執筆者:水口貴博

心の成長が加速する
30の言葉

22
2

人生は、
根性がなくて生きていける。

人生は、根性がなくて生きていける。 | 心の成長が加速する30の言葉

「私には根性がありません」と悩んでいる人がいます。

根性がないと、自分を追い込めません。

勝負所で踏ん張れません。

人生に支障を来し、大きなことを成し遂げられないと思っている人がいます。

しかし、ちょっと待ってください。

そもそも根性は必要なのでしょうか。

いいえ、必要ありません。

根性は、人生に必要なものではありません。

「根性がない」と聞くと、問題があるように思えますが、そう感じるだけです。

命がなければ生きていけませんが、根性は、なくても生きていけます。

「根性が必要」という思考にとらわれているなら誤解です。

人生に根性は必要ありません。

あったらあったで武器になりますが、なくても問題ありません。

根性がないことは、健康問題でもありません。

食事をするときも着替えるときも歯を磨くときも、根性は必要ないはずです。

トイレに行くときも入浴することも寝ることも、根性は必要ないはずです。

大切な友人や恋人と接するときも、根性を出していないはずです。

根性があるのは大いに結構ですが、なければないで、普通に生活を送れます。

仕事や勉強では根性が必要になりそうですが、これも誤解です。

仕事でも勉強でも、根性がなくてもできる環境やスタイルを構築すればいいのです。

部屋を静かな状態にして、集中しやすい環境を整えることです。

トイレや歯磨きのように、いつでも簡単に取り組めるようにすることです。

そうすれば、根性がなくても、物事がスムーズに進みます。

下手に根性が身につくと「根性論で生きる人」になってしまいます。

何でも根性で取り組むことになり、歯を食いしばることが増えてしまいます。

我慢やストレスにさらされることが多くなり、いばらの道を進むことになりかねません。

「根性が必要」という考え方が、すでに根性論です。

あまり根性論を主張していると、近寄りがたい雰囲気が出てしまい、孤立を招く恐れがあります。

根性がないとできないような仕事は、残念ですが長続きしません。

遅かれ早かれ、挫折するのは時間の問題です。

若さや体力があるうちは可能であっても、年齢を重ねるにつれて厳しくなります。

根性がなくてもできるスタイルに変えてください。

それが無理なら、あなたに合っていない職場もしくは仕事なので、転職をおすすめします。

根性論を押しつける人がいるなら、逃げてください。

理想的なのは、根性が必要ない生き方です。

仕事でも遊びでも人間関係でも、根性が必要ないほうが楽しくて面白くて長続きします。

根性がなくても、人生は生きていけます。

もちろん幸せに生きることもできるのです。

心の成長が加速する言葉(22)
  • 根性がなくても、落ち込まない。
「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。

心の成長が加速する30の言葉
心の成長が加速する30の言葉

  1. 常に成長している人は、常にチャレンジしている人。
    常に成長している人は、常にチャレンジしている人。
  2. 成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
    成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
  3. 読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。
    読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。
  4. 「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。
    「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。
  5. 人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。
    人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。
  6. 固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。
    固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。
  7. 愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。<br>愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。
    愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。
    愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。
  8. ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。
    ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。
  9. どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。
    どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。
  10. 耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。<br>音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
    耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
    音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
  11. 成長のタネは「嫌いな人」にある。
    成長のタネは「嫌いな人」にある。
  12. 試合中のプレイだけが勇姿ではない。<br>負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。
    試合中のプレイだけが勇姿ではない。
    負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。
  13. 会話量が少ないことは悪いことではない。<br>大切なのは、会話量より思考量。
    会話量が少ないことは悪いことではない。
    大切なのは、会話量より思考量。
  14. 元気がないとき、下を向くのではない。<br>元気がないときこそ、上を向く。
    元気がないとき、下を向くのではない。
    元気がないときこそ、上を向く。
  15. 「ありがとう」の数は、あなたの魅力と比例する。
    「ありがとう」の数は、あなたの魅力と比例する。
  16. 本棚は心の窓。<br>本棚を見ると、その人がわかる。
    本棚は心の窓。
    本棚を見ると、その人がわかる。
  17. 突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。
    突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。
  18. 友人の数を自慢してはいけない。<br>大切なのは、どれだけ親しいか。
    友人の数を自慢してはいけない。
    大切なのは、どれだけ親しいか。
  19. ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。
    ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。
  20. 心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。
    心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。
  21. 心は、1ミリ大きくなるだけでいい。
    心は、1ミリ大きくなるだけでいい。
  22. 人生は、根性がなくて生きていける。
    人生は、根性がなくて生きていける。
  23. 「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。<br>大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
    「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
    大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
  24. 1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。<br>2回笑って若返るのだ。
    1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。
    2回笑って若返るのだ。
  25. あなたがしていることは、1つしかない。<br>毎日ベストを尽くしているだけ。
    あなたがしていることは、1つしかない。
    毎日ベストを尽くしているだけ。
  26. 耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。
    耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。
  27. 「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
    「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
  28. 夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。
    夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。
  29. いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。<br>ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
    いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
    ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
  30. 自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
    自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION