勉強法

頭の回転を速くする
30の方法

お気に入り10 読んだ
15

朝食を取るだけで、
頭の回転が速くなる。

朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。 | 頭の回転を速くする30の方法

車が動くためには、ガソリンが必要です。

脳が動くためには、ガソリンの代わりに「ブドウ糖」が必要です。

脳はブドウ糖を消費して、活動しています。

ブドウ糖を補給しないと、頭のエンジンは回りません。

 

さて、ここで特に知っていただきたい大切なことがあります。

「脳にブドウ糖をためておくことができない」ということです。

車は、ガソリンタンクに、ガソリンをためておけます。

 

しかし、脳には、ガソリンタンクはなく、ブドウ糖をためておくことはできません。

このポイントは、重要です。

おなかがすいて元気がないときには、脳も、活動する元気がないと考えましょう。

おなかがすいているときには、脳の活動も停止しています。

ときどき、朝食抜きで学校に行く人がいます。

そういう人に限って、成績もよくありません。

脳にブドウ糖が不足しているので、頭の回転も悪いからです。

当然、勉強にも集中できないのです。

集中力、やる気、元気が出ないのは、個人の問題ではなく、朝食を抜いていることが原因です。

ガソリン抜きで、車を走らせようとしても、走るはずがありません。

朝食抜きは、すでに勉強を放棄していると考えましょう。

勉強するより大切なことは、まず朝食を取ることです。

ブドウ糖という脳のガソリンを補給して、初めて脳は本格的に活動を開始するのです。

社会人にとっても、仕事をする前に大切なことは、朝食を取ることです。

朝食を取るだけで、頭の回転が速くなります。

脳の活動のために、朝食を取るということなのです。

まとめ

頭の回転を速くする方法 その15
  • 学生も社会人も、朝食は、必ず取る。
テレビをオフにすれば、本来の自分と向き合える。

もくじ
頭の回転を速くする30の方法
朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。 | 頭の回転を速くする30の方法

  1. 年齢は関係ない。
    頭は使えば使うほど、よくなる。
  2. 脳の一番のトレーニング法は、好きなことをして、体を動かすこと。
  3. 初体験ほど、脳を活性化させることはない。
  4. 若返りの薬は、日常生活にたくさんある。
  5. かっこつけていると、脳の老化も早くなる。
  6. 時間という緊張感が、脳を活性化させる。
  7. 音読をすると、脳の活動が活発になる。
  8. 部屋の外のほうが、脳を広範囲に刺激できる。
  9. おいしいものを食べて、モチベーションと元気をアップ!
  10. プラスに考えることが、脳を育てる。
  11. 散歩中の脳は、回転が速くなっている。
  12. 考えが複雑になってきたら、紙に書き出して、整理すればいい。
  13. 仕事が速い人の脳は、楽しんでいる。
  14. 大きな夢は、小さく分ければ、叶えやすくなる。
  15. 朝食を取るだけで、頭の回転が速くなる。
  16. テレビをオフにすれば、本来の自分と向き合える。
  17. 本当に自分にとって必要な情報には、お金を払って求めることが必要。
  18. 目と耳を交互に使う勉強法を取り入れよう。
  19. 交感神経は、活発な活動の際に使用される自律神経。
    副交感神経は、休憩の際に使用される自律神経。
  20. 買ってすぐ読み始めれば、自然と速読ができる。
  21. 頭の回転が速い人は、パワーを一点に集中している。
  22. 食欲に素直になって行動するから、頭の回転が速くなる。
  23. 興味関心のある本を読み続けていると、速く読む力は自然と身につく。
  24. 友達との仲がよくなるのは、メールの「内容」より、返事の「速さ」。
  25. 恥ずかしがり屋は、返事の速さで気持ちを伝えていけばいい。
  26. 好きなことをしているとき、頭の回転は速くなる。
  27. 好きなことをしていると、脳を鍛えるトレーニングになる。
  28. 達成感を得るために、小さなことから始めよう。
  29. 「反対の行動」をしていると「思い込み」がなくなり「新発見」ができる。
  30. 直感を信じて行動したほうが、前向きになれる。

同じカテゴリーの作品