執筆者:水口貴博

スピード出世する
30の方法

7
1

第一印象に力を入れすぎる人は、
仕事ができない。

第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。 | スピード出世する30の方法

第一印象に力を入れすぎてはいけません。

ときどき第一印象に力を入れすぎている人がいます。

高級なスーツを着て、高級な腕時計を身につけ、立派な身だしなみをしています。

話をするときも、キャリアや学歴をアピールしてきます。

露骨な自慢話をすることも少なくありません。

第一印象で「仕事ができる人」を演出したいのでしょう。

なんとか自分を大きく見せようとしています。

見た目も話の内容も全力投球で「どうだ!」と言わんばかりにがつがつアピールしています。

もちろん第一印象は大切ですが、だからといって力を入れすぎるのはやり過ぎです。

第一印象に力を入れすぎると、好印象を通り越して威嚇に変わります。

威圧感を与えることになれば、好印象どころか悪印象になることも少なくありません。

残念ですが、第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができないと決まっています。

余計なところでエネルギーを使いすぎているのです。

余計なエネルギーを使うのは愚の骨頂

たしかに第一印象は大切です。

悪印象より好印象を与えたほうがいいのは間違いありません。

好印象であればあるほど、相手からも歓迎されるでしょう。

だからといって力を入れすぎるのはよくありません。

「力を入れる」と「力を入れすぎる」は別物です。

第一印象に力を入れすぎると、後が大変です。

第一印象と同じ高水準をずっと維持しなければいけなくなります。

身だしなみを整えるのに時間がかかり、話にも神経を使うようになり、ストレスもたまります。

そういうところでエネルギーを使っているので、肝心の仕事で高いパフォーマンスを発揮できません。

大切なのは第一印象より実際の仕事です。

いくら第一印象がよくても、肝心の仕事ができないと評価を落とすことになります。

ずっと踏ん張り続けるわけにもいかず、いつか息切れをすることになる。

うっかり気が緩んでだらしないところを見られたら、第一印象とのギャップが目立って評価を落とすことになります。

「最初の印象は素晴らしかったのにどうして?」となる。

仕事ができないばかりか、評価まで落とすことになり、踏んだり蹴ったりになります。

第一印象に力を入れすぎると、逆効果に終わります。

第一印象は、相手に不快感を与えることがなければ合格

第一印象に力を入れすぎないでください。

第一印象は「ほどほど」でいいのです。

「落ち着いた服装」「丁寧な言葉遣い」「正しい礼儀作法」ができれば十分です。

身だしなみは、清潔感さえあれば問題ありません。

第一印象で大切なのは、不快感を与えないことであり、それ以上はやり過ぎです。

迷ったら「相手に不快感を与えないか」という点でチェックするといいでしょう。

第一印象は、相手に不快感を与えることがなければ合格です。

不快感を与えることがなければ、結果として「第一印象は好印象」となります。

ビジネスで大切なのは、あくまで仕事の中身であり結果ですから、第一印象はほどほどでいいのです。

スピード出世する方法(7)
  • 第一印象には力を入れすぎず、ほどほどを心がける。
マニュアルも、一種の芸術作品。
重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。

スピード出世する30の方法
スピード出世する30の方法

  1. スピード出世には「かわいげ」が必要。
    スピード出世には「かわいげ」が必要。
  2. 少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
    少々雑であってもいいから、仕事の処理スピードを上げろ。
  3. 電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
    電話やメールのレスポンスを早くすると、出世も早くなる。
  4. 出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
    出世したいなら「聞き上手」に徹するのが吉。
  5. 精神論は、出世の落とし穴。<br>方法論は、出世に続く階段。
    精神論は、出世の落とし穴。
    方法論は、出世に続く階段。
  6. ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
    ポジティブ思考は、出世に欠かせない要素。
  7. 第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
    第一印象に力を入れすぎる人は、仕事ができない。
  8. マニュアルも、一種の芸術作品。<br>重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
    マニュアルも、一種の芸術作品。
    重く受け止めじっくり読む人が、スピード出世を果たす。
  9. 上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
    上司より30分早く出社する人が、スピード出世する。
  10. コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
    コミュニケーションスキルの高い人ほど、出世が有利になる
  11. ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
    ストレス解消法の習得は、出世の条件の1つ。
  12. 無責任な人は、出世できない。<br>責任感のある人が、出世する。
    無責任な人は、出世できない。
    責任感のある人が、出世する。
  13. 感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。<br>感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
    感謝の手間を省くと、スピードダウンになる。
    感謝の手間をかけると、スピードアップになる。
  14. しっかり体を鍛えておこう。<br>病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
    しっかり体を鍛えておこう。
    病気やストレスに強い人は、出世にも強い。
  15. 自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
    自らの行動を振り返り、改善できる人が、出世する。
  16. 出世ができる人は、行動力がある。
    出世ができる人は、行動力がある。
  17. 「出世した自分」をイメージしよう。<br>ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
    「出世した自分」をイメージしよう。
    ポジティブなイメージは、未来を切り開く力となる。
  18. 打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。<br>終了時間前に終わらせよう。
    打ち合わせは、時間どおりに終われば十分というわけではない。
    終了時間前に終わらせよう。
  19. 「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
    「負けを認めないかぎり負けではない」というフレーズには要注意。
  20. スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
    スピード出世をする人は、積極的に議事録係を引き受ける。
  21. 上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
    上司の視点で仕事をする人が、スピード出世する。
  22. スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
    スピード出世する人には「チャレンジ精神」がある。
  23. 覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
    覚えなければいけない仕事は、寝る前にするとスムーズ。
  24. 上司は出世を果たした成功者。<br>上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
    上司は出世を果たした成功者。
    上司を見れば、出世に必要な条件も見えてくる。
  25. こびを全否定してはいけない。<br>「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
    こびを全否定してはいけない。
    「よいこび」と「悪いこび」の2つがある。
  26. 「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。<br>「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
    「給料が少ない」と文句を言う人は出世できない。
    「給料をもらいすぎ」と感謝する人が出世する。
  27. ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
    ライバルの仕事を妨害することほど、見苦しいことはない。
  28. 仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
    仕事の癖は、滑稽に思うものではなく、誇りに思うもの。
  29. 体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
    体を動かすことの少ないデスクワーカーであっても、アスリートの意識は必要。
  30. 正義感の強さは、出世の足かせになることもある。
    正義感の強さは、出世の足かせになることもある。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION