人生の教科書



勉強法

頭の回転を速くする
30の方法

お気に入り7 読んだ
23

興味関心のある本を読み続けていると、
速く読む力は自然と身につく。

興味関心のある本を読み続けていると、速く読む力は自然と身につく。 | 頭の回転を速くする30の方法

私は昔、本を読むのが遅い人間でした。

1冊200ページの本を、1週間くらいかかっていました。

なぜそんなに遅かったのか。

振り返ってみると、最大の理由は、興味関心のない勉強の本を読んでいたことにあります。

嫌いな本は速読できません。

読もうと思っても「面白くない」「読みたくない」という気持ちがブレーキになります。

読みたい本・好きな本・興味関心のある本でなければ、速読は難しい。

高校卒業後の私は、好きな本を買って読み始めるようになりました。

それからだんだん速読ができるようになりました。

速読術を学んだのではありません。

好きな本を読んでいると、自然と身につけることができます。

好きな本は「面白いから速く読みたい」と思います。

「速く読みたい」という気持ちは、効率よく文章を読み取る力になり、速く読む力が鍛えられます。

好きな本ばかり読んでいると、自然と速読ができるようになります。

人が、いつの間にか2本足で立って歩けるように、毎日好きな本を読んでいると、いつの間にか速読ができるようになります。

まず気持ちの問題です。

興味関心のある本を読み続けていれば、いつの間にか速読できるようになるでしょう。

興味関心は、速く読むための起爆剤。

人の潜在的なパワーが発揮されるのです。

まとめ

頭の回転を速くする方法 その23
  • 読みたい本を読んで、
    速読術を身につける。
友達との仲がよくなるのは、メールの「内容」より、返事の「速さ」。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品