人生の教科書



読み上げ動画・音声
受験対策
音読を制する者は、受験を制する。
受験対策
感情を込めて音読すれば、無味乾燥な勉強さえ、感動的になる。
仕事効率化
耳は、目より疲れにくい。
勉強法
音読をすると、覚えやすく忘れにくくなる。

回転くする
30方法

お気に入り27 読んだ
7

音読をすると、
活動活発になる

読をすると、脳の活動が活発になります。

普段私たちが教科書を読むときには、声を出さないで、黙々と読みます。

黙読のほうが読むスピードが速く、周りの人の迷惑にもならないため、好む人が多いです。

 

しかし「脳の活性化」という観点から見ると、効率が悪いです。

黙読は視覚しか刺激しないからです。

目からの情報だけですから、脳への刺激も小さく、記憶にも残りにくくなります。

覚えにくく忘れやすくなります。

そういうときこそ「音読」です。

原始的ですが、これほど効果的な勉強法はありません。

音読をすると、読むスピードが遅くなります。

声を出すため場所によっては、周りの人たちに迷惑をかけてしまいます。

 

しかし、音読は脳を幅広く刺激するため、記憶力が劇的に向上します。

目で得た情報を脳で理解し、理解してから口を動かして音読します。

音読した声を耳で聞き、また脳が理解します。

目からの刺激だけでなく、口の筋肉を動かし、耳で聞きますから、音読をしたほうがより多くの刺激を脳に送れます。

脳は活性化されて、記憶力が向上するのです。

私は記憶力が悪いんですという人に限って、勉強するときには「黙読」です。

頭が悪いのではなく、勉強法が悪いだけです。

黙読ほど、効率の悪い勉強法はありません。

音読するかしないかで、試験の合否を分けるポイントといっても過言ではないのです。

頭の回転を速くする方法 その7

  • 勉強するときには、
    音読をする
部屋の外のほうが、脳を広範囲に刺激できる。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品