幸運体質になる
30の方法

10
0

努力の方向性を間違えていると、
いくら努力しても結果が出ない。

努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。 | 幸運体質になる30の方法

いくら努力しても結果が出ないとき

「いくら努力しても結果が出ない」

行き詰まっているなら、振り返ってほしいポイントがあります。

「努力の方向性」です。

その努力は、正しい方向に向けられているでしょうか。

なかなか結果が出ないと「努力が足りないせいだろう」と考え、量を増やしがちです。

「まだ努力が足りない。もっと努力をしなければいけない」

結果が出るまでどんどん量を増やしがちです。

もちろん努力の量が足りないことが原因ということもありますが、その限りではありません。

いくら努力しても結果が出ないなら、別のポイントを疑ったほうがいいでしょう。

それが「努力の方向性」です。

努力の方向性が間違っていると、独りよがりの自己満足にしかならない

努力の方向性が間違っていると、なかなか結果が出ません。

いくら頑張っても空回りします。

余計な工数が増えるばかりになり、不必要に時間や労力を掛けることになります。

努力の方向性が間違っていると、独りよがりの自己満足にしかなりません。

努力の方向性が間違っていると、夢の実現に近づくどころか、遠ざかることもあります。

これは深刻な問題です。

努力をしないほうがましということになります。

努力の方向性とは

努力の方向性とは何か。

一言で言うと「目的までの道筋」です。

目的までの道筋が間違っていると、余計な遠回りをすることになるため、なかなか結果が出ません。

ゴールに向かうとき、正しい道を通って向かうでしょう。

遠回りは避け、できるだけ最短になるよう、近道を通るはずです。

これは夢の実現でも同じです。

結果を出すときも、有効な努力をすることです。

きちんと夢の実現に近づけるよう、正しい課題・正しい方法に取り組むことが大切です。

たとえば、ランニングで持久力をつけたいなら、上半身の筋トレはほとんど役に立ちません。

上半身のルックスはよくなっても、持久力は変わらないでしょう。

努力の方向性を間違っています。

ランニングでは上半身の筋肉はほとんど使わないため、いくら鍛えたところで持久力は変わりません。

むしろ筋肉が増えることで体重が増加して、かえってタイムが悪くなることもあります。

腕が振りにくくなって、ランニングフォームが悪くなることもあるはずです。

ランニングで持久力をつけたいなら、下半身の筋トレや地道な走行トレーニングをするほうが、よほど有効です。

なかなか結果が出ないときは、努力の方向性を確認する

なかなか結果が出ないときは、一度立ち止まって、努力の方向性を確認してください。

  • 正しい課題に取り組めているか
  • きちんと結果が出る方法なのか
  • もっとよい課題や方法はないか

これらの質問を自分に問いかけ、検証してください。

手間や時間がかかっても、確認するだけの価値があります。

努力の無駄遣いをなくし、有効に活用することです。

努力の方向性が正しいからこそ、結果が出て、夢に近づけます。

努力の定期的な確認が必要

努力の方向性の確認は「一度確認できれば十分」というわけではありません。

最初は正しくても、途中で軌道がずれていくことがあります。

油断は禁物です。

定期的に努力の方向性を確認する癖をつけてください。

たとえば「数ヶ月に一度」「区切りのタイミング」です。

忘れそうなら、手帳やカレンダーに予定として書き込んでおくといいでしょう。

幸運体質になる方法(10)
  • いくら努力しても結果が出ないときは「努力の方向性」を確認してみる。
「意見を否定された」と考えるから、むっとする。
「自分とは違う意見」と考えれば、うなずける。

幸運体質になる30の方法
幸運体質になる30の方法

  1. 天が味方をしたくなるような生き方をしよう。
    天が味方をしたくなるような生き方をしよう。
  2. うまくいきそうになくても挑戦しよう。<br>成功することではなく、挑戦することが重要なのだ。
    うまくいきそうになくても挑戦しよう。
    成功することではなく、挑戦することが重要なのだ。
  3. 「宿題」を「自分磨きのゲーム」と言い換えるだけで面白くなる。
    「宿題」を「自分磨きのゲーム」と言い換えるだけで面白くなる。
  4. 小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。
    小さなトラブルはすべて、大きなトラブルの前兆。
  5. 「できない」と思っていることのほとんどは、できないのではなく、やらないだけ。
    「できない」と思っていることのほとんどは、できないのではなく、やらないだけ。
  6. 自信のないことは「やめておく」ではなく「とりあえずやってみる」でいい。
    自信のないことは「やめておく」ではなく「とりあえずやってみる」でいい。
  7. にわか雨は、天からのサプライズプレゼント。
    にわか雨は、天からのサプライズプレゼント。
  8. 否定や反論は、運を下げる行為。<br>肯定や同意は、運を上げる行為。
    否定や反論は、運を下げる行為。
    肯定や同意は、運を上げる行為。
  9. 「嫌だな」と「面倒くさいな」は、似て非なるもの。<br>心の声を区別する。
    「嫌だな」と「面倒くさいな」は、似て非なるもの。
    心の声を区別する。
  10. 努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。
    努力の方向性を間違えていると、いくら努力しても結果が出ない。
  11. 「意見を否定された」と考えるから、むっとする。<br>「自分とは違う意見」と考えれば、うなずける。
    「意見を否定された」と考えるから、むっとする。
    「自分とは違う意見」と考えれば、うなずける。
  12. 「今日の占い」で悪い結果が出てもへこまない。<br>むしろバネに変えよう。
    「今日の占い」で悪い結果が出てもへこまない。
    むしろバネに変えよう。
  13. 最初に浮かんだ答えは、おおむね正しい。
    最初に浮かんだ答えは、おおむね正しい。
  14. 間違い電話は、神様からの抜き打ちテスト。
    間違い電話は、神様からの抜き打ちテスト。
  15. うるさい場所では、集中できないのも当然。
    うるさい場所では、集中できないのも当然。
  16. 仕事の差がつくのは「緊急ではないが重要な仕事」にある。
    仕事の差がつくのは「緊急ではないが重要な仕事」にある。
  17. 水の出しっぱなしを「もったいない」と思わない人は、幸せになれない。
    水の出しっぱなしを「もったいない」と思わない人は、幸せになれない。
  18. 価値観が変わることを、生まれ変わるという。
    価値観が変わることを、生まれ変わるという。
  19. ポケットに手を入れる人に、明るい未来はない。
    ポケットに手を入れる人に、明るい未来はない。
  20. もたもたしていると、運が悪くなる。<br>てきぱきしていると、運がよくなる。
    もたもたしていると、運が悪くなる。
    てきぱきしていると、運がよくなる。
  21. 幸運のチャンスは「トラブル」という形でやってくる。
    幸運のチャンスは「トラブル」という形でやってくる。
  22. どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。
    どんなに落ち込んでいても、おいしいものを食べるくらいはできるはずだ。
  23. 運に頼ってばかりの人は、運が悪くなる。<br>運に頼らず自力で頑張る人は、運がよくなる。
    運に頼ってばかりの人は、運が悪くなる。
    運に頼らず自力で頑張る人は、運がよくなる。
  24. 給仕がお会計の紙を置く前に、料理を食べ始めないこと。
    給仕がお会計の紙を置く前に、料理を食べ始めないこと。
  25. それはアウトではない。<br>アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
    それはアウトではない。
    アウトに見える、ぎりぎりセーフだ。
  26. 夕日は、太陽からあなたへのプレゼント。
    夕日は、太陽からあなたへのプレゼント。
  27. すべての人に好かれる必要はない。<br>むしろすべての人に好かれてはいけない。
    すべての人に好かれる必要はない。
    むしろすべての人に好かれてはいけない。
  28. 「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。
    「絶対無理」という口癖は、百害あって一利なし。
  29. チャンスを待たない。<br>チャンスを作る。
    チャンスを待たない。
    チャンスを作る。
  30. 会わせたがる人は、ただのお節介焼き。<br>本人はご満悦でも、相手は迷惑。
    会わせたがる人は、ただのお節介焼き。
    本人はご満悦でも、相手は迷惑。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION