人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
勉強法
暗い夜に考えていると、気分も暗くなる。
明るい朝に考えていると、気分も明るくなる。
勉強法
休憩を挟まない。
勉強法
食欲に素直になって行動するから、頭の回転が速くなる。
情報力
古典には「普遍的内容」が含まれている。
人生論
人生とは彫刻である。
削り方が一番大切。
プラス思考
情熱は、量で見せると、よく伝わる。

回転くする
30方法

お気に入り21 読んだ
6

時間という緊張感が、
活性化させる

時間という緊張感が、脳を活性化させる。 | 頭の回転を速くする30の方法

がいつも本を書くときには「制限時間」を設けて書くようにしています。

1冊の本を1週間以内で書くようにしています。

制限時間を設けて書いているのは、質を高めるためです。

  • 「ゆっくり書いたほうが質は高くなるのでは?」

そう思うかたもいらっしゃることでしょう。

実際に書いている私が感じているのですが、制限時間を設けたほうが、質が高くなります。

時間という緊張感が、脳の回転を速くさせるからです。

もし、1冊に1カ月も時間をかけていれば、だらだらのんびり書くことでしょう。

だらだらのんびりした気持ちでは、書いていてもよい作品は書けません。

頭の回転が遅くなり、よいアイデア、発想、構想が思い浮かばなくなるからです。

「制限時間」を設けたほうが、頭の回転が速くなるのです。

自分に厳しくしたほうが脳は活性化され、頭の回転が速くなります。

結果として、作品の質も向上するわけです。

事実、以前にゆっくり書いた作品がありましたが、だらだらした精神状態は、作品にも反映されていました。

スピード感がなく、面白くありませんでした。

---------------------------

制限時間を設ける。

脳が緊張して、活発に活動する。

活発に活動するから、よい発想やアイデアが思い浮かぶ。

結果として、作品が書ける。

---------------------------

制限時間は、たしかに苦しいものです。

 

しかし、脳は活性化されるのです。

頭の回転を速くする方法 その6

  • 制限時間ける
音読をすると、脳の活動が活発になる。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品