人生の教科書



ビジネスマナー
式に出席しなくても、お祝い金を送るのがマナー。
ビジネスマナー
結婚が決まれば、早めに上司へ報告する。
ビジネスマナー
返事の遅すぎる年賀状は、得より損をする。
ビジネスマナー
政治関係は、贈り物のやりとりをしてはいけない。
ビジネスマナー
電話を通してするお願いは、最も通りにくい。
ビジネスマナー
結婚披露宴でのスピーチでは、不幸話を避けること。
ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り1 読んだ
5

4万、
9万、
偶数は、
結婚祝い金として送ってはいけない金額。

4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

結婚する2人には「結婚祝い金」を送ります。

結婚してからの生活も大変であり、金銭面で少しでも援助ができる意味で、祝い金を送ります。

また結婚式の費用に充ててもらうためでもあります。

祝い金には、一般的に3万円が相場です。

友達、知人、親族、また仕事の同僚・部下など、だいたい3万円が共通です。

2万円という人もいますが、みんなが3万円で送る中、1人だけ2万円の人は、大変目立ちます。

できれば、3万円が相場でしょう。

さらに兄弟・姉妹に限っては、自分が20代の場合は5万円となり、30代の場合は10万円となります。

ここで1つ注意があります。

一般的に相場は3万円といいました。

 

しかし、特にお世話になっているからという理由で、もう少し多めに送りたいケースも出てくることでしょう。

だからとはいえ「4万円」は送ってはいけないのです。

また9万円も送ってはいけない祝い金とされています。

勘のいい人なら、理由はすぐぴんとくるはずです。

4は「死」を連想させ、9は「苦」を連想させてしまうからです。

2人を祝うための祝い金なのですから、不幸を連想させてしまう金額は避けたほうがいいのです。

偶数を避けることも忘れてはいけません。

偶数は「2で割り切れる」ため「割り切れる=別れる」ということを連想させてしまいます。

先にあげた2万円は控えたほうがいいという理由も、この偶数で割り切れる意味があるからです。

 

ただし偶数にも例外があります。

8万円は許されるケースが多いようです。

8は「末広がりで縁起がいい」ためです。

「8」という字が、無限を表す「∞」という字と重なります。

「2人の仲は永遠に続く」という縁起のよい数字なのです。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その5
  • 結婚祝い金では、
    4万、
    9万、
    偶数は避ける。
お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品