人生の教科書



ビジネスマナー
御祝儀では「折り目のない新札」。
不祝儀では「折り目の付いたお札」。
ビジネスマナー
食事中のタバコは、マナー違反。
ビジネスマナー
突然切れた電話は、かけた側からかけ直すのがマナー。
ビジネスマナー
私服だからとはいえ、何でも着ていいわけではない。
ビジネスマナー
たかが名刺交換、されど名刺交換。
ビジネスマナー
「電話はご遠慮ください」と注意されても、言い返さない。
ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り1 読んだ
13

焼香の火は、
口で息を吹きかけて消してはいけない。

焼香の火は、口で息を吹きかけて消してはいけない。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

結婚式は、基本的なマナーさえ守っていれば、比較的難しいことはありません。

結婚式は、基本的に「見ているだけ」だからです。

よほどのマナー違反でないかぎりは、新郎新婦に迷惑はかかりません。

 

しかし、不祝儀ではそうはいかないのです。

特に、マナーに注意が必要なのは「祝儀」より「不祝儀」です。

葬儀では、参列者が献花をしたり、焼香をしたりと、体を動かす動作が多いものです。

それもちょっとした動作に大きな意味があり、あらかじめ知っておかなければ、ついやってしまいがちなマナーさえあります。

その筆頭に挙げられるのが「焼香の際に火を消すときのマナー」です。

亡くなった死者を弔うため、焼香します。

焼香には「粉末の線香(抹香)をつまんで行う形式」と「棒の線香を立てて行う形式」の2種類があります。

問題は「棒の線香を立てて行う形式」の際です。

私たちは普段、小さな火なら、口で息を吹きかけて消そうとします。

またそれが癖になっています。

癖になっているせいもあり、焼香の火を口で息を吹きかけて消そうとする人がいます。

これはよくありません。

「火を消す動作」は、息を吹きかけて消すのが普通ですが、不祝儀ではしてはいけません。

人の口から吐く息はけがれているため、仏様に向けてはいけない意味があるからです。

私も子供のころは、このマナーを知らず、よく親から叱られていました。

やってはいけないと聞かされると、余計にやりたくなってしまった子供心を覚えています。

 

では、どう消すのかというと「手であおいで消す」のです。

手であおいでも風が弱いですから、火を消しにくいものです。

火をつける際に、あらかじめ火が大きくなりすぎないように注意が必要です。

うっかり犯してしまいがちなこのマナーを、しっかり守れるようになりましょう。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その13
  • 焼香の火を、
    口で消さないようにする。
うっかり口にしてしまう忌み言葉。
あなたは大丈夫ですか。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品