題。

洗濯をして乾燥機にかけた後の服を、きちんとたたんでいますか。
服を1つずつたたむのは時間も手間もかかり、面倒だと嫌がる人も多いことでしょう。
一度にたたむ服の数が多ければ、時間を取られます。

人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。

人との関わりを増やすと、ファッションセンスが刺激される。

ファッションに興味がない人には、多くの人と接する機会が少ないです。
友達と一緒にパーティーに参加したり、飲み会に出席したりすることがほとんどありません。
人と接する機会が少ないので、服を気にすることがありません。

本当に気に入った服は、諦めない。
貯金して買えばいい。

本当に気に入った服は、諦めない。貯金して買えばいい。

洋服屋で服を選ぶときに、自分がいいなと思うものを探します。
「おや、これはいい服だ!」
値札を見ると、やはり納得の価格です。

洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。

洋服屋は、ファッションセンスを磨く最高の場所。

ファッションセンスを磨くための、いい場所があります。
洋服屋です。
「おいおい、洋服を買うのか」

傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。

傘こそ、ファッションセンスが現れやすい。

普段の晴れの日は、服装も髪型もばっちりです。
晴れの日には、ファッションセンスに差が現れにくい。
差が出るのは、雨が降ったときです。

雨の日こそ、おしゃれをしよう。

雨の日こそ、おしゃれをしよう。

雨の日には、気分がどんよりします。
ズボンをはいていれば、足元が濡れます。
せっかくセットした髪型もぼさぼさになります。

たくさんの服を持てばいいわけではない。

たくさんの服を持てばいいわけではない。

ときどき、洋服を異様にたくさん持っている人を見かけます。
また、たくさん服を持っていることが、ファッションセンスだと思っている人もいます。
「ファッションに気を使っているのだ」

同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。

同じ服を買うときに、ファッションセンスが磨かれる。

本当にファッションセンスがある人は、服をたくさん持ってはいません。
同じ服を何枚も持っています。
個性を追求すれば、色も形も傾向は安定します。

香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。
自信がなければ、つけない。

香水をつけるのは、取り扱う自信がある場合のみ。自信がなければ、つけない。

香水は、難しい問題です。
鼻は、香りに慣れやすい器官です。
慣れてしまうと自分では香りが小さいと思い、いつの間にかつけすぎているケースがあります。

試着をせずに、購入しない。

試着をせずに、購入しない。

服を買う前に、必ずしなければいけない儀式があります。
試着です。
上着もシャツもズボンも、店から着られる許可が下りているものは、買う前に必ず試着しましょう。

ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。

ファッションセンスは、自分のお金で服を買うとき、磨かれる。

服はもらっても着ません。
自分の好みに合うものは少ないです。
すでに他人が使った服はよれよれになっているものがほとんどです。

服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。

服を着たときだけでなく、脱いだときが大切だ。

おしゃれをしようとして、どんな服を着ようかと考えます。
とりわけ、着ることに関しては、言われるまでもなく熱心に力を入れます。
着ることばかりに力を入れて、脱いだときにうっかりしてしまいます。

ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。

ユニークな格好だから、おしゃれが輝く。

帽子やサングラスは、明るい日中にかぶるものだと思っていませんか。
強い日差しを避けるために使うだけのものではありません。
傘も雨の日だけ登場するものだと思っていませんか。

ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。

ファッションセンスを広げるには、他人の力が必要。

ファッションセンスをすぐ向上させる方法があります。
あなたが「服のセンスがいいな」とときめく友達に、自分のファッションのコーディネートをお願いしてみましょう。
センスがいいなと思う人だけあって、あなたの顔形や性格などを考慮して、ベストな服装を選んでくれるはずです。

読書をすると、センスが変わる。
内面に変化が起こるから。

読書をすると、センスが変わる。内面に変化が起こるから。

自分に自信がない人は、ファッションで自信を付けようとして、着る服装に力を入れます。
往々にして、弱みを隠すためにしているファッションだったりします。
自信がないから、自信を付けるためのファッションになっています。

高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。

高級なものさえ身につければいいと言うわけではない。

ファッションセンスを輝かせようと、高級ブランドに手を出す人がいます。
高級ブランドの素晴らしさは、文化があることです。
長い歴史の中で培われた技術は、一般企業をはるかに上回ります。

お気に入りの服を着ると、元気が出る。

お気に入りの服を着ると、元気が出る。

元気になれない服は、自分の好みからずれている服装です。
ただ、寒さ暑さをしのぐために服を着ることもあるでしょう。
しかし、せっかく着るなら、自分に合った服を着て元気になりましょう。

笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。

笑顔こそ、着ている服をさらに輝かせるエッセンス。

洋服は、においのない体が大好きです。
つまり、毎日お風呂に入って清潔な体にするということです。
どんなに素晴らしい服装をしていても、体臭が漂えば水の泡です。

勢いで服を買ってはいけない。

勢いで服を買ってはいけない。

衝動的に買った服には、よくある結末があります。
喜んで買っても、意外に着ることが少ないです。
物によっては、一度も着ることがない服さえあります。

ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。

ファッションセンスのある人は、隠れた部分までおしゃれをする。

見える部分ばかりに力を入れるのがファッションではありません。
隠れた部分までおしゃれがしたい意識が芽生えて、初めて本当のおしゃれと言えます。
たしかにファッションは、他人に見られることが前提です。

「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。

「デザイン面」と「機能面」を両立させるのが、ファッションセンス。

ファッションセンスには「デザイン面」と「機能面」の2つのセンスがあります。
ファッションセンスといえば「デザイン面を重視」と考えがちです。
見かけの華やかさを優先して考えてしまいますし、そういう人がほとんどです。

同じカテゴリーの作品