人生を真剣に生きる
30の言葉

6

苦手意識は、
徹底的な練習で克服する。

苦手意識は、徹底的な練習で克服する。 | 人生を真剣に生きる30の言葉

試験や試合などの本番の際、苦手意識で悩まされる人がいます。

「なかなか自信を持って取り組めない」

「スムーズにできるかどうか不安がある」

「なかなか強気になれず、つい弱気になってしまう」

苦手意識に悩まされる原因のほとんどは「練習不足」にあります。

練習量が「普通」や「必要最低限」で終わっています。

効率の良い方法で楽に終わらせようとしていることも少なくありません。

練習がおろそかになっていると、準備不足のため恐怖心が増大します。

スムーズに体が動かず、たどたどしくなります。

うまくいかなかったときの妄想が膨らんで、心の中で不安と恐怖が暴れ始め、緊張へと発展していくのです。

練習しているとはいえ、普通や必要最低限で済ませていては、苦手意識を克服できないのも当然です。

心がけるのは「普通の練習」ではなく「徹底的な練習」

苦手意識を克服するには、一にも二にも「練習」です。

普通の練習ではありません。

徹底的な練習です。

普通や必要最小限の練習で済ませるのではなく、必要以上の膨大な練習を心がけることです。

「これでもか!」と言うほど、圧倒的な練習をこなしましょう。

スピーチ・プレゼン・スポーツの試合など、苦手意識を克服するなら徹底的な練習が欠かせません。

スピーチであれば、暗記しているのはもちろん、勝手に口が動くくらい練習です。

プレゼンであれば、完全に資料の内容を把握しているのはもちろん、どんな質問をされてもスムーズに回答できるくらい練習です。

スポーツの試合であれば、頭で考えなくても条件反射で動けるまで、何百時間・何千時間の練習量をこなします。

忘れてならないのは、さまざまな状況に合わせた練習です。

通常パターンの練習だけではなく、さまざまな状況を想定しながら練習をしていきます。

不測の事態が起こっても、できるだけスムーズに対応できるようにしておくことです。

一回りも二回りも練習量を増やすこと

苦手意識を克服するなら、徹底的な練習に取り組んでください。

具体的な量がわからなければ「これだけ練習してたのだから絶対うまくいく!」と思えるレベルを目安とするといいでしょう。

人は慣れる生き物ですから、練習を重ねるにつれてスムーズにできるようになり、苦手意識も消えていきます。

効率の良い方法や風変わりな方法に頼る必要はありません。

「練習」という王道を徹底するのみです。

苦手意識をゼロにするのは難しくても、ゼロに近づけることは可能です。

練習をすればするほどスムーズにできるようになって自信がつき、不安も恐怖も消えていきます。

結果として苦手意識が小さくなります。

練習の重要性は当たり前のことです。

当たり前だからこそ、多くの人が軽視して、普通や必要最低限の練習量で終わらせようとします。

あらためて基本に立ち返り、一回りも二回りも練習量を増やしてください。

練習量がある一線を越えると「いつでも来い!」という強気の心理に変わります。

練習の成果を発揮したくなって、もはや本番が楽しみになるのです。

人生を真剣に生きる言葉(6)
  • 苦手意識は、徹底的な練習で克服する。
元気になりたいときは、おしゃれをしよう。
メイクもファッションも、心に与える影響が大きい。

人生を真剣に生きる30の言葉
人生を真剣に生きる30の言葉

  1. 人生とは1日の積み重ね。<br>1日を一生懸命生きる人は、素晴らしい人生を実現できる。
    人生とは1日の積み重ね。
    1日を一生懸命生きる人は、素晴らしい人生を実現できる。
  2. 成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
    成長の早い人は「驚きの目」を持っている。
  3. 出会いは、一つ一つが、運のいい出来事。
    出会いは、一つ一つが、運のいい出来事。
  4. 勇気と行動力を高める魔法の言葉。<br>「失敗してもいいからやってみよう!」
    勇気と行動力を高める魔法の言葉。
    「失敗してもいいからやってみよう!」
  5. 好きなことが1つあるだけで幸せ。
    好きなことが1つあるだけで幸せ。
  6. 苦手意識は、徹底的な練習で克服する。
    苦手意識は、徹底的な練習で克服する。
  7. 元気になりたいときは、おしゃれをしよう。<br>メイクもファッションも、心に与える影響が大きい。
    元気になりたいときは、おしゃれをしよう。
    メイクもファッションも、心に与える影響が大きい。
  8. お礼を言ったかどうか覚えていないときは、念のためお礼を言っておくほうがいい。
    お礼を言ったかどうか覚えていないときは、念のためお礼を言っておくほうがいい。
  9. 落ち込んでいるときは、高層ビルの上から自分を見下ろすと、ただの点であることに気づく。
    落ち込んでいるときは、高層ビルの上から自分を見下ろすと、ただの点であることに気づく。
  10. 無能な人が多い職場を嘆いてはいけない。<br>無能な人がいるおかげで、出世・成長・昇給が実現する。
    無能な人が多い職場を嘆いてはいけない。
    無能な人がいるおかげで、出世・成長・昇給が実現する。
  11. 人から役立つ話を聞いたら、すぐ実行に移す。
    人から役立つ話を聞いたら、すぐ実行に移す。
  12. 勝ったときでも、負けたときのように、学びや成長を得る方法。
    勝ったときでも、負けたときのように、学びや成長を得る方法。
  13. 夢を否定されて落ち込むのではない。<br>見返すチャンスができたことを喜ぼう。
    夢を否定されて落ち込むのではない。
    見返すチャンスができたことを喜ぼう。
  14. あなたの才能は「頑張らなくても人よりうまくできること」にある。
    あなたの才能は「頑張らなくても人よりうまくできること」にある。
  15. 夢は「なりたい」と思ったときから始まっている。
    夢は「なりたい」と思ったときから始まっている。
  16. 仕事のスピードとは、処理速度だけを言うのではない。<br>前倒しにすることも、スピードの1つ。
    仕事のスピードとは、処理速度だけを言うのではない。
    前倒しにすることも、スピードの1つ。
  17. 探し物の時間が目立ったら、身の回りの整理整頓がイエローカードと考える。
    探し物の時間が目立ったら、身の回りの整理整頓がイエローカードと考える。
  18. 生まれてこられただけで最高にラッキー。<br>この世に誕生したときから、あなたは最高の幸運を手にしている。
    生まれてこられただけで最高にラッキー。
    この世に誕生したときから、あなたは最高の幸運を手にしている。
  19. きついと感じるとき、険しい表情をしない。<br>にこにこすれば、もう一踏ん張りできる。
    きついと感じるとき、険しい表情をしない。
    にこにこすれば、もう一踏ん張りできる。
  20. 試験で高得点を取った人に「頭がいいね」と褒めてはいけない。
    試験で高得点を取った人に「頭がいいね」と褒めてはいけない。
  21. 猫背が治らないのではない。<br>治す気がないだけだ。
    猫背が治らないのではない。
    治す気がないだけだ。
  22. プロの大道芸人は、失敗しても、演技の一部に見せる。<br>すべての失敗は、エンターテインメントに変えることができる。
    プロの大道芸人は、失敗しても、演技の一部に見せる。
    すべての失敗は、エンターテインメントに変えることができる。
  23. 品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
    品のある人とそうでない人の差は、食べ放題のとき現れる。
  24. 人生に「さようなら」は必要ない。<br>「また会いましょう」と言い換える。
    人生に「さようなら」は必要ない。
    「また会いましょう」と言い換える。
  25. 人と会わない朝は、太陽に「おはよう」と挨拶しよう。<br>人と会わない夜は、月に「おやすみなさい」と挨拶しよう。
    人と会わない朝は、太陽に「おはよう」と挨拶しよう。
    人と会わない夜は、月に「おやすみなさい」と挨拶しよう。
  26. 開き直ることを恐れてはいけない。<br>開き直ることも、処世術の1つ。
    開き直ることを恐れてはいけない。
    開き直ることも、処世術の1つ。
  27. 「あの人がやるなら私もやる」もあっていい。
    「あの人がやるなら私もやる」もあっていい。
  28. 新鮮な光景は、雨の日にある。<br>真上を向いて、雨粒を落ちてくる様子を見てみよう。
    新鮮な光景は、雨の日にある。
    真上を向いて、雨粒を落ちてくる様子を見てみよう。
  29. 心のシェルターが1つでもあれば、人生は救われる。
    心のシェルターが1つでもあれば、人生は救われる。
  30. 人生を無限と思ってはいけない。<br>人生は有限であることを自覚すると、人生観が変わり、生き方が変わる。
    人生を無限と思ってはいけない。
    人生は有限であることを自覚すると、人生観が変わり、生き方が変わる。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION