執筆者:水口貴博

スピード出世する
30の方法

19
1

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。 | スピード出世する30の方法

成長を心がけるうえで注意したいフレーズがあります。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズです。

そう言っている人を見かけることもあれば、どこかの本で見かけることもあるでしょう。

勝負に負けても「負けを認めないかぎり負けではない」と言いきって堂々としている人がいるものです。

普通に聞くと理にかなっているように思えます。

たしかに自分が負けを認めなければいいことです。

表向きの結果は負けであっても、心の中では負けたことにならないでしょう。

落ち込むこともなく悔しがることもなく、涼しい顔ができるに違いありません。

明るい言葉で前向きに聞こえるかもしれませんが、実は違います。

誤解してはいけません。

前向きどころか、後ろ向きであることに気づいてください。

現実から目をそらすフレーズだからです。

実は、ただの負け惜しみのフレーズ

このフレーズの怖いところは、ポジティブに聞こえるところです。

「負けを認めないかぎり負けではない」というセリフは、ポジティブに聞こえますが違います。

ポジティブでも何でもありません。

ポジティブなフレーズではなく、ただの負け惜しみのフレーズです。

負け犬の遠吠えです。

現実から目をそらして強がっているだけです。

人が成長するのは、反省や改善をするときです。

負けるからこそ、弱いところ・悪いところが見つかります。

弱いところ・悪いところが見つかるから補強や改善に取り組め、結果として強くなっていけます。

「負けを認めないかぎり負けではない」というセリフで自分を慰めるとどうなるでしょうか。

負けと認めなくなるので、弱いところがあっても気づけません。

気づけなければ、反省も改善もできません。

弱いところや悪いところを放置することになる。

現実から目をそらすことになるため成長ができなくなります。

たしかにネガティブは吹き飛ばせますが、一緒に成長も吹き飛ばしてしまいます。

「負けを認めないかぎり負けではない」というセリフで自分を慰めていると、落ち込まない代わりに成長も停滞するのです。

テレビやメディアで、試合に負けたプロ選手がインタビューされるシーンを見かけることがあるでしょう。

負けたことについて聞かれたとき、必ず「素直に認める発言」があるはずです。

「私の負けです」

「私の完敗です」

「私の力不足です。それ以上言うことはありません」

一流の選手ほど勝負に負けたとき、余計な言い訳はせず、事実を受け止めます。

だから素晴らしいのです。

だから成長できるのです。

現実を素直に受け止めるから、その反省を生かせます。

「ここがいけなかったのか」と知ることができ、改善することができ、成長につながります。

負けと認めるからこそ、反省と改善ができます。

悪い結果であれ悔しい結果であれ、負けは負けです。

負けを認めることから現実と向き合うことができ、レベルアップにつながります。

口癖があるなら、今すぐ禁句にすることをおすすめします。

「負けを認めないかぎり負けではない」というセリフは、成長に必要のない言葉です。

スピード出世する方法(19)
  • 「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズに逃げない。
  • 負けたときは、きちんと負けを認める。
スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。

スピード出世する30の方法
スピード出世する30の方法

  1. スピード出世には「かわいげ」が必要。
    スピード出世には「かわいげ」が必要。
  2. 少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
    少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
  3. 電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
    電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
  4. 出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
    出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
  5. 精神論は、出世の落とし穴。<br>方法論は、出世に続く階段。
    精神論は、出世の落とし穴。
    方法論は、出世に続く階段。
  6. ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
    ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
  7. 第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
    第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
  8. マニュアルも、一種の芸術作品。<br>重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
    マニュアルも、一種の芸術作品。
    重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
  9. 上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
    上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
  10. コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
    コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
  11. ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
    ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
  12. 無責任な人は、出世できない。<br>責任感のある人が、出世する。
    無責任な人は、出世できない。
    責任感のある人が、出世する。
  13. 感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。<br>感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
    感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。
    感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
  14. しっかり体を鍛えておこう。<br>病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
    しっかり体を鍛えておこう。
    病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
  15. 自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
    自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
  16. 出世ができる人は、行動力がある。
    出世ができる人は、行動力がある。
  17. 「出世した自分」をイメージしよう。<br>ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
    「出世した自分」をイメージしよう。
    ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
  18. 打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。<br>終了時間前に終わらせよう。
    打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。
    終了時間前に終わらせよう。
  19. 「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
    「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
  20. スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
    スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
  21. 上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
    上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
  22. スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
    スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
  23. 覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
    覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
  24. 上司は出世を果たした成功者。<br>上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
    上司は出世を果たした成功者。
    上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
  25. こびを全否定してはいけない。<br>「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
    こびを全否定してはいけない。
    「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
  26. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。<br>「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
    「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
  27. ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
    ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
  28. 仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
    仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
  29. 体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
    体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
  30. 正義感の強さは、出世の足かせになることもある。
    正義感の強さは、出世の足かせになることもある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION