出世するために大切な
30のこと

  • 出世はいいもの。
    堂々と出世を目指そう。
出世するために大切な30のこと

出世はいいもの。
堂々と出世を目指そう。

あなたは出世をしたいですか。
「出世はしたくない。今のままでいい」
「出世をしてもストレスが増えるだけ」

出世はいいもの。堂々と出世を目指そう。

出世を目指すなら、口が堅くなければいけない。

出世をするために、絶対必要なことがあります。
「口が堅いこと」です。
つまり「言ってはならないことを口外しない」ということです。

出世を目指すなら、口が堅くなければいけない。

ぎりぎりにならないと動けない人は、いつか必ず痛い目に遭う。

ぎりぎりにならないと動けない人がいます。
学生時代、試験を一夜漬けで乗り切った人もいるでしょう。
普段は勉強をサボり、試験前日になってようやく重い腰を上げます。

ぎりぎりにならないと動けない人は、いつか必ず痛い目に遭う。

決定権者に嫌われたら、どんなに実力があっても出世できない。

「仕事ができれば出世できる」
そう思っているなら考えを改めたほうがいいでしょう。
学校では、成績がよければ正当に評価されるシステムがあります。

決定権者に嫌われたら、どんなに実力があっても出世できない。

体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。

「デスクワーカー」と「アスリート」という2つの言葉があります。
デスクワーカーとは、事務や執筆など、机に向かってする仕事をする人のことをいいます。
座っている時間が長く、体を動かすことが少ないのが特徴です。

体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。

いらいらしたら、手を洗うだけで落ち着く。

感情が高ぶっていらいらすることがあるもの。
思いどおりにいかなくて、いらいらすることもあるでしょう。
人から嫌な一言を言われて、いらいらすることもあるでしょう。

いらいらしたら、手を洗うだけで落ち着く。

第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。

第一印象に力を入れすぎてはいけません。
ときどき第一印象に力を入れすぎている人がいます。
高級なスーツを着て、高級な腕時計を身につけ、立派な身だしなみをしています。

第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。

「私ってダメ」というセリフは、今すぐ捨てなさい。

「私ってダメ」というセリフを耳にすることがあります。
ミスをしたとき「間違えちゃった。私ってダメね」と口にします。
勉強でうまく覚えられないと「全然覚えられない。私ってダメね」と口にします。

「私ってダメ」というセリフは、今すぐ捨てなさい。

仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。

仕事を続けていると、ある日プライベートで出てきそうになる衝動があります。
「仕事の癖」です。
仕事で繰り返していると、動きや思考パターンが体に染みついて、プライベートでも癖として出てしまうことがあります。

仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。

今日やれば普通にできることを、明日に回していないか。

今日やれば普通にできることを、明日に回していませんか。
もちろん事情があって今日できないならいいのです。
時間がなくてぎりぎりの状態だったり、くたくたに疲れてパワーがなかったりするときもあるでしょう。

今日やれば普通にできることを、明日に回していないか。

金曜の夕方に急ぎのメールをする人は、出世できない。

出世をしたいなら「金曜の夕方」に注意しましょう。
何に注意するかというと「急ぎのメールを出さない」ということです。
金曜の夕方に限って、急ぎのメールを出す人がいます。

金曜の夕方に急ぎのメールをする人は、出世できない。

プロになって満足するのではない。
プロになって活躍することが大切。

プロとは何か。
その分野に熟達し、高いスキルを有している人のことをいいます。
いわば、専門家です。

プロになって満足するのではない。プロになって活躍することが大切。

慎重派の人がじっくり考えるときは、仮でもいいので、期限を設定しておくこと。

あなたは慎重派ですか。
重要な決断を下すときには、じっくり考えることが必要です。
安易な決断は命取りです。

慎重派の人がじっくり考えるときは、仮でもいいので、期限を設定しておくこと。

細切れ時間に大きな仕事をしてはいけない。

仕事で使える時間には、大きく2種類あります。
「細切れ時間」と「まとまった時間」です。
細切れ時間とは、短い時間のことをいいます。

細切れ時間に大きな仕事をしてはいけない。

感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。
感謝の手間をかけると、スピードアップになる。

スピードアップの手段は意外なところにあります。
「ありがとうございます」の一言です。
感謝の一言の手間をかけるか省くかで、スピードの差がまったく変わります。

感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。感謝の手間をかけると、スピードアップになる。

「無理」「できない」が口癖の人とは、深く関わらないほうがいい。

あなたの身近な人間関係に「無理」「できない」が口癖の人はいませんか。
相手にアドバイスしても「無理」と否定する。
「こんな方法はどうかな」と代替案を提示しても「できない」と拒む。

「無理」「できない」が口癖の人とは、深く関わらないほうがいい。

相性のいい師匠が見つかれば、人生は半分成功したもの同然。

成功に必要なのは、師匠を見つけることです。
師匠の存在は成功の近道です。
師匠がいれば正しい方法を効率よく学べるので飛躍的に成長できます。

相性のいい師匠が見つかれば、人生は半分成功したもの同然。

根本的にユーモアが苦手で合わないなら、いっそのこと捨ててしまえ。
仕事の結果だけで直球勝負すればいい。

ユーモアは、コミュニケーションのスパイスです。
会話にユーモアを含めると、場が和らいだり盛り上がったりします。
ユーモアがあると、飽きずに話を聞いてもらえますね。

根本的にユーモアが苦手で合わないなら、いっそのこと捨ててしまえ。仕事の結果だけで直球勝負すればいい。

あなたは今「正しい土俵」に立っているか。

あなたは今「正しい土俵」に立っているか。
これが大切です。
夢や成功を実現するなら「土俵」について理解しておく必要があります。

あなたは今「正しい土俵」に立っているか。

当たり前と思わないことを、当たり前にする。

幸せになるためには「当たり前」がキーワードです。
当たり前と思わないことを、当たり前にするのです。
私たちの日常には「そうあって当然のこと」があり、そういうことは「当たり前だね」と思うものです。

当たり前と思わないことを、当たり前にする。

納期に間に合いそうになければ、わかった時点で連絡を入れる。

仕事には「納期」がつきものです。
仕事に取りかかるものの、思うように進まず、進捗に遅れが生じることがあります。
「このままでは納期に間に合いそうにない」と思う瞬間があるもの。

納期に間に合いそうになければ、わかった時点で連絡を入れる。

反省と言うだけで終わっていないか。
大切なのは、反省のふりではなく、きちんと反省をすること。

「反省しています」というセリフをよく聞くことがあります。
「申し訳ございません。反省しております」
「この件については深く反省しております」

反省と言うだけで終わっていないか。大切なのは、反省のふりではなく、きちんと反省をすること。

実家に帰省したら、真っ先にお墓参りをしよう。
ご先祖様への感謝と供養の念は、スピードで見せること。

実際に帰省したら、まずしておきたいことがあります。
「お墓参り」です。
わざわざお墓参りするのは面倒くさいというのはわかります。

実家に帰省したら、真っ先にお墓参りをしよう。ご先祖様への感謝と供養の念は、スピードで見せること。

こびを全否定してはいけない。
「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。

こびとは何か。
人の顔色をうかがって、機嫌を取るようなことを言ったりしたりすることをいいます。
あるいは、相手に気に入られようと、へつらったり低姿勢な態度を見せたりことも同様です。

こびを全否定してはいけない。「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。

嘘は、後になればなるほど訂正しにくい。
うっかり嘘をついてしまったら、直後に訂正するのが賢明。

円満な人間関係を築くためには、できるだけ嘘を避けることが大切です。
嘘がよくないのは子供でもわかることであり、言うまでもありませんね。
嘘はトラブルのもとです。

嘘は、後になればなるほど訂正しにくい。うっかり嘘をついてしまったら、直後に訂正するのが賢明。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。

成長を心がける上で注意したいフレーズがあります。
「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズです。
そう言っている人を見かけることもあれば、どこかの本で見かけることもあるでしょう。

「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。

優先順位の変更をためらってはいけない。

仕事が複数あるときは、まず「優先順位」を考えます。
重要度や緊急度の高いものは早めに対応して、低いものは後回しにします。
特に締め切りが迫っているものは、優先順位も高くなるでしょう。

優先順位の変更をためらってはいけない。

覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。

社会で働いていると「覚えなければいけない仕事」に直面することがあります。
受験を終えてようやく暗記作業から解放されたと思いきや、社会人になっても暗記作業に直面することが少なくありません。
営業であれば、紹介する商品の詳細を覚える必要があるでしょう。

覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。

「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。

敵とは何でしょうか。
敵とは、恨みがあって「機会があれば滅ぼしたい」と考える相手のことです。
あなたの敵は、誰ですか。

「敵」は「ライバル」と言い換えるのが、正解。

上司の仕事が遅く感じるようになったら喜ぼう。
あなたの仕事が速くなったということ。

「最近、上司の仕事が遅くなったな」
昔はスピード感のあった上司が、あるときから遅くなったように感じることはありませんか。
「上司の仕事はいつも速かったのに、このごろ遅くなっているように感じる」

上司の仕事が遅く感じるようになったら喜ぼう。あなたの仕事が速くなったということ。
2:12:34
© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION