人生の教科書



✨ランキング✨  動画・音声
ビジネスマナー
式に出席しなくても、お祝い金を送るのがマナー。
同棲
同棲が1カ月続くごとに、お祝いをしよう。
生き方
大失敗の日は、ケーキの日。
夫婦関係
喧嘩の余韻は、仲直りのお祝いで吹き飛ばそう。
ビジネスマナー
返事の遅すぎる年賀状は、得より損をする。
ビジネスマナー
4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り1 読んだ
6

お祝い金を、
直接、
現金で渡すのは厳禁。

お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

お祝い金を渡すときには、いくつかのマナーがあります。

まず、お祝い金についてですが、基本的に折り目のない新札にしましょう。

折り目が付いているお札だと「縁も折れてしまう」という意味があり、好ましくありません。

また裸のままで現金を渡すのは、厳禁です。

お祝い金は、入れるための専用の袋があります。

 

「祝儀袋」です。

 

現金を入れられる封筒なら何でもいいわけではなく、のし付きの縁起のよさを意識した専用の袋があるので、それに入れます。

コンビニに売っているので、それで十分です。

そこで終わらせてはいけません。

祝儀袋を、さらに「袱紗(ふくさ)」と呼ばれる布に包みます。

私は社会人になるまで、このふくさと呼ばれるものがあることを知りませんでした。

ふくさを忘れている人が多いので、特にここは要注意です。

祝儀袋と見てすぐ分かる形では目立ちます。

なぜふくさに包むのかというと、お祝い金をふくさに丁寧に包むことで、相手を思いやる気持ちを表現できるからです。

お祝いのときは、赤、ピンク、紫色のふくさを使います。

特に紫色は、慶弔共に使える色なので便利です。

祝儀袋も、直接、新郎新婦に渡すのではありません。

式当日に、会場の受付に手渡しでOKです。

ここで、ふくさから祝儀袋を出して、受付に渡すのです。

手渡すときには、受付の方に「このたびはおめでとうございます。心ばかりのお祝いです。お納めください」と言えれば、完璧です。

冠婚葬祭のビジネスマナー その6

  • 祝儀袋は、
    ふくさに包む。
式に出席しなくても、お祝い金を送るのがマナー。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品