公開日:2022年10月10日
執筆者:水口貴博

人生100年時代を生きる
30の言葉

  • 人生は、
    1時間40分の映画。
人生100年時代を生きる30の言葉

人生は、1時間40分の映画。

人生とは何か。
人生は、1時間40分の映画です。
あなたが今、10歳だとしましょう。

人生は、1時間40分の映画。

昔の楽しい思い出を振り返るより、これからの楽しい予定を考えよう。

昔の楽しい思い出を振り返るのもいいのです。
楽しかった旅行の思い出、楽しかった夏の思い出、楽しかった学校行事の思い出。
楽しかった思い出を振り返ると、タイムスリップしたような気分になります。

昔の楽しい思い出を振り返るより、これからの楽しい予定を考えよう。

毎月末に今月を振り返ろう。
成果や反省点をチェックして、翌月に生かそう。

毎月末に、やってほしいことがあります。
ぜひ今月を振り返ってみてください。
忙しい毎日を過ごしていると、なかなか自分や仕事を振り返る機会がありません。

毎月末に今月を振り返ろう。成果や反省点をチェックして、翌月に生かそう。

「毎日同じことの繰り返し」と思ったときは、間違い探しゲームの発想で、日々の違いを探してみよう。

「毎日同じことの繰り返し」と思うことはありませんか。
自宅と会社の往復の毎日……。
これといったトラブルはないものの、もやもやした気持ちに包まれます。

「毎日同じことの繰り返し」と思ったときは、間違い探しゲームの発想で、日々の違いを探してみよう。

人生に、同じ天気は1つもない。

人生に、同じ天気は1つもありません。
「同じ天気なら何度も経験している。晴れも雨も何度も経験している」と思うかもしれません。
たしかに大まかに言えばそのとおりですが、もっと天気の小さな点に目を向けてください。

人生に、同じ天気は1つもない。

美しいものを見る機会を、積極的に作っていこう。

美しいものを見る機会を、積極的に作っていきましょう。
あなたにとって「美しい」と感じるものなら何でもかまいません。
美しいものには特別な力があり、見ているだけで良い気分にさせてくれます。

美しいものを見る機会を、積極的に作っていこう。

仕事に役立たないことが、人生を豊かにする。

あなたの生活には「仕事に役立たないこと」をしていますか。
「趣味でも遊びでも、少しでも仕事に役立つことがいいだろう」と考える人は多い。
本は仕事に関係するものを読み、テレビや映画は仕事に関係するものを視聴して、旅行は仕事に関係している場所に行く。

仕事に役立たないことが、人生を豊かにする。

何かを始めるのに、遅すぎることはない。
人生100年時代から見ると、まだまだ時間はある。

人は誰でも老いを迎えます。
若いとは言えない年齢に差しかかったとき、自分の年齢に嘆く人がいます。
「もう30だから」

何かを始めるのに、遅すぎることはない。人生100年時代から見ると、まだまだ時間はある。

しわは、顔にできる年輪。
深みを与える力がある。

「おや。またしわができた。落ち込むなあ」
しわにお悩みですか。
たしかに顔にしわができるのは、あまり嬉しいことではありません。

しわは、顔にできる年輪。深みを与える力がある。

あらゆる感情の中で最も大切なコントロールは、怒り。

人は、感情の生き物です。
一言で「感情」といっても、さまざまな種類があります。
代表的な感情としては「喜び」「怒り」「悲しみ」「楽しみ」の4つが挙げられるでしょう。

あらゆる感情の中で最も大切なコントロールは、怒り。

自分で自分に宿題を出す人が、成長する。

「宿題=人から与えられるもの」と考える人は少なくありません。
たしかに宿題といえば「人から与えられる」というシチュエーションが一般的でしょう。
学校や学習塾では、先生から宿題を出されます。

自分で自分に宿題を出す人が、成長する。

苦手な食べ物に、期待の声をかけよう。
「いつかおいしく食べられる日が来るといいな!」

あなたが苦手な食べ物は何ですか。
苦手な野菜もあれば、苦手な料理もあるでしょう。
苦手な食べ物は1つもないという人もいますが、たいていの人は何か苦手な食べ物があるはずです。

苦手な食べ物に、期待の声をかけよう。「いつかおいしく食べられる日が来るといいな!」

「面白そうだから」という理由だけで、チャレンジしていい。

チャレンジするのに大きな理由を求めていませんか。
「自己成長のため」
「目標達成のため」

「面白そうだから」という理由だけで、チャレンジしていい。

本音で話してくれる人を憎んではいけない。
本音で話してくれる人こそ大切にする。

本音で話してくれる人は、嫌われがちです。
人を不快にさせやすいからです。
本音は耳に痛い言葉です。

本音で話してくれる人を憎んではいけない。本音で話してくれる人こそ大切にする。

長所だけが個性ではない。
短所も立派な個性。

多くの人が「長所=個性」と考えています。
たしかに長所は、強みです。
大切な魅力であり、人生の武器にもなるでしょう。

長所だけが個性ではない。短所も立派な個性。

「あれ」「それ」で済ませていると、脳の老化が加速する。

ぱっと名前を思い出せないときに便利なのが「あれ」「それ」です。
年齢を重ねてくると「あれ」「それ」が増えていきます。
「えっと、なんだっけ、あの人だよ」

「あれ」「それ」で済ませていると、脳の老化が加速する。

今や人生100年時代。
今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。

今日が無駄に終わったとしても、気を落とす必要はありません。
「ああ、今日が無駄になった。無駄な1日を過ごした」と思うかもしれませんが、大げさに考えすぎです。
実は大したことでも何でもありません。

今や人生100年時代。今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。

「面倒くさい」と思うのはいい。
「面倒くさい」と言うのがいけない。

「ああ、面倒くさい、面倒くさい」
ことあるたびに「面倒くさい」とぶつぶつ言う人がいます。
どれほど面倒くさい仕事なのだろうと気になり、詳しく話を聞いてみると、拍子抜けしました。

「面倒くさい」と思うのはいい。「面倒くさい」と言うのがいけない。

1つの名前にとらわれる必要はない。
出世魚のように、成長やステージに応じて新しい名前を付けてみよう。

成長に応じて名前が変わる魚のことを「出世魚」といいます。
出世魚といえば「ブリ」が有名です。
ブリは、生まれたときからブリという名前ではありません。

1つの名前にとらわれる必要はない。出世魚のように、成長やステージに応じて新しい名前を付けてみよう。

勉強は、学校に行かなくても、できる。

勉強するために、学校に行くことを検討している人がいます。
「学校に行けば、たくさん勉強できる」
「学校に行けば、勉強仲間もできるだろう」

勉強は、学校に行かなくても、できる。

旅行は「行けるうちに行く」が正解。

旅行の日程を迷うことがあります。
「今年行こうか、来年行こうか。迷うなあ」
旅行はあくまで物見遊山なので、それほど急ぐ必要はないように思われます。

旅行は「行けるうちに行く」が正解。

貧しいと嘆いてはいけない。
どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。

「貧しい、貧しい」と嘆かないでください。
貧しく感じるのは、心の贅沢ぜいたく病です。
「貧しい」と嘆く人は、いつの間にか満足の基準が高くなっています。

貧しいと嘆いてはいけない。どんなに貧しくても、100年前と比べれば、すべてが豊か。

自宅にお風呂があっても、銭湯に行くことがあっていい。

自宅にお風呂があっても、たまには銭湯に行ってみてください。
近場の銭湯でかまいません。
昔はお風呂がない家も多くありましたが、今は違います。

自宅にお風呂があっても、銭湯に行くことがあっていい。

季節の移り変わりは早い。
せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。

私たちは年齢を重ねるにつれて、不思議な時間感覚を覚えます。
どんどん時間の進み方が早く感じられるようになるのです。
子どものころは1年が長く感じられましたが、大人になると1年はあっという間です。

季節の移り変わりは早い。せめて1つくらいは「季節らしい思い出」を作ろう。

人はいつ死ぬかわからない。
大切な人に伝えたい言葉があるなら、早めに伝えよう。

伝えたい言葉があるなら、早めに伝えてください。
1年後、あなたはこの世にいないかもしれません。
不慮の事故で急に亡くなるかもしれません。

人はいつ死ぬかわからない。大切な人に伝えたい言葉があるなら、早めに伝えよう。

怖いから足を止めるのではない。
足を止めるから怖くなる。

恐怖を感じないためにはどうすればいいでしょうか。
心を鍛えて強くする方法もありますが、もっとシンプルで簡単な方法があります。
足を止めないことです。

怖いから足を止めるのではない。足を止めるから怖くなる。

誰かを批判することもあっていい。
ただし、自分も批判される覚悟を持つこと。

批判することはあっていいのです。
批判は悪いことだと思われがちですが、一概に言い切れません。
批判は、悪口ではありません。

誰かを批判することもあっていい。ただし、自分も批判される覚悟を持つこと。

調子が良いときもある。
調子が悪いときもある。

日常では、調子が悪くて苦しめられるときがあります。
なぜか元気が出ません。
思うように仕事が進みません。

調子が良いときもある。調子が悪いときもある。

97歳で大学を卒業した男性がいる。
年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。

97歳で大学を卒業した男性がいます。
学位は4つも持っているそうです。
若い人でも簡単にはできません。

97歳で大学を卒業した男性がいる。年を取ると記憶力が衰えるのは、ジョークだ。

自分に「若い」と語りかけ、ヤングなアダルトになろう。

若いころは周りから「若いね」言われます。
「若くていいね」
「まだまだ若い」

自分に「若い」と語りかけ、ヤングなアダルトになろう。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION