スピード出世する
30の方法

  • スピード出世には
    「かわいげ」が必要。
スピード出世する30の方法

スピード出世には「かわいげ」が必要。

スピード出世の重要条件の1つ。
それは「かわいげ」です。
ここで言うかわいげとは、異性に対する恋愛の「かわいい」とは違います。

スピード出世には「かわいげ」が必要。

少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。

出世を目指すなら、仕事のスピードアップを目指しましょう。
すなわち「仕事の処理スピードを上げる」ということです。
仕事の処理スピードは速ければ速いほどよい。

少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。

電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。

電話やメールは、できるだけ早いレスポンスを心がけましょう。
「たかがレスポンス」と思うかもしれませんが、あなたの評価や印象に関わります。
レスポンスのスピードは、出世のスピードにも関わるポイントです。

電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。

出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。

出世したいなら「聞き上手」になってください。
トークが得意でたくさん話したくても、出世したいなら我慢するのが賢明です。
少なくとも上司の前では、聞くことに徹するのが賢明です。

出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。

精神論は、出世の落とし穴。
方法論は、出世に続く階段。

精神論とは何か。
強い精神力を持って成し遂げようとする考え方のことをいいます。
ときどき精神論で仕事に取り組む人がいます。

精神論は、出世の落とし穴。方法論は、出世に続く階段。

ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。

出世したいなら「ポジティブ思考」を心がけてください。
前向きな考え方を持ち、何事もよいほうに考える癖をつけましょう。
できないことがあれば、できる方法を考えましょう。

ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。

第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。

第一印象に力を入れすぎてはいけません。
ときどき第一印象に力を入れすぎている人がいます。
高級なスーツを着て、高級な腕時計を身につけ、立派な身だしなみをしています。

第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。

上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。

働き始めて間もないころは目まぐるしくて大変でしょう。
覚えることや慣れることがたくさんあったり、やるべき仕事が山ほどあったりして、余裕がありません。
戸惑うことがたくさんあったり不慣れのせいでミスをしてしまったりなど、大変な毎日を送ることになるはずです。

上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。

上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。

スピード出世を目指しているなら「出社時間」がポイントです。
「遅刻をしない」「早めの出社」は当然ですが、それで満足するのはまだ早い。
スピード出世を目指すなら「上司より30分早い出社」を心がけましょう。

上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。

コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる

「同じことを話しているのに、なぜかあの人のほうがスムーズに伝わっている」
そんな場面を見かけることはありませんか。
きっとその人は、コミュニケーションスキルが高いに違いありません。

コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる

ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。

出世を目指すなら、上手にストレス解消ができるようになっておきましょう。
ストレスを感じるのが悪いわけではありません。
普通に仕事をしていれば、ストレスを感じるのは当然です。

ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。

無責任な人は、出世できない。
責任感のある人が、出世する。

社会で仕事をしていると欠かせないのが「責任感」です。
自分に与えられた仕事は責任を持って取り組み、きちんとやり遂げる姿勢が大切です。
途中で仕事を投げ出したり事前の連絡なく納期を破ったりするのはイエローカードです。

無責任な人は、出世できない。責任感のある人が、出世する。

感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。
感謝の手間をかけると、スピードアップになる。

スピードアップの手段は意外なところにあります。
「ありがとうございます」の一言です。
感謝の一言の手間をかけるか省くかで、スピードの差がまったく変わります。

感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。感謝の手間をかけると、スピードアップになる。

しっかり体を鍛えておこう。
病気やストレスに強い人は、出世にも強い。

病気やストレスに強くなっておくことです。
出世すると、より大きな仕事・より責任の重い仕事を引き受けることになるでしょう。
日頃から病気がちで頻繁に休んだり、ちょっとしたストレスですぐダウンしたりするようでは、なかなか出世は厳しいでしょう。

しっかり体を鍛えておこう。病気やストレスに強い人は、出世にも強い。

自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。

出世に欠かせないのは「自分を振り返る習慣」です。
最初から完璧にできる人はいません。
人は誰でも間違えます。

自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。

出世ができる人は、行動力がある。

出世ができる人には「行動力」という特徴があります。
受動的で守りの姿勢ではなく、能動的で攻めの姿勢があります。
与えられた仕事は後回しにせず、すぐ取りかかります。

出世ができる人は、行動力がある。

「出世した自分」をイメージしよう。
ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。

出世前から出世した自分をイメージしておきましょう。
実際は出世してみないとどんな様子になるかわからないかもしれませんが、堅苦しく考えないでください。
あくまでイメージですから自由に想像してみましょう。

「出世した自分」をイメージしよう。ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。

打ち合わせは、時間通りに終われば十分というわけではない。
開始時間前に終わらせよう。

打ち合わせは「開始時間」だけでなく「終了時間」も決めておくのが賢明です。
終了時間を決めておくことで、だらだらすることができなくなります。
緊張感とスピード感が生まれ、余計な雑談も減って、スムーズに話を進めていけるようになります。

打ち合わせは、時間通りに終われば十分というわけではない。開始時間前に終わらせよう。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。

成長を心がける上で注意したいフレーズがあります。
「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズです。
そう言っている人を見かけることもあれば、どこかの本で見かけることもあるでしょう。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。

スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。

「誰か議事録を担当したい人はいるか」
そう問われると、指名されないよううつむく人が多いもの。
議事録係はのんびりできません。

スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。

「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。

敵とは何でしょうか。
敵とは、恨みがあって「機会があれば滅ぼしたい」と考える相手のことです。
あなたの敵は、誰ですか。

「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。

スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。

スピード出世する人に共通しているのは「チャレンジ精神」です。
難しいことや新しいことがあれば、失敗やリスクを恐れず「試しにやってみよう」とチャレンジします。
いつも新しい仕事に対して果敢に臨む姿勢があります。

スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。

覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。

社会で働いていると「覚えなければいけない仕事」に直面することがあります。
受験を終えてようやく暗記作業から解放されたと思いきや、社会人になっても暗記作業に直面することが少なくありません。
営業であれば、紹介する商品の詳細を覚える必要があるでしょう。

覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。

上司は出世を果たした成功者。
上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。

出世するために、しっかり注目しておきたい人物がいます。
直属の上司です。
あなたの上司は、どんな人物でしょうか。

上司は出世を果たした成功者。上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。

こびを全否定してはいけない。
「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。

こびとは何か。
人の顔色をうかがって、機嫌を取るようなことを言ったりしたりすることをいいます。
あるいは、相手に気に入られようと、へつらったり低姿勢な態度を見せたりことも同様です。

こびを全否定してはいけない。「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。

優先順位の変更をためらってはいけない。

仕事が複数あるときは、まず「優先順位」を考えます。
重要度や緊急度の高いものは早めに対応して、低いものは後回しにします。
特に締め切りが迫っているものは、優先順位も高くなるでしょう。

優先順位の変更をためらってはいけない。

ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。

出世は、競争の世界です。
出席をするためには、競争に勝つ必要があります。
過酷な出世競争の中にいて、競争がエスカレートすると、ふと「悪い考え」が頭をよぎる瞬間があるかもしれません。

ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。

仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。

仕事を続けていると、ある日プライベートで出てきそうになる衝動があります。
「仕事の癖」です。
仕事で繰り返していると、動きや思考パターンが体に染みついて、プライベートでも癖として出てしまうことがあります。

仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。

体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。

「デスクワーカー」と「アスリート」という2つの言葉があります。
デスクワーカーとは、事務や執筆など、机に向かってする仕事をする人のことをいいます。
座っている時間が長く、体を動かすことが少ないのが特徴です。

体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。

正義感の強さは、出世の足かせになることもある。

正義感とは何か。
「不正を憎み、道理・道徳を重んじる気持ちのこと」をいいます。
正義感は、あったほうがいいのでしょうか。

正義感の強さは、出世の足かせになることもある。

同じカテゴリーの作品

2:01:45
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION