気力

一歩踏み出す勇気を出す
30の方法

1
9

嬉しいことがあったときは、
記念撮影。
悲しいことがあったときも、
記念撮影。

嬉しいことがあったときは、記念撮影。悲しいことがあったときも、記念撮影。 | 一歩踏み出す勇気を出す30の方法

悲しいときがあったら、ぜひ記念撮影をしておきましょう。

記念撮影といえば「嬉しいことがあったときにするもの」と考えている人が多いのではないでしょうか。

観光地に行ったとき、美しい景色に興奮して、記念撮影をしたくなります。

受験に合格したとき、嬉し涙を浮かべながら記念撮影をしたくなります。

入学式や卒業式などの人生の節目にも、後から振り返ることができるよう記念撮影です。

 

しかし、記念撮影は、嬉しいことがあったときにするものと考えるのは、思い込みです。

「記念」という意味では、幸・不幸は関係ありません。

不幸のどん底にいて、絶望しているとき。

悲しいことがあって、涙を流しているとき。

つらいことがあって、落ち込んでいるとき。

悲しいことがあったときも、ぜひ記念撮影をしておきましょう。

落ち込んでいる様子でもかまいません。

涙を流して目が赤くなっている顔でもかまいません。

「ぶざまな姿なんて写真に残したくない」

そう思うかもしれませんが、今はそう思うだけです。

そのときはつらくても、後になればいい思い出に変わるのはよくあること。

心が死んでいる時期であっても、立ち直ったとき、明るい気持ちで振り返ることができます。

 

絶望で苦しんでいるときなら、記念撮影をする絶好のタイミングです。

記念撮影は、そのとき撮っておかないといけません。

立ち直ってから撮影しても手遅れです。

そのときしかできないことであり、後から撮りたくなってもできません。

元気がなくて暗い表情かもしれませんが、それでもいいではありませんか。

ありのままの姿ですから、きちんと記念撮影をして、残しておく価値があります。

「なんてひどい表情をしているのだろう」と笑いながら振り返ることができるでしょう。

それも記念であり、いい思い出です。

後になって「このときは最悪だったよ」と笑い話に変わるでしょう。

だから、忘れておかないよう、今のうちに記念撮影をしておくのです。

悲しいことがあったときも、記念撮影なのです。

一歩踏み出す勇気を出す方法(9)
  • 嬉しいことがあったときだけでなく、悲しいことがあったときも、記念撮影をする。
100点主義だから、動けない。
100点主義をやめると、動ける。

もくじ
一歩踏み出す勇気を出す30の方法
嬉しいことがあったときは、記念撮影。悲しいことがあったときも、記念撮影。 | 一歩踏み出す勇気を出す30の方法

  1. 負け惜しみを言う側になるのではない。<br>言われる側になるのだ。
    負け惜しみを言う側になるのではない。
    言われる側になるのだ。
  2. ゆっくり行動するから、勇気が出ない。<br>スピードを出して行動すると、勇気が出る。
    ゆっくり行動するから、勇気が出ない。
    スピードを出して行動すると、勇気が出る。
  3. 「ポジティブ思考」で満足しない。<br>「ポジティブ行動」に取り組む。
    「ポジティブ思考」で満足しない。
    「ポジティブ行動」に取り組む。
  4. 長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。
    長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。
  5. 大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。
    大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。
  6. 「やめたほうがいいでしょうか」と聞くくらいなら、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいいでしょうか」と聞くくらいなら、やめたほうがいい。
  7. 初対面で楽しく長話ができた人は、相性がよいと考えて間違いない。<br>運命の人になるかもしれない。
    初対面で楽しく長話ができた人は、相性がよいと考えて間違いない。
    運命の人になるかもしれない。
  8. 勇気を出したいときは「アクション映画」がうってつけ。
    勇気を出したいときは「アクション映画」がうってつけ。
  9. 嬉しいことがあったときは、記念撮影。<br>悲しいことがあったときも、記念撮影。
    嬉しいことがあったときは、記念撮影。
    悲しいことがあったときも、記念撮影。
  10. 100点主義だから、動けない。<br>100点主義をやめると、動ける。
    100点主義だから、動けない。
    100点主義をやめると、動ける。
  11. ワイヤーガラスのような心を持とう。<br>ひびは入っても、割れにくい。
    ワイヤーガラスのような心を持とう。
    ひびは入っても、割れにくい。
  12. 最高の上司は、自分。<br>最高の部下も、自分。
    最高の上司は、自分。
    最高の部下も、自分。
  13. 「お金持ち」を目指すのではない。<br>「お金を稼ぐ人」を目指す。
    「お金持ち」を目指すのではない。
    「お金を稼ぐ人」を目指す。
  14. 冗談の面白さは、言う側ではなく、言われた側が決めるもの。
    冗談の面白さは、言う側ではなく、言われた側が決めるもの。
  15. 「行き止まり」と思うから、行き詰まる。<br>「単なる壁」と思えば、乗り越えられる。
    「行き止まり」と思うから、行き詰まる。
    「単なる壁」と思えば、乗り越えられる。
  16. 悪い習慣を断ち切るなら、区切りにこだわる必要はない。<br>区切りと成功率は無関係。
    悪い習慣を断ち切るなら、区切りにこだわる必要はない。
    区切りと成功率は無関係。
  17. どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。
    どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。
  18. 直接拍手ができないときは、心の中で拍手をしよう。<br>心の拍手は、心をきれいにする。
    直接拍手ができないときは、心の中で拍手をしよう。
    心の拍手は、心をきれいにする。
  19. あなたはまだ「今」に集中できていない。<br>もっともっと「今」に集中しよう。
    あなたはまだ「今」に集中できていない。
    もっともっと「今」に集中しよう。
  20. つまらない仕事を任されたら喜ぼう。<br>面白くする方法を考える機会に恵まれたから。
    つまらない仕事を任されたら喜ぼう。
    面白くする方法を考える機会に恵まれたから。
  21. 普段から笑っている人は、いざというとき強い。
    普段から笑っている人は、いざというとき強い。
  22. 誇りを持てない仕事なら、誇りを持つ努力をしよう。<br>どうしても誇りを持てないなら、今すぐ転職したほうがいい。
    誇りを持てない仕事なら、誇りを持つ努力をしよう。
    どうしても誇りを持てないなら、今すぐ転職したほうがいい。
  23. もらい泣きは、我慢するものではなく、積極的にしていくもの。
    もらい泣きは、我慢するものではなく、積極的にしていくもの。
  24. 「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。
    「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。
  25. できることすらしないと、できることが減っていく。<br>できることから始めると、できることが増えていく。
    できることすらしないと、できることが減っていく。
    できることから始めると、できることが増えていく。
  26. 怒ることは恥ずかしいこと。<br>器が小さいことを公言することになるから。
    怒ることは恥ずかしいこと。
    器が小さいことを公言することになるから。
  27. 「自分のため」と思うと、勇気が出ない。<br>「大切な人のため」と思うと、勇気が出る。
    「自分のため」と思うと、勇気が出ない。
    「大切な人のため」と思うと、勇気が出る。
  28. 調子の良しあしを、運や偶然だけに頼ってはいけない。
    調子の良しあしを、運や偶然だけに頼ってはいけない。
  29. 明日は今日よりいい1日になる。<br>根拠はなくても、そう信じよう。
    明日は今日よりいい1日になる。
    根拠はなくても、そう信じよう。
  30. アクションを起こすだけで満足しない。<br>大切なのは、アクションを起こし続けること。
    アクションを起こすだけで満足しない。
    大切なのは、アクションを起こし続けること。

同じカテゴリーの作品