執筆者:水口貴博

まとめ
(心の成長が加速する30の言葉)
心の成長が加速する30の言葉

  • 常にチャレンジして、常に成長する人になる。
  • 少しでも驚かないようにするのではなく、少しでも驚くようにする。
  • 読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。
  • しなければならないことは、嫌々取り組むのではなく、積極性と好奇心を持って取り組む。
  • 気になるコンプレックスがあっても、すべて解消するのではなく、1つくらいは持っておく。
  • 頑固な人は「アップデート」という考え方を身につけて、固い頭を柔らかくする。
  • 愚痴をやめて、自分の責任と考える。
  • ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言ってみる。
  • 専門スキルを使った専門職であっても、ほかの職種でも通用する汎用スキルを身につける。
  • 耳をふさいで、耳が不自由な人の気持ちになってみる。 しばらくたったら、ふさいでいた手を離して、音が聞こえることの素晴らしさを再認識する。
  • 嫌いな人を、無視や全否定をするのではなく、学べるところを見つけて謙虚に吸収させていただく。
  • 負けた後にインタビューを受けるプロスポーツ選手を見て、強いメンタルとスポーツ精神を学ぶ。
  • 会話量より思考量を重視する。
  • 元気がないときは、下を向くのではなく、上を向く。
  • 1回でも多く「ありがとう」と言うようにする。
  • 友人宅・恋人宅に遊びに行ったとき、本棚を見ると、相手の理解を深める。
  • 奮い立たせる言葉を自分に強く言い聞かせ、突き刺さる言葉に変える。
  • 友人の数を自慢するのではなく、本当に親しい友人を作る。
  • ミスや失敗を環境のせいにするのはやめる。
  • 自分とは違った意見にぶれてばかりではなく、たまには自分とは違った意見に触れていく。
  • 大きな心は、1ミリの成長実感を大切にする。
  • 根性がなくても、落ち込まない。
  • 伝えることより伝わることを意識する。
  • 1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返して満足するのではなく、2回笑って若返る。
  • 自分がしていることは、ベストを尽くしているだけであることに気づく。
  • 会社でストレスがあったとき「心の筋トレ」と思って前向きに取り組む。
  • 壁にぶつかったときは「分解」と「結合」で考えてみる。
  • 何かに夢中になり、嫌なことを忘れる。
  • いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めて、心を落ち着かせる。
  • 自分より不幸な人を見て安心する暇があるなら、自分より努力している人を見てパワーをもらう。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION