人生の教科書



読み上げ動画・音声
勉強法
記憶力は、朝食後に高まる。
気力
試合当日は、食べすぎない。
プラス思考
ネガティブな人は、動くのが嫌いで、運動不足。
ポジティブな人は、有酸素運動の習慣がある。
プラス思考
あなたのいらいらの原因は、空腹かもしれない。
プラス思考
朝食はガソリン。
朝食を食べるから、元気も出る。
食事マナー
デザートワインの代表「貴腐ワイン」とは。

回転くする
30方法

お気に入り9 読んだ
15

朝食るだけで、
回転くなる

が動くためには、ガソリンが必要です。

脳が動くためには、ガソリンの代わりに「ブドウ糖」が必要です。

脳はブドウ糖を消費して、活動しています。

ブドウ糖を補給しないと、頭のエンジンは回りません。

 

さて、ここで特に知っていただきたい大切なことがあります。

「脳にブドウ糖をためておくことができない」ということです。

車は、ガソリンタンクに、ガソリンをためておけます。

 

しかし、脳には、ガソリンタンクはなく、ブドウ糖をためておくことはできません。

このポイントは、重要です。

おなかがすいて元気がないときには、脳も、活動する元気がないと考えましょう。

おなかがすいているときには、脳の活動も停止しています。

ときどき、朝食抜きで学校に行く人がいます。

そういう人に限って、成績もよくありません。

脳にブドウ糖が不足しているので、頭の回転も悪いからです。

当然、勉強にも集中できないのです。

集中力、やる気、元気が出ないのは、個人の問題ではなく、朝食を抜いていることが原因です。

ガソリン抜きで、車を走らせようとしても、走るはずがありません。

朝食抜きは、すでに勉強を放棄していると考えましょう。

勉強するより大切なことは、まず朝食を取ることです。

ブドウ糖という脳のガソリンを補給して、初めて脳は本格的に活動を開始するのです。

社会人にとっても、仕事をする前に大切なことは、朝食を取ることです。

朝食を取るだけで、頭の回転が速くなります。

脳の活動のために、朝食を取るということなのです。

頭の回転を速くする方法 その15

  • 学生社会人も、
    朝食は、
テレビをオフにすれば、本来の自分と向き合える。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品