人生の教科書



読み上げ動画・音声

回転くする
30方法

お気に入り9 読んだ
9

おいしいものをべて、
モチベーション元気アップ

の仕事のポイントを、1つ、ご紹介します。

私がいつも仕事をしているのは、早朝です。

毎朝、3時や4時に起きて、近くの24時間のファストフード店へ出向いて、本を書きます。

朝起きるのは、大変です。

特につらいのは、冬です。

冬の朝はただでさえ寒いのに、3時や4時は真っ暗で、凍るほど寒いです。

目が覚めても、体が動きません。

こんなとき、私はいつも「あるアイデア」を使って、寒い冬の朝に起きています。

食欲によるモチベーションです。

私はいつも夜の食事を抜かして、おなかを空にしてから寝ます。

空腹の状態で、朝、起きます。

そんなとき、おいしい食事を想像すると「早く食べたい!」という単純な人間の欲求が出てきます。

食欲は、誰にでもある、人間の3大欲の1つです。

おなかをすかして目が覚め、おいしいものを想像すると「早く食べたい」という欲求のため、起きられます。

すると、どんなに寒い冬でも、起きられるようになります。

「早く食べたいなあ」という食欲が、行動のモチベーションになるということです。

子供のような動機付けですが、効果があります。

朝に大食いをしても、日中活動して、エネルギーを消費しますから、太ることはありません。

なにより、本当においしいものを食べると、それだけで人間は、元気とやる気が出てきます。

「さあ、今日も1日頑張るぞ」と思うのです。

寒い冬に起きることができ、元気とやる気が出る仕事術です。

頭の回転を速くする方法 その9

  • 食欲動機にして、
    きられるようにする
プラスに考えることが、脳を育てる。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品