人生の教科書



ビジネスマナー
焼香の火は、口で息を吹きかけて消してはいけない。
就職活動
しみ1つ・折り目1つでも、やり直し。
ビジネスマナー
お祝い金を、直接、現金で渡すのは厳禁。
ビジネスマナー
プリント印刷だけの年賀状は、要注意。
ビジネスマナー
電話対応では、間違いを防ぐために復唱するのは基本。
ビジネスマナー
電話を通してするお願いは、最も通りにくい。
ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り4 読んだ
12

御祝儀では
「折り目のない新札」。
不祝儀では
「折り目の付いたお札」。

御祝儀では「折り目のない新札」。不祝儀では「折り目の付いたお札」。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

御祝儀と不祝儀では、お札の扱い方に少し注意が必要です。

結婚式のような御祝儀では、お祝い金は「折り目のない新札」が基本です。

しわも折り目もないお札のように、まっすぐな気持ちで新しい門出をスタートしてほしい気持ちが込められているからです。

逆を言えば、葬式のような不祝儀では、香典は「折り目の付いたお札」が基本になります。

「香典には新札を入れてはいけない」というマナーがあります。

「突然の訃報連絡のため手持ちのお札しか用意できない」というニュアンスを折り目のあるお札に、込められているからです。

私たちが普段お財布に入れているお札は、どれも折り目の付いたお札ですね。

もし、新札を入れてしまえば「死ぬことが分かっていたので、あらかじめ用意していた」という失礼なニュアンスになります。

人によっては新札でもいいという考えの人もいますが、やはり年配者はまだまだ気にしている人が多いです。

特に不祝儀のような悲しいことでは、ささいなマナー違反も気になるものです。

もし手持ちのお金が新札しかなければ、自分でわざと新札を折って、折り目をつけましょう。

細かなマナーですが、ここまでできてこそ社会人です。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その12
  • 御祝儀では
    「折り目のない新札」を用意する。
    不祝儀では
    「折り目の付いたお札」を用意する。
焼香の火は、口で息を吹きかけて消してはいけない。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品