アイデア発想

アイデアを考えるのが楽しくなる
30の言葉

3
9

「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、
よいキャッチコピー。

「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

キャッチコピーは、いかにお客様の心をつかめるかです。

ありふれた言葉では、お客様の心をつかめません。

いくら響きのいい言葉でも、陳腐で平凡では、素通りされてしまうでしょう。

キャッチコピーは、いかにお客様の心をつかめるかにかかっています。

 

では、どうすればお客様の心をつかめるキャッチコピーにできるのか。

そこで効果的なのが「疑問を持ってもらえるような言葉」です。

そのキャッチコピーを見たとき「どういう意味だろう?」と思ってもらえる言葉であることが大切です。

キャッチコピーとして適しているのは、一目見ただけでは詳細がわからない言葉です。

疑問を持ってもらうことで「はっきり意味がわからない。もっと詳しく知りたい」と思わせることができます。

疑問を持たせるキャッチコピーのお手本は、書店に行くと、たくさん見ることができます。

本の帯に注目すると、疑問を持たせるキャッチコピーが書かれています。

「歯ブラシで歯を磨くな」

「仕事ができる人は、仕事をサボる」

「頭がいい人は、ばかばかしいことをしている」

「成績がいい人のノートは、ぐしゃぐしゃで汚い」

「痩せている人は、夜中に焼き肉を食べている」

「コンプレックスが、愛される」

「人気者は、陰で努力をしている」

「かわいくない人ほど、モテる可能性を秘めている」

「くだらないアイデアが、世の中を変える」

「なぜあの人は、太っていてもモテるのか」

「会話が苦手な人が、1日でうまくなった方法とは?」

「なぜお金持ちは、2つ折りの財布を使わないのか」

「何も努力しないで、貯蓄が1000万円を超えていました」

「困ってしまうほど、記憶力がなる方法」

「必ず3分で生まれ変われます」

「運命は、3分で変えることができます」

どれも疑問を感じるキャッチコピーです。

「気になる。どういう意味だろう。もっと詳しく知りたい」と思うと、いても立ってもいられなくなります。

お客様はどんどんキャッチコピーに吸い寄せられるでしょう。

勝手に体が動き始め、手に取ってしまいます。

疑問を持たせることで、お客様の心をつかむことができます。

 

 

「誇張」のテクニックが有効

 

疑問を持たせる言葉にするには「誇張」が有効です。

もちろん疑問を持たせる言葉とはいえ、嘘はいけません。

嘘はNGですが、誇張はOKです。

嘘にならない範囲で誇張すると、疑問を持たせる言葉にしやすくなります。

疑問を持たせる言葉に心が引き寄せられ、販売向上につながっていくのです。

アイデアを考えるのが楽しくなる言葉(9)
  • 「何だろう?」と疑問を持たせるキャッチコピーを作る。
作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。
潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。

もくじ
アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉
「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

  1. あなたの頭は、アイデア工場。<br>勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
    あなたの頭は、アイデア工場。
    勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
  2. アイデアは、3分考えることから始めよう。
    アイデアは、3分考えることから始めよう。
  3. アイデア発想に欠かせない3つのポイント。<br>ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
    アイデア発想に欠かせない3つのポイント。
    ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
  4. アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
    アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
  5. 強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
    強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
  6. アイデアの出方には、波がある。<br>出るときは出るが、出ないときは出ない。
    アイデアの出方には、波がある。
    出るときは出るが、出ないときは出ない。
  7. 尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
    尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
  8. 頭が固い人のメモは、整然として美しい。<br>頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
    頭が固い人のメモは、整然として美しい。
    頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
  9. 「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
    「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
  10. 作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。<br>潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
    作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。
    潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
  11. ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
    ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
  12. アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
    アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
  13. アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
    アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
  14. 「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
    「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
  15. 1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
    1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
  16. アイデアが出そうなところをイメージするのではない。<br>アイデアが出たところをイメージする。
    アイデアが出そうなところをイメージするのではない。
    アイデアが出たところをイメージする。
  17. 言い訳も後回しもしない。<br>今すぐアイデアを考え始めよう。
    言い訳も後回しもしない。
    今すぐアイデアを考え始めよう。
  18. 質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
    質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
  19. アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
    アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
  20. アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
    アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
  21. 練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
    練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
  22. アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
    アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
  23. 理性は大切。<br>感性はもっと大切。
    理性は大切。
    感性はもっと大切。
  24. 体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
    体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
  25. アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。<br>呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
    アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。
    呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
  26. 偶然思いつくアイデアもあっていい。<br>まぐれも実力のうち。
    偶然思いつくアイデアもあっていい。
    まぐれも実力のうち。
  27. 黙っていても仕方ない。<br>アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
    黙っていても仕方ない。
    アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
  28. アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。<br>諦めかけたときが正念場。
    アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。
    諦めかけたときが正念場。
  29. アイデアを振り絞る切り札は、根気。
    アイデアを振り絞る切り札は、根気。
  30. アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。
    アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。

同じカテゴリーの作品