人生の教科書



転職・退職
退職のスピーチでは、何を話せばいいのか。
ビジネスマナー
結婚が決まれば、早めに上司へ報告する。
気力
精神力のトレーニングは、筋トレと同じ。
緊張・あがり症
時間は、短く区切るだけで、時間感覚も変わる。
ビジネスマナー

冠婚葬祭の
30のビジネスマナー

お気に入り2 読んだ
4

結婚披露宴でのスピーチでは、
不幸話を避けること。

結婚披露宴でのスピーチでは、不幸話を避けること。 | 冠婚葬祭の30のビジネスマナー

職場の上司なら、部下が結婚をする際、スピーチを依頼されることがあります。

特に社内恋愛による結婚など、新郎も新婦も共通の上司の場合、頼まれる確率は高くなるでしょう。

披露宴でのスピーチでは、叱咤激励のスピーチをしてあげたいと思うかもしれません。

 

ただし、めでたい結婚披露宴では暗い話に要注意です。

結婚披露宴のスピーチでは、不幸な話を避けるようにしましょう。

 

たとえば、次のような話題は、スピーチで不適切です。

  • 両親が離婚した話
  • 浪人した話
  • 過去の失恋話
  • 交通事故の話
  • 障害を持っている話
  • 仕事上の失敗の話
  • リストラされた話

こうした暗い話をすると、会場が暗い雰囲気になり、新郎も新婦も気持ちが下がるでしょう。

悪気はなくても、気持ちのいい話題ではありません。

もちろんさらりと表面だけ触れるくらいならいいですが、詳しく話すのは避けるのが賢明です。

結婚披露宴は、幸せな2人の門出を祝うための宴会です。

出席する人は新郎新婦を祝福するのが役目ですから、スピーチでも明るく楽しい話をして、会場の雰囲気を盛り上げましょう。

スピーチに限らず、会場内での会話も不幸話は控えつつ、できるだけ明るく楽しい話題を選ぶようにします。

出席する人は、新郎新婦を明るく祝福するのが役目なのです。

まとめ

冠婚葬祭のビジネスマナー その4
  • 結婚披露宴のスピーチや会話では、
    暗い話を控える。
4万、9万、偶数は、結婚祝い金として送ってはいけない金額。

もくじ
(冠婚葬祭の30のビジネスマナー)

同じカテゴリーの作品