心を豊かにする
30の言葉

26
0

年始に立てた目標が放置されていないか。

年始に立てた目標が放置されていないか。 | 心を豊かにする30の言葉

12月31日の大みそかを終え、1月1日になると、新しい1年が始まります。

正月を迎えてよくするのは「今年の目標設定」です。

新年を迎えた直後はフレッシュにあふれています。

正月は新しい1年の始まりなので「今年はこんな1年にしたい」と何か目標を立てることが多いでしょう。

「今年は笑顔のあふれる1年にする」

「今年はダイエットを成功させる」

「今年は歴史の勉強に力を入れる」

「今年は海外旅行に行く」

どんな1年にしたいかわくわくしながら考え、新年らしく今年の目標を立てることが多いのではないでしょうか。

ここでよくあるパターンがあります。

年始に立てた目標は、しばらくたつと、だいたい放置されます。

目を輝かせながら「今年はこんな1年にしよう」と意気込んでいたのもつかの間、すぐ意識されなくなります。

数週間後には忘却のかなたに消えています。

目標の内容どころか、目標を立てたことすら忘れられます。

「年始の目標は立てるだけで終わる」が毎年の恒例行事となっている人も多いのではないでしょうか。

これでは目標を立てた意味がありません。

年始に立てた目標を思い出し、重い腰を上げて取り組んでください。

年始に立てた目標を思い出して、きちんと取り組もう

「今年はダイエットを成功させる」という目標を立てたまま放置されているなら、これからダイエットに取り組みましょう。

「今年は歴史の勉強に力を入れる」という目標を立てただけで終わっていても、これから勉強すれば間に合います。

「今年は笑顔のあふれる1年にする」という目標を立てたなら、今からでいいのできちんと笑顔を心がけましょう。

すでに正月から数カ月が経過していてもいいのです。

今年の残りが半年を切っていてもいい。

気を引き締め、怠け心を吹き飛ばしてください。

数カ月あれば、ダイエットも歴史の勉強も笑顔の毎日も実現できます。

たとえ今年の残りが1カ月しかなくても、諦めてはいけません。

時間が十分になくても、今から急いで取り組めば、ぎりぎり間に合うことがあります。

「海外旅行に行く」という目標は、その気になれば、数日で達成できます。

12月中に申し込み、当月中に旅行すれば、目標達成です。

達成できるかわからなくても、ひとまず取り組むことが大切です。

すぐまた忘れそうなら、紙に書いて、目立つところに貼っておくことをおすすめします。

自然と視界に入る工夫をすれば、意識せざるを得なくなります。

目標は、意識してこそ意味があります。

年始に立てた目標を思い出して、きちんと取り組みましょう。

心を豊かにする言葉(26)
  • 年始に立てた目標を思い出し、きちんと取り組む。
なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。

心を豊かにする30の言葉
心を豊かにする30の言葉

  1. 幸せとは「心の余裕」を持つこと。
    幸せとは「心の余裕」を持つこと。
  2. 新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
    新しいことを始める理由は「興味がある」だけで十分。
  3. 自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。<br>何かいいことが起こるに違いない。
    自然と早起きをした朝は、早めの活動を始めよう。
    何かいいことが起こるに違いない。
  4. 運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。<br>少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
    運動不足の解消は「歩くこと」から始まる。
    少しでも歩数を増やし、歩く距離を伸ばそう。
  5. 誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。<br>成功を信じる人は、自分一人で十分。
    誰もあなたの成功を信じなくても、あなただけは自分の成功を信じること。
    成功を信じる人は、自分一人で十分。
  6. 「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。<br>どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
    「力を入れて仕事をする」と「力を抜いて仕事をする」。
    どちらも結果が大差ないなら、力を抜いて仕事をするほうがいい。
  7. リラックスしているときも、ハッピー。<br>心の平和は、生きている喜びそのもの。
    リラックスしているときも、ハッピー。
    心の平和は、生きている喜びそのもの。
  8. 悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
    悪口は言わないと決意した瞬間から、あなたは新しく生まれ変わる。
  9. 夢があっさり叶ったらつまらない。<br>夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
    夢があっさり叶ったらつまらない。
    夢は、叶えるのに時間がかかるから素晴らしい。
  10. 最高に天気のいい日は、最高の外出日和。<br>急な予定変更で外出してもいい。
    最高に天気のいい日は、最高の外出日和。
    急な予定変更で外出してもいい。
  11. 思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。<br>「ここから私の第2幕が始まる」
    思うようにいかない日々で挫折しかけたときは、こうつぶやこう。
    「ここから私の第2幕が始まる」
  12. 普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。<br>「何かあって余裕がないのだろう」
    普段穏やかな人が急に荒々しくなったときは、こう考えよう。
    「何かあって余裕がないのだろう」
  13. 入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。<br>きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
    入れ替わりでトイレの個室に入るとき、扉が閉まり切る前に入らない。
    きちんと扉が閉まって、3秒置いてから入る。
  14. お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
    お会計のときに感謝するポイントは、3つある。
  15. 心の声はいつも小さい。<br>きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
    心の声はいつも小さい。
    きちんと耳を澄まさないと、心の声は聞こえない。
  16. 自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
    自分より不幸な人を見て安心するくらいなら、自分より努力している人を見てパワーをもらうほうがいい。
  17. 健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
    健康を大切にしていると言いつつ、健康診断を受診しないのは矛盾している。
  18. あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。<br>効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
    あなたの効率化は、楽しみの損失につながっていないか。
    効率化の結果、楽しみまで失われては意味がない。
  19. 許せないのは「許せない」と思っているから。<br>「許せる」と思えば、許せる。
    許せないのは「許せない」と思っているから。
    「許せる」と思えば、許せる。
  20. あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。<br>笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
    あらゆる失敗は、いつか笑い話になる。
    笑えるようになったとき、乗り越えたことになる。
  21. 直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
    直感を大切にするなら「考えすぎないこと」が大切。
  22. 「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。<br>「成長」を重ねることで大人になる。
    「年齢」を重ねるだけで大人になるとは限らない。
    「成長」を重ねることで大人になる。
  23. 素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
    素早い返事とはいえ、相手が言い終わる前に話すのは失礼。
  24. どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
    どうしても抵抗があることは、きちんと断る。
  25. 「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。<br>距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
    「なんだか怪しい」という直感は、おおむね正しい。
    距離を置いて、関わらないでおくのが賢明。
  26. 年始に立てた目標が放置されていないか。
    年始に立てた目標が放置されていないか。
  27. なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
    なぜプロと呼ばれる人は「仕事に関係ない遊び」をしているのか。
  28. お金がかかることを嘆くのではない。<br>お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
    お金がかかることを嘆くのではない。
    お金さえあれば実現できることを喜ぶのだ。
  29. 感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
    感情に振り回されそうになったときは「1人の静かな時間」を作る。
  30. なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。
    なぜ奇跡は、いつも最後に起こるのか。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION