ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

読んだ お気に入り1
5

4万、
9万、
偶数は、
結婚祝い金として送ってはいけない金額。

4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

結婚する2人には「結婚祝い金」を送ります。

結婚してからの生活も大変であり、金銭面で少しでも援助ができる意味で、祝い金を送ります。

また結婚式の費用に充ててもらうためでもあります。

祝い金には、一般的に3万円が相場です。

友達、知人、親族、また仕事の同僚・部下など、だいたい3万円が共通です。

2万円という人もいますが、みんなが3万円で送る中、1人だけ2万円の人は、大変目立ちます。

できれば、3万円が相場でしょう。

さらに兄弟・姉妹に限っては、自分が20代の場合は5万円となり、30代の場合は10万円となります。

ここで1つ注意があります。

一般的に相場は3万円といいました。

 

しかし、特にお世話になっているからという理由で、もう少し多めに送りたいケースも出てくることでしょう。

だからとはいえ「4万円」は送ってはいけないのです。

また9万円も送ってはいけない祝い金とされています。

勘のいい人なら、理由はすぐぴんとくるはずです。

4は「死」を連想させ、9は「苦」を連想させてしまうからです。

2人を祝うための祝い金なのですから、不幸を連想させてしまう金額は避けたほうがいいのです。

偶数を避けることも忘れてはいけません。

偶数は「2で割り切れる」ため「割り切れる=別れる」ということを連想させてしまいます。

先にあげた2万円は控えたほうがいいという理由も、この偶数で割り切れる意味があるからです。

 

ただし偶数にも例外があります。

8万円は許されるケースが多いようです。

8は「末広がりで縁起がいい」ためです。

「8」という字が、無限を表す「∞」という字と重なります。

「2人の仲は永遠に続く」という縁起のよい数字なのです。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その5
  • 結婚祝い金では、4万、9万、偶数は避ける。
お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。

もくじ
冠婚葬祭の30のビジネスマナー
4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

  1. 結婚式で友達をなくす。
  2. 結婚が決まれば、早めに上司へ報告する。
  3. 新郎新婦より派手な格好をしない。
  4. 結婚披露宴でのスピーチでは、不幸話を避けること。
  5. 4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。
  6. お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。
  7. 式に出席しなくても、お祝い金を送るのがマナー。
  8. 招待された結婚式には、できるだけ出席する。
  9. 葬式のような弔事では、露出の少ない黒い服装にする。
  10. 葬儀の場で、亡くなった理由を遺族に尋ねないこと。
  11. 葬儀にはお線香を用意する代わりに、香典を用意する。
  12. 御祝儀では「折り目のない新札」。
    不祝儀では「折り目の付いたお札」。
  13. 焼香の火は、口で息を吹きかけて消してはいけない。
  14. うっかり口にしてしまう忌み言葉。
    あなたは大丈夫ですか。
  15. 「忌み言葉」だけでなく「重ね言葉」にも気をつけよう。
  16. 慶事と弔事が重なった場合には、弔事を優先させる。
  17. お見舞いには、タイミングが重要。
  18. 鉢植えの花は、お見舞いに持っていってはいけない。
  19. 不幸を連想させる花は、お見舞いに不向き。
  20. 花選びには、花屋さんに頼るのが一番いい。
  21. 患者を元気づけられなければ、お見舞いは行かないほうがいい。
  22. お見舞いには、長居は禁物。
  23. 取引先から個人宛てに届いた品物は、一言上司に報告する。
  24. 夏にお中元を贈れば、年末にもお歳暮を贈り、水準も保つこと。
  25. あげていない相手からの贈り物の返事は、礼状でよい。
  26. 政治関係は、贈り物のやりとりをしてはいけない。
  27. プリント印刷だけの年賀状は、要注意。
  28. 返事の遅すぎる年賀状は、得より損をする。
  29. 栄転か左遷か分からないときには「ご就任祝い」として贈る。
  30. 喪中の人に「めでたい品物」を贈ってはいけないが「感謝の品物」は贈っていい。

同じカテゴリーの作品