勉強法

頭の回転を速くする
30の方法

お気に入り10 読んだ
9

おいしいものを食べて、
モチベーションと元気をアップ!

おいしいものを食べて、モチベーションと元気をアップ! | 頭の回転を速くする30の方法

私の仕事のポイントを、1つ、ご紹介します。

私がいつも仕事をしているのは、早朝です。

毎朝、3時や4時に起きて、近くの24時間のファストフード店へ出向いて、本を書きます。

朝起きるのは、大変です。

特につらいのは、冬です。

冬の朝はただでさえ寒いのに、3時や4時は真っ暗で、凍るほど寒いです。

目が覚めても、体が動きません。

こんなとき、私はいつも「あるアイデア」を使って、寒い冬の朝に起きています。

食欲によるモチベーションです。

私はいつも夜の食事を抜かして、おなかを空にしてから寝ます。

空腹の状態で、朝、起きます。

そんなとき、おいしい食事を想像すると「早く食べたい!」という単純な人間の欲求が出てきます。

食欲は、誰にでもある、人間の3大欲の1つです。

おなかをすかして目が覚め、おいしいものを想像すると「早く食べたい」という欲求のため、起きられます。

すると、どんなに寒い冬でも、起きられるようになります。

「早く食べたいなあ」という食欲が、行動のモチベーションになるということです。

子供のような動機付けですが、効果があります。

朝に大食いをしても、日中活動して、エネルギーを消費しますから、太ることはありません。

なにより、本当においしいものを食べると、それだけで人間は、元気とやる気が出てきます。

「さあ、今日も1日頑張るぞ」と思うのです。

寒い冬に起きることができ、元気とやる気が出る仕事術です。

まとめ

頭の回転を速くする方法 その9
  • 食欲を動機にして、朝、起きられるようにする。
プラスに考えることが、脳を育てる。

もくじ
頭の回転を速くする30の方法
おいしいものを食べて、モチベーションと元気をアップ! | 頭の回転を速くする30の方法

  1. 年齢は関係ない。
    頭は使えば使うほど、よくなる。
  2. 脳の一番のトレーニング法は、好きなことをして、体を動かすこと。
  3. 初体験ほど、脳を活性化させることはない。
  4. 若返りの薬は、日常生活にたくさんある。
  5. かっこつけていると、脳の老化も早くなる。
  6. 時間という緊張感が、脳を活性化させる。
  7. 音読をすると、脳の活動が活発になる。
  8. 部屋の外のほうが、脳を広範囲に刺激できる。
  9. おいしいものを食べて、モチベーションと元気をアップ!
  10. プラスに考えることが、脳を育てる。
  11. 散歩中の脳は、回転が速くなっている。
  12. 考えが複雑になってきたら、紙に書き出して、整理すればいい。
  13. 仕事が速い人の脳は、楽しんでいる。
  14. 大きな夢は、小さく分ければ、叶えやすくなる。
  15. 朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。
  16. テレビをオフにすれば、本来の自分と向き合える。
  17. 本当に自分にとって必要な情報には、お金を払って求めることが必要。
  18. 目と耳を交互に使う勉強法を取り入れよう。
  19. 交感神経は、活発な活動の際に使用される自律神経。
    副交感神経は、休憩の際に使用される自律神経。
  20. 買ってすぐ読み始めれば、自然と速読ができる。
  21. 頭の回転が速い人は、パワーを一点に集中している。
  22. 食欲に素直になって行動するから、頭の回転が速くなる。
  23. 興味関心のある本を読み続けていると、速く読む力は自然と身につく。
  24. 友達との仲がよくなるのは、メールの「内容」より、返事の「速さ」。
  25. 恥ずかしがり屋は、返事の速さで気持ちを伝えていけばいい。
  26. 好きなことをしているとき、頭の回転は速くなる。
  27. 好きなことをしていると、脳を鍛えるトレーニングになる。
  28. 達成感を得るために、小さなことから始めよう。
  29. 「反対の行動」をしていると「思い込み」がなくなり「新発見」ができる。
  30. 直感を信じて行動したほうが、前向きになれる。

同じカテゴリーの作品