人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。
ビジネスマナー
4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。
同棲
同棲が1カ月続くごとに、お祝いをしよう。
生き方
大失敗の日は、ケーキの日。
夫婦関係
喧嘩の余韻は、仲直りのお祝いで吹き飛ばそう。
ビジネスマナー
招待された結婚式には、できるだけ出席する。

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り0 読んだ
7

式に出席しなくても、
お祝い金を送るのがマナー。

式に出席しなくても、お祝い金を送るのがマナー。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

友達や知人から、結婚式の案内状が届きます。

 

しかし、仕事やそのほかの諸事情により、出席できない場合があります。

そうした場合には、金額は「半額」から「3分の1」でもいいので、お祝い金を送るのがマナーです。

人生に一度の結婚というのに、何もお祝いを贈らないというのも冷たいものです。

心ばかりのお祝い金を送ることで、相手も喜んでくれることでしょう。

お祝い金は通常どおり、のし付きの祝儀袋に入れて、結婚式の1週間前までに届くようにします。

ふくさは、あってもなくてもかまいません。

たとえふくさで包んでいても、相手に失礼になることではありませんから大丈夫です。

迷ったときには、ふくさを選ぶようにしましょう。

より丁寧さを表現できます。

もちろん現金を送ることになるのですから「現金書留」を忘れないように注意しましょう。

その際も、折り目のない「新札」であることをお忘れなく。

冠婚葬祭のビジネスマナー その7

  • 式に出席しない場合にも、
    お祝い金を送る。
招待された結婚式には、できるだけ出席する。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品