風のように生きる
30の言葉

20
2

仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。

仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。 | 風のように生きる30の言葉

仲直りをしようとしたがうまくいかなかった

人間関係では、喧嘩がつきもの。

仲直りをしようと試みたものの、うまくいかないことがあります。

相手は許してくれませんでした。

相手は今でも怒っていて、こちらの謝罪を受け入れてくれませんでした。

そもそも面会を拒否されることもあるでしょう。

そんなとき「仲直りができなかった」と簡単に諦めるのではいけません。

いったんその場は引き下がりますが、だからといって「二度と仲直りできない」と決めつけないことです。

まだ仲直りができる望みは残っているからです。

仲直りが1回できなかったくらいで諦めない

世の中の大半の人は、仲直りが1回できなかっただけで諦めてしまいます。

「仲直りができなかった」と言ったまま終わりです。

もう修復は不可能だと思っています。

それは誤解です。

あくまで「1回目の仲直りができなかった」というだけのことです。

完全に仲直りが不可能と決まったわけではありません。

もちろんすでに何度も裏切り行為が繰り返され、完全に信頼関係が喪失しているなら別ですが、そうでないなら望みはあります。

ここであなたに提案です。

1回目の仲直りができなければ、2回目の仲直りに挑戦してみてください。

2回目の仲直りができなければ、3回目の仲直りに挑戦してみてください。

仲直りは何度トライしてもいい。

仲直りのアプローチに上限はありません。

相手に許してもらえるまで、何度でも仲直りを心がける

本当に申し訳ない気持ちがあるなら、許してもらえるまで何度でも謝るのが普通です。

1回うまくいかないくらいで諦めたら、相手は「申し訳ない気持ちはその程度だったのですね」と思うでしょう。

簡単に諦めてしまうのも相手に失礼です。

ますます相手を怒らせてしまいかねません。

仲直りできることもできなくなってしまいます。

相手に許してもらえるまで、何度でも仲直りを心がけることです。

もちろん立て続けは相手の迷惑になるため、少し時間を置いてから再アプローチをするのがいいでしょう。

相手から「もうやめてください」と拒否されるまで続けることができます。

仲直りにも粘り強さが必要

仲直りにも粘り強さが必要です。

「いつか許してもらえるはず」と思うことが大切です。

自分に非があれば、きちんと頭を下げて謝りましょう。

心から本気になって、しっかりおわびの気持ちを伝えましょう。

「私が悪かった」

「もう二度としない」

「本当にごめんなさい」

恥も外聞も捨てて、誠意を込めた態度で仲直りをしてみてください。

そうすれば世の中の大半の喧嘩は仲直りできてしまいます。

風のように生きる言葉(20)
  • 仲直りが1回うまくいかなかったくらいで諦めない。
  • 相手が許してくれるまで何度でも仲直りに挑戦する。
問題点を嘆くのではない。
改善点が見つかったことを喜ぶのだ。

風のように生きる30の言葉
風のように生きる30の言葉

  1. 「風のように生きる」とは。
    「風のように生きる」とは。
  2. 風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。
    風のように生きるためには、まず肌で風を感じることが大切。
  3. 風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。
    風のように生きるために心がけたい、3つの優しさ。
  4. 風に幸せを感じよう。<br>地球の神秘であり、自然が生み出したアート。
    風に幸せを感じよう。
    地球の神秘であり、自然が生み出したアート。
  5. 風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。
    風のように生きるためには「スピード感」が欠かせない。
  6. たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。
    たまに不便を経験したほうが、便利なもののありがたみがよくわかる。
  7. リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。
    リラックスしたいときは、魔法のおまじない「リラックス」を唱えよう。
  8. あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。
    あなたに足りないのは「とりあえず動く」という習慣。
  9. どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。<br>どちらでもいいからこそ、自分で決める。
    どちらでもいいから、人に決めてもらうのではない。
    どちらでもいいからこそ、自分で決める。
  10. なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。
    なかなか行動できないときは、帆に風を受けて進むヨットをイメージしよう。
  11. 自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。
    自分を輝かせるのは、他人ではなく、自分。
  12. 「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。<br>「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。
    「トラブルに遭いたくない」と思うから、行動できない。
    「小さなトラブルなら大歓迎」と思えば、行動できる。
  13. いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。
    いつも優しくしてくれる人にかけたい言葉とは。
  14. 死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。
    死ぬまでずっと「青春の心」でいることを誓う。
  15. 忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。
    忙しいときほど、丁寧な仕事を心がけよう。
  16. ため息には2種類ある。<br>「体のため息」「心のため息」
    ため息には2種類ある。
    「体のため息」「心のため息」
  17. 嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。
    嫌な夢を見ても、正夢になると信じない。
  18. 逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。
    逆ギレする人に、素晴らしい人はいない。
  19. 顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。
    顔や視線をそらした挨拶は、きちんとした挨拶になっていない。
  20. 仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。
    仲直りが1回できなかったくらいで諦めていないか。
  21. 問題点を嘆くのではない。<br>改善点が見つかったことを喜ぶのだ。
    問題点を嘆くのではない。
    改善点が見つかったことを喜ぶのだ。
  22. 明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。
    明るい笑い声も、大きすぎると下品になる。
  23. つまらない仕事を引き受けよう。<br>工夫をすれば、面白くなるから。
    つまらない仕事を引き受けよう。
    工夫をすれば、面白くなるから。
  24. 約束は、多いより少ないほうがいい。
    約束は、多いより少ないほうがいい。
  25. ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。<br>運をおすそ分けしてもらえる。
    ラッキーな話を聞く機会があれば、ぜひ聞かせてもらおう。
    運をおすそ分けしてもらえる。
  26. 人は、いったん落ち込んで強くなる。<br>落ち込みは、強くなる前触れ。
    人は、いったん落ち込んで強くなる。
    落ち込みは、強くなる前触れ。
  27. 「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。
    「忙しくて○○する時間がない」という人は、本気になっていないだけ。
  28. 早く終わらせたかったら、早く取りかかる。
    早く終わらせたかったら、早く取りかかる。
  29. 目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。
    目をつぶりながら顔を上に向けると、素直な気持ちを取り戻せる。
  30. 「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。
    「運が悪かった」と言うだけでは、改善も成長もできない。

同じカテゴリーの作品

4:01

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION