執筆者:水口貴博

心の成長が加速する
30の言葉

5
1

人には、
1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。

人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。 | 心の成長が加速する30の言葉

コンプレックスを憎む人は多い。

コンプレックスがあると、劣等感につながったり自分に自信が持てなかったりして、悩みのタネになっているでしょう。

コンプレックスが自己嫌悪の原因の1つになっている人もいるはずです。

少しでも自分に自信が持てるよう、コンプレックスの解消に向けて励んでいる人は少なくありません。

肥満体型にコンプレックスがあるなら、スリムな体型を手に入れるため、ダイエットに励んでいるでしょう。

貧弱な体にコンプレックスがあるなら、強健な肉体を手に入れるため、筋トレや有酸素運動を頑張っているに違いありません。

学歴にコンプレックスがあるなら、少しでも自信を取り戻そうと、自分で本を買って独学を頑張っているでしょう。

コンプレックスの解消に向けた努力は大いに評価されることであり、未来の自分のためになるのは間違いありません。

では、コンプレックスはゼロにすればいいかというと、そうではないのです。

人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいいのです。

コンプレックスには、3つの大切な価値があるからです。

「魅力」「アイデンティティー」「共感のタネ」です。

  1. 魅力

コンプレックスは魅力です。

人を引きつける力があります。

コンプレックスほど人間味にあふれていることはありません。

自分の個性として生かせば、輝く魅力へと変わります。

自分ではコンプレックスに見えても、他人からはチャームポイントに見えているでしょう。

悪いと思っているのは自分だけです。

周りから見ると、輝いて見えるでしょう。

  1. アイデンティティー

コンプレックスは「アイデンティティー」です。

コンプレックスは、名刺代わりになります。

コンプレックスがあるからこそ、独自性が生まれます。

自分らしさの1つであり、他者と区別する大事なポイントです。

コンプレックスは自分の独自性の1つですから、その価値を認めて、アイデンティティーとして受け入れることが大切です。

  1. 共感のタネ

コンプレックスは「共感のタネ」です。

コンプレックスを持っていることで、同じ悩み・似た悩みの人に寄り添えたり理解が深まったりします。

「大変だよね」「苦労があるよね」「悩ましいときもあるよね」と共感することができるようになります。

コンプレックスを減らす努力は大切ですが、だからといってゼロにする必要はありません。

むしろゼロにしてはいけません。

コンプレックスには「魅力」「アイデンティティー」「共感のタネ」という、人にとって大事な価値があります。

人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいいのです。

心の成長が加速する言葉(5)
  • 気になるコンプレックスがあっても、すべて解消するのではなく、1つくらいは持っておく。
固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。

心の成長が加速する30の言葉
心の成長が加速する30の言葉

  1. 常に成長している人は、常にチャレンジしている人。
    常に成長している人は、常にチャレンジしている人。
  2. 成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
    成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
  3. 読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。
    読書中に知らない言葉と出会ったら、積極的に辞書を引く。
  4. 「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。
    「しなければならない」を減らすのコツは「積極性」と「好奇心」。
  5. 人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。
    人には、1つくらいコンプレックスがあったほうがいい。
  6. 固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。
    固い頭を柔らかくするには「アップデート」という考え方が有効。
  7. 愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。<br>愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。
    愚痴を言い始めると、伸びていた成長が止まる。
    愚痴をやめると、止まっていた成長が伸び始める。
  8. ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。
    ゆっくり落ち着いた口調で「なるほど」と言えば、心の奥まで響く。
  9. どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。
    どんな専門職にも、汎用スキルを鍛える場面がある。
  10. 耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。<br>音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
    耳をふさぐと、耳が不自由な人の気持ちを理解できる。
    音が聞こえることの素晴らしさも再認識できる。
  11. 成長のタネは「嫌いな人」にある。
    成長のタネは「嫌いな人」にある。
  12. 試合中のプレイだけが勇姿ではない。<br>負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。
    試合中のプレイだけが勇姿ではない。
    負けた後に受けるインタビューも勇姿の1つ。
  13. 会話量が少ないことは悪いことではない。<br>大切なのは、会話量より思考量。
    会話量が少ないことは悪いことではない。
    大切なのは、会話量より思考量。
  14. 元気がないとき、下を向くのではない。<br>元気がないときこそ、上を向く。
    元気がないとき、下を向くのではない。
    元気がないときこそ、上を向く。
  15. 「ありがとう」の数は、あなたの魅力と比例する。
    「ありがとう」の数は、あなたの魅力と比例する。
  16. 本棚は心の窓。<br>本棚を見ると、その人がわかる。
    本棚は心の窓。
    本棚を見ると、その人がわかる。
  17. 突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。
    突き刺さる言葉は、出会うものではなく、作り出すもの。
  18. 友人の数を自慢してはいけない。<br>大切なのは、どれだけ親しいか。
    友人の数を自慢してはいけない。
    大切なのは、どれだけ親しいか。
  19. ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。
    ミスや失敗を環境のせいにする人は、成長できない。
  20. 心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。
    心の成長のためには、自分とは違った意見に触れていくことが必要。
  21. 心は、1ミリ大きくなるだけでいい。
    心は、1ミリ大きくなるだけでいい。
  22. 人生は、根性がなくて生きていける。
    人生は、根性がなくて生きていける。
  23. 「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。<br>大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
    「伝える」と「伝わる」は似て非なるもの。
    大切なのは「どれだけ伝えたか」ではなく「どれだけ伝わったか」。
  24. 1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。<br>2回笑って若返るのだ。
    1回怒って1つ年を取ったら、1回笑って取り返すのではない。
    2回笑って若返るのだ。
  25. あなたがしていることは、1つしかない。<br>毎日ベストを尽くしているだけ。
    あなたがしていることは、1つしかない。
    毎日ベストを尽くしているだけ。
  26. 耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。
    耐えなければいけないストレスは「心の筋トレ」と思って乗り越える。
  27. 「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
    「分解」と「結合」は、アイデアを考えるときの基本発想。
  28. 夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。
    夢中になれば、いつの間にか嫌なことも忘れている。
  29. いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。<br>ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
    いらいらしたときは、大空に浮かぶ雲を眺めよう。
    ぼんやり眺めているだけで、心が落ち着く。
  30. 自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
    自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION