人生論

人生に迷ったとき
30の言葉

  • 嬉しいことが起きるのを待つのではない。
    嬉しいことを起こしにいこう。
人生に迷ったとき30の言葉

もくじ
  1. 嬉しいことが起きるのを待つのではない。
    嬉しいことを起こしにいこう。

    嬉しいことが起きるのを待っていませんか。
    ラッキーなことが起こるのを待つ。
    いい人と出会えるのを待つ。

  2. 落とし物を拾ったら、100パーセントいいことができる場面。

    あるとき、落とし物を拾う場面があります。
    お手洗いで誰かがポーチを置き忘れていた。
    飲食店の椅子のところに、誰かがコートを置き忘れていた。

  3. 諦めの悪い人が、成功する。

    「諦めの悪い人」
    そう聞いたとき、どんな印象を受けるでしょうか。
    「しつこい」

  4. いらいらしたときは、仏像の表情を思い出そう。

    いらいらした表情をしていませんか。
    気持ちは、表情に表れます。
    いらいらした表情をすると、余計にいらいらする出来事が増えます。

  5. 嫌々妥協すると、運やチャンスが逃げていく。
    喜んで妥協すると、運やチャンスに恵まれる。

    相手と意見や利害が対立しているときに必要なことは何か。
    それは「妥協」です。
     

  6. 「グッド」をつけるだけで、あらゆる不幸がポジティブに変わる。

    不幸に直面したとき、一瞬でポジティブに変える方法があります。
    それは「グッド」をつけて呼ぶことです。
    不幸は、ネガティブな見方をしているにすぎません。

  7. 人の本性は「足元」に現れる。

    人の本性が現れるのはどこか。
    その1つが、あなたの足元です。
    足元は、視界に入りにくく、目立ちにくいところです。

  8. 100点主義になるから、100点に近づけない。
    100点主義をやめるから、100点に近づける。

    100点主義だから、動けない。
    100点主義をやめると、動ける。

  9. 「自分のために」と思うと、なかなか勇気が出ない。
    「誰かのために」と思うと、勇気が出る。

    勇気が出ない理由の1つ。
    それは「自分のため」と思っていることです。
     

  10. 美しい花を見ながら、雑な電話はできない。

    いらいらしているときは、電話対応が雑になりがちです。
    言葉遣いが乱れる。
    話し方がぞんざいになる。

  11. 調味料を使わなくても、簡単においしさを倍増させる3つのポイントとは。

    調味料を使わなくても、簡単においしさを倍増させる方法があります。
    食べるものを工夫するのではありません。
    食べ方を工夫するのです。

  12. 会議は、積極的に発言しないと出席の意味がない。
    少しうるさいと思われるくらいでちょうどいい。

    会議では、積極的な発言を心がけることが大切です。
    提案やアイデアがあれば、どんどん発言しましょう。
    意見や感想も、意味があるなら、ばんばん発言しましょう。

  13. 冗談は「適度」と「過度」のラインを見極めておく。
    冗談を言いすぎると、かえって信用を落とす。

    日常会話では冗談を言うことがあります。
    ふざけたことを言って、相手が困ったら「冗談だよ」と言い、どっと笑いが起こります。
    冗談は、日常会話を盛り上げるネタとして役立ちます。

  14. 思っているだけでは何も変わらない。
    現実を変えるのは行動しかない。

    人は、地球上で最も知性が発達した生き物です。
    脳は小さくても、大きな可能性を秘めています。
    私たちは、頭を使ってさまざまなことが可能です。

  15. 交際成立は、ゴールではなく、新しいスタート。

    好きな人ができて、恋に落ちる。
    会話を楽しんで、お互いの理解を深めていく。
    一緒に食事をしたり出かけたりして、思い出を増やしていく。

  16. 生きがいが1つしかないのは、危ない。

    あなたの生きがいは何ですか。
    「仕事が生きがいです」
    「子供が生きがいです」

  17. 人と会うときだけ、おしゃれをするのではない。
    人と会わないときも、おしゃれを楽しんでみよう。

    あなたがおしゃれをするのはどんなときですか。
    友達と会うとき、デートをするとき、パーティーに出席するとき。
    やはり「人と会うとき」が多いのではないでしょうか。

  18. あなたの歯は「白い宝石」。

    あなたは普段、歯を触ることはありますか。
    歯を見たり磨いたりすることはあっても、じっくり歯を触ることは少ないのではないでしょうか。
    軽く歯に触れるくらいならあるかもしれませんが、意識的に歯を触ることは、意外と少ないはずです。

  19. 旬の食材を食べると、健康寿命が延びる。

    私たちは、4つの季節の中で生きています。
    春夏秋冬です。
    それぞれの季節には「旬の食材」があります。

  20. 間違った行いで勝つくらいなら、正しい行いで負けたほうがいい。

    「正義は必ず勝つ」
    私たちは子供のころから、そう教えられてきました。
    親からも先生からも周りからも「正しい行いをしなさい。正義は勝つ。最後に勝つのは正義」と教えられてきたでしょう。

  21. 感情移入は、悩みを聞くときの必須マナー。

    ときどき人から悩みを聞くことがあります。
    仕事の悩み・恋の悩み・進路の悩みなど、軽い悩みから重い悩みまでさまざまです。
    悩みは、相手の秘密やプライベートを知ることになるため、聞く側にも覚悟が求められます。

  22. 成功するために、必要なものがあります。
    それは、勉強です。
    特定の分野で抜きん出るためには、勉強が欠かせません。

  23. 初期不良があったときは「交換」「返品」を楽しむ場面と思う。

    せっかく購入したものの、初期不良になることがあります。
    不具合があって、うまく動作しません。
    使い方が間違っているのかと思って説明書を見るが、それでも動かない。

  24. 「お撮りしましょうか」と声をかけるあなたは、優しい人。

    観光地に行くと、写真撮影に困っている人たちを見かけることがあります。
    カップルや家族連れです。
    写真撮影では、シャッターを押す人が必要です。

  25. 「もう二度としない」と誓うだけでは不十分。
    二度とできない仕組みを作る。

    人生では、激しく後悔する場面があります。
    ・お酒を飲み過ぎて二日酔いになり、周りに迷惑をかけてしまった
    ・浮気をしてしまい、パートナーを深く悲しませてしまった

  26. 心労は、心の中で暴れ回る悪魔。
    減らす努力をしないと、減らない。

    あなたは今、精神的な疲労を抱えていませんか。
    いわゆる心労です。
    仕事の心労、人間関係の心労、子育ての心労。

  27. 言いかけてやめることほど、感じの悪い話し方はない。

    感じの悪い話し方があります。
    それは「言いかけてやめる話し方」です。
    「あの、えっと……。いや、何でもない」

  28. 友達が困っているときこそ、あなたの出番。

    友達が困っているときがあります。
    疲れて元気がないだけかと思いきや、どうも少し様子が違います。
    何か問題を抱えているようで、表情は曇っていて、困っている様子です。

  29. 不運な時代に生まれたことを嘆く暇があるなら、まず今の競争を勝ち抜け。

    不運な時代に生まれたことを嘆く人がいます。
    「就職氷河期だったせいで、就職がうまくいかなかった」
    「仕事がうまくいかないせいで、仕事も結婚も思うようにいかない」

  30. 成功すれば、幸せになるとは限らない。
    成功したから、不幸になることもある。

    なぜ、あなたは成功を目指しているのですか。
    大きな財産を得たいため。
    社会的に認められたいため。

同じカテゴリーの作品