気力

一歩踏み出す勇気を出す
30の方法

11
24

「もう1歩、
もう1回、
もう1日」
そう思いながら延々と続けていくのが、
本当の努力。

「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。 | 一歩踏み出す勇気を出す30の方法

「もう苦しくてダメだ」

そう思って諦めそうになったら、次の言葉を思い出してください。

 

「もう1歩、もう1回、もう1日」です。

 

底力を発揮する、励ましの言葉です。

なけなしの力を振り絞る、魔法の言葉でもあります。

苦しくてつらくて心が折れそうでも「あと少しだけ」と思えば、底力が湧いて、気力を振り絞れます。

まだまだ延々と頑張るのは大変であっても、もう少しだけ頑張ることならできるでしょう。

100歩・100回・100日は無理であっても、1歩・1回・1日なら、なけなしの力を振り絞れば、ぎりぎり頑張れるでしょう。

 

「少しだけ頑張っても意味がない」と思うかもしれませんが、そうではありません。

「これが最後」と思いつつ、休憩を取った後、再び「もう1歩、もう1回、もう1日」と頑張ってみる。

そうしてまた「これが最後」と思いつつ、休憩を取った後、再び「もう1歩、もう1回、もう1日」と頑張ってみる。

これを何度も繰り返しながら、少しずつ前に進んでいくのがいいのです。

そのときは「もうダメだ」と思っていても、意外と大丈夫です。

燃え尽きそうでも、きちんと休憩を取れば、元気とやる気が回復しているでしょう。

そのときは諦めかけていても問題ありません。

ちょっと時間を置いて気分転換をすれば、再び気持ちが前向きに戻っているでしょう。

「もう1歩、もう1回、もう1日」を繰り返していけば、いつまでも頑張り続けることができます。

 

 

小さなことを積み上げていくことで、大きなことを達成できる

 

結局のところ、どんなことも「もう1歩、もう1回、もう1日」の繰り返しです。

世界を変えた仕事も、ノーベル賞を受賞した偉業も、時代を超えた芸術も「もう1歩、もう1回、もう1日」を繰り返した結果です。

最初から大きな結果を目指さないことです。

1段ずつ積み上げていき、100段にします。

偉業も同じです。

最初からいきなり偉業を目指さないことです。

「もう1歩、もう1回、もう1日」と、何度も諦めかける場面を繰り返すことで、初めて偉業を達成できます。

小さなことの積み重ねを軽視しないことです。

「千里の道も1歩から」という言葉があるように、小さなことを積み上げていくことで、大きなことを達成できます。

諦めそうになっても、この言葉があれば、あなたは底力を発揮できます。

「もう1歩、もう1回、もう1日」を繰り返しているうちに、100歩、100回、100日になっています。

さらに続けていけば、1000歩、1000回、1000日になっているでしょう。

これが素晴らしいのです。

地味に見えますが、実は一番かっこいい。

諦めかけていても、諦めさえしなければ、仕事は続きます。

「もう1歩、もう1回、もう1日」

そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力なのです。

一歩踏み出す勇気を出す方法(24)
  • 「もう1歩、もう1回、もう1日」と繰り返しながら、延々と続けていく。
できることすらしないと、できることが減っていく。
できることから始めると、できることが増えていく。

もくじ
一歩踏み出す勇気を出す30の方法
「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。 | 一歩踏み出す勇気を出す30の方法

  1. 負け惜しみを言う側になるのではない。<br>言われる側になるのだ。
    負け惜しみを言う側になるのではない。
    言われる側になるのだ。
  2. ゆっくり行動するから、勇気が出ない。<br>スピードを出して行動すると、勇気が出る。
    ゆっくり行動するから、勇気が出ない。
    スピードを出して行動すると、勇気が出る。
  3. 「ポジティブ思考」で満足しない。<br>「ポジティブ行動」に取り組む。
    「ポジティブ思考」で満足しない。
    「ポジティブ行動」に取り組む。
  4. 長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。
    長い行列を見てすぐ並び始める人が、チャンスをつかむ。
  5. 大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。
    大人になってから大失敗をするのは、若いころ遊んでこなかった人。
  6. 「やめたほうがいいでしょうか」と聞くくらいなら、やめたほうがいい。
    「やめたほうがいいでしょうか」と聞くくらいなら、やめたほうがいい。
  7. 初対面で楽しく長話ができた人は、相性がよいと考えて間違いない。<br>運命の人になるかもしれない。
    初対面で楽しく長話ができた人は、相性がよいと考えて間違いない。
    運命の人になるかもしれない。
  8. 勇気を出したいときは「アクション映画」がうってつけ。
    勇気を出したいときは「アクション映画」がうってつけ。
  9. 嬉しいことがあったときは、記念撮影。<br>悲しいことがあったときも、記念撮影。
    嬉しいことがあったときは、記念撮影。
    悲しいことがあったときも、記念撮影。
  10. 100点主義だから、動けない。<br>100点主義をやめると、動ける。
    100点主義だから、動けない。
    100点主義をやめると、動ける。
  11. ワイヤーガラスのような心を持とう。<br>ひびは入っても、割れにくい。
    ワイヤーガラスのような心を持とう。
    ひびは入っても、割れにくい。
  12. 最高の上司は、自分。<br>最高の部下も、自分。
    最高の上司は、自分。
    最高の部下も、自分。
  13. 「お金持ち」を目指すのではない。<br>「お金を稼ぐ人」を目指す。
    「お金持ち」を目指すのではない。
    「お金を稼ぐ人」を目指す。
  14. 冗談の面白さは、言う側ではなく、言われた側が決めるもの。
    冗談の面白さは、言う側ではなく、言われた側が決めるもの。
  15. 「行き止まり」と思うから、行き詰まる。<br>「単なる壁」と思えば、乗り越えられる。
    「行き止まり」と思うから、行き詰まる。
    「単なる壁」と思えば、乗り越えられる。
  16. 悪い習慣を断ち切るなら、区切りにこだわる必要はない。<br>区切りと成功率は無関係。
    悪い習慣を断ち切るなら、区切りにこだわる必要はない。
    区切りと成功率は無関係。
  17. どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。
    どうせ失敗するなら 早く失敗しておこう。
  18. 直接拍手ができないときは、心の中で拍手をしよう。<br>心の拍手は、心をきれいにする。
    直接拍手ができないときは、心の中で拍手をしよう。
    心の拍手は、心をきれいにする。
  19. あなたはまだ「今」に集中できていない。<br>もっともっと「今」に集中しよう。
    あなたはまだ「今」に集中できていない。
    もっともっと「今」に集中しよう。
  20. つまらない仕事を任されたら喜ぼう。<br>面白くする方法を考える機会に恵まれたから。
    つまらない仕事を任されたら喜ぼう。
    面白くする方法を考える機会に恵まれたから。
  21. 普段から笑っている人は、いざというとき強い。
    普段から笑っている人は、いざというとき強い。
  22. 誇りを持てない仕事なら、誇りを持つ努力をしよう。<br>どうしても誇りを持てないなら、今すぐ転職したほうがいい。
    誇りを持てない仕事なら、誇りを持つ努力をしよう。
    どうしても誇りを持てないなら、今すぐ転職したほうがいい。
  23. もらい泣きは、我慢するものではなく、積極的にしていくもの。
    もらい泣きは、我慢するものではなく、積極的にしていくもの。
  24. 「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。
    「もう1歩、もう1回、もう1日」そう思いながら延々と続けていくのが、本当の努力。
  25. できることすらしないと、できることが減っていく。<br>できることから始めると、できることが増えていく。
    できることすらしないと、できることが減っていく。
    できることから始めると、できることが増えていく。
  26. 怒ることは恥ずかしいこと。<br>器が小さいことを公言することになるから。
    怒ることは恥ずかしいこと。
    器が小さいことを公言することになるから。
  27. 「自分のため」と思うと、勇気が出ない。<br>「大切な人のため」と思うと、勇気が出る。
    「自分のため」と思うと、勇気が出ない。
    「大切な人のため」と思うと、勇気が出る。
  28. 調子の良しあしを、運や偶然だけに頼ってはいけない。
    調子の良しあしを、運や偶然だけに頼ってはいけない。
  29. 明日は今日よりいい1日になる。<br>根拠はなくても、そう信じよう。
    明日は今日よりいい1日になる。
    根拠はなくても、そう信じよう。
  30. アクションを起こすだけで満足しない。<br>大切なのは、アクションを起こし続けること。
    アクションを起こすだけで満足しない。
    大切なのは、アクションを起こし続けること。

同じカテゴリーの作品