執筆者:水口貴博

スピード出世する
30の方法

27
1

ライバルの仕事を妨害することほど、
見苦しいことはない。

ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。 | スピード出世する30の方法

出世は、競争の世界です。

出世をするためには、競争に勝つ必要があります。

過酷な出世競争の中にいて、競争がエスカレートすると、ふと「悪い考え」が頭をよぎる瞬間があるかもしれません。

「ライバルの仕事を妨害したい気持ち」です。

  • でたらめの嘘を伝えて、余計な労力をかけさせる
  • 相手に気づかれないように、こっそり資料の1ページを抜く
  • 相手の企画が通らないように、陰でこそこそ悪い評判を広める

ライバルの仕事を妨害したい衝動に駆られることがあるかもしれません。

たしかにライバルがダメになると、競争相手が1人減ることになり、自分の立場が有利になるでしょう。

仕事が失敗するようトラブルを仕向ければ、ライバルが減って出世の道が切り開かれる可能性が高くなるでしょう。

しかし、いくら出世をしたいとはいえ、意図的に人の仕事を妨害することはあってなりません。

人の仕事を妨害することは、社会人としてあるまじき行為です。

仕事はフェアでなくてはなりません。

ライバルの邪魔をすることは、犯罪行為に匹敵するほど悪質です。

そもそもライバルの足を引っ張って余計なリソースを割いていると、自分の仕事に集中できなくなり、よい成果を出せなくなります。

悪質な妨害行為は、ばれるものと決まっている

悪質な妨害行為は、ばれるものと決まっています。

目撃情報・データの記録・監視カメラの映像など、証拠となるものはたくさんあるので、意外とあっさり発覚するでしょう。

悪質な妨害がばれれば信用問題に発展して、評価が最悪まで落ちるのは確実です。

魔が差したというのは言い訳になりません。

「要注意人物」として見られるようになり、完全に出世の道が閉ざされます。

仮に出世できたとしても、典型的に嫌われる上司となるのは確定です。

部下から嫌われ、人望もなければ、大きな仕事をスムーズに進めることができず、よい成果を出せません。

いくら出世競争とはいえ、ライバルの仕事を妨害することほど愚かなことはありません。

ライバルの邪魔をするより自分の仕事に集中する

人の仕事の邪魔をする暇があるなら、自分の仕事に集中することです。

衝動に駆られても、ぐっと抑えることです。

ライバルの仕事を邪魔することにエネルギーを使うのではなく、自分の仕事に集中してください。

ライバルの仕事が気になっても、ひたすら目の前の仕事に集中しましょう。

出世は、正々堂々と公平に行われるものです。

自分の仕事に集中するのが、出世の一番の近道です。

スピード出世する方法(27)
  • 自分が出世したいとはいえ、ライバルの仕事を邪魔するようなことはしない。
  • あくまで自分の仕事に集中する。
仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。

スピード出世する30の方法
スピード出世する30の方法

  1. スピード出世には「かわいげ」が必要。
    スピード出世には「かわいげ」が必要。
  2. 少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
    少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
  3. 電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
    電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
  4. 出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
    出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
  5. 精神論は、出世の落とし穴。<br>方法論は、出世に続く階段。
    精神論は、出世の落とし穴。
    方法論は、出世に続く階段。
  6. ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
    ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
  7. 第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
    第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
  8. マニュアルも、一種の芸術作品。<br>重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
    マニュアルも、一種の芸術作品。
    重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
  9. 上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
    上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
  10. コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
    コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
  11. ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
    ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
  12. 無責任な人は、出世できない。<br>責任感のある人が、出世する。
    無責任な人は、出世できない。
    責任感のある人が、出世する。
  13. 感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。<br>感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
    感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。
    感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
  14. しっかり体を鍛えておこう。<br>病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
    しっかり体を鍛えておこう。
    病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
  15. 自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
    自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
  16. 出世ができる人は、行動力がある。
    出世ができる人は、行動力がある。
  17. 「出世した自分」をイメージしよう。<br>ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
    「出世した自分」をイメージしよう。
    ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
  18. 打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。<br>終了時間前に終わらせよう。
    打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。
    終了時間前に終わらせよう。
  19. 「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
    「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
  20. スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
    スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
  21. 上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
    上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
  22. スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
    スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
  23. 覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
    覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
  24. 上司は出世を果たした成功者。<br>上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
    上司は出世を果たした成功者。
    上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
  25. こびを全否定してはいけない。<br>「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
    こびを全否定してはいけない。
    「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
  26. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。<br>「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
    「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
  27. ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
    ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
  28. 仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
    仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
  29. 体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
    体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
  30. 正義感の強さは、出世の足かせになることもある。
    正義感の強さは、出世の足かせになることもある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION