人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声

回転くする
30方法

お気に入り5 読んだ
17

本当自分にとって必要情報には、
ってめることが必要

本当に自分にとって必要な情報には、お金を払って求めることが必要。 | 頭の回転を速くする30の方法

レビで流れる情報はどれも「受動的」です。

テレビから勝手に流れる情報は、自分で選択することができません。

テレビばかり見ていると「~らしい」という発言しかできなくなります。

 

では、テレビをオフにして、情報が入ってこなくなったら、どこから手に入れればいいのでしょうか。

自分で積極的に、本を買えばいいのです。

新聞や雑誌も、自分がお金を出して買います。

お金を払って、海外旅行に出かけ、異国の文化を実体験するのもいいでしょう。

本は、自分で本屋に行かなければ、買うことができません。

新聞や雑誌も、自分から「購入しよう」と判断して、お金を払わないと手に入りません。

自分で見て、選択して、判断して初めて手に入れる情報は「能動的情報」といいます。

自分の判断で積極的に取りにいこうとする能動的情報は、自分のためになり、身につきやすくなります。

自分から進んで積極的に得た情報は、自分の人生のためになり、吸収できます。

テレビで得た情報とは違い「自分を深める作業」です。

自分が求める情報をどんどん深めていけば、仕事や人生も深めることができます。

テレビをオフにしたほうが、頭の回転がよくなります。

自分で考える機会が多くなるからです。

私は今、ほとんどテレビを見ない生活を送っています。

何しろ部屋にテレビがありません。

一般的な情報がなくなり「テレビで見た商品だから」という理由で買うことがなくなります。

 

では、どのような理由で買うのかというと、自分が実際に使って「これ、いいな」と思うものを選択しています。

自分が実際に使って判断したことですから、間違いはありません。

同じ商品でも、人によって感じ方が違います。

一番確実なのは、自分が使って、体験してみることです。

テレビで芸能人が薦める情報より、確実で信頼できます。

新聞、雑誌も、自分がお金を出して、能動的になって手に入れる情報です。

そもそも自分から求めて手に入れた情報ですから、自分のためになることばかりです。

自分の頭で考え理解し、自分の判断で情報を吸収することができるようになります。

無駄な時間がなくなり、無駄な出費も減り、自分の人生に集中することができるのです。

頭の回転を速くする方法 その17

  • して、
    本当自分める情報れる
目と耳を交互に使う勉強法を取り入れよう。

もくじ
(頭の回転を速くする30の方法)

同じカテゴリーの作品