人生の教科書



受験対策
お魚料理こそ、頭がよくなるおすすめメニュー。
勉強法
朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。
勉強法

頭の回転を速くする
30の方法

お気に入り27 読んだ
1

年齢は関係ない。
頭は使えば使うほど、
よくなる。

年齢は関係ない。頭は使えば使うほど、よくなる。 | 頭の回転を速くする30の方法

脳は筋肉と同じです。

使えば使うほど、強くなります。

しかも、年齢は関係ありません。

脳細胞は、1兆個あるといわれています。

その中で大脳の神経細胞は140億個、小脳の神経細胞は100億個です。

脳細胞は、20歳を過ぎれば、年齢とともに減少します。

 

しかし、細胞の数は減っても、細胞と細胞とがつながっている「ネットワーク」さえ密になれば、むしろ頭の回転はよくなります。

頭の回転の速さとは、脳細胞がつながり合っているネットワークがいかに密になっているかです。

密であるほど、頭の回転はよくなります。

体の筋肉は、年を取るとともに、肉体的な衰えがあります。

脳も脳細胞の減少こそあるものの、脳の神経細胞のネットワークを増やしていけば、むしろ、鍛えることができます。

年を取っているからと、諦めていませんか。

脳に、年齢は関係ありません。

 

では、そんなネットワークを密にするためには、どうすればいいのでしょうか。

単純なことです。

頭を使う機会を増やすのです。

できるだけ幅広く、頻繁に使う機会があれば、使われている脳細胞のネットワークはどんどん密になります。

実は、先にお話ししました脳細胞の減少は、ささいな特徴があります。

「使わない部分」から減少していくということです。

20歳を過ぎれば、老化により脳細胞が減少し始めますが、脳の衰えが自覚できないのは、使っていない脳細胞の減少だからです。

使っていない脳細胞から減少するのですから、なくなっても、脳に大きな影響はありません。

 

一方、使われている部分の脳細胞は、なくなることはありません。

脳は幅広く使うほど、たくさんの脳細胞を使うことになります。

脳の老化を抑えることにもなります。

使えば使うほど、脳の神経細胞のネットワークが密になり、頭の回転がよくなります。

頭の回転をよくするためには、まず、脳を使う機会を増やすことです。

たくさん脳を使う機会を増やすことが、頭の回転をよくするコツなのです。

まとめ

頭の回転を速くする方法 その1
  • 頭を使う機会を、
    たくさん増やす。
脳の一番のトレーニング法は、好きなことをして、体を動かすこと。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品