人生の教科書



ビジネスマナー
取引先から個人宛てに届いた品物は、一言上司に報告する。
ビジネスマナー
政治関係は、贈り物のやりとりをしてはいけない。
ビジネスマナー
あげていない相手からの贈り物の返事は、礼状でよい。
ビジネスマナー
返事の遅すぎる年賀状は、得より損をする。
ビジネスマナー
慶事と弔事が重なった場合には、弔事を優先させる。
ビジネスマナー
患者を元気づけられなければ、お見舞いは行かないほうがいい。
ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り2 読んだ
24

夏にお中元を贈れば、
年末にもお歳暮を贈り、
水準も保つこと。

夏にお中元を贈れば、年末にもお歳暮を贈り、水準も保つこと。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

お中元を贈れば、お歳暮も贈るのが基本です。

ときどき、お中元を贈ってお歳暮を贈らない人がいます。

またお中元は贈っていないのに、お歳暮は贈る人がいます。

お中元やお歳暮は、日頃の感謝を表現するのですから、片方だけでは不自然です。

お礼をしたり、しなかったりと態度がころころ変わるのは、おかしいですよね。

態度をはっきりさせることです。

お中元を贈れば、その年の暮れにもお歳暮を贈るようにしましょう。

またその際も、お中元のときと同水準の贈り物をお歳暮として贈ることです。

ランクが上がったり、下がったりと不安定な贈り物は「何か裏があるのでは」と相手に不要な考えをさせてしまいます。

夏にお中元を贈れば、年末にお歳暮を贈り、水準も保つというマナーを心がけましょう。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その24
  • お中元を贈れば、
    お歳暮も贈る。
あげていない相手からの贈り物の返事は、礼状でよい。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品