公開日:2022年5月19日
執筆者:水口貴博

人生観が変わる
30の言葉

  • 死を受け入れると、
    人生観が変わる。
人生観が変わる30の言葉

死を受け入れると、人生観が変わる。

素晴らしい人生を送るために、しっかり自覚してほしいことがあります。
「どんな人も、遅かれ早かれ、最後は死ぬ」ということです。
これには例外がありません。

死を受け入れると、人生観が変わる。

憧れの人になるのはやめる。
誰かになろうとしないで、自分を生きる。

憧れの人はいてもいいのです。
憧れの人がいて、その人に近づくことならできます。
顔や容姿が良かったり、特別な能力や才能があったりなど、きらきら輝く魅力的な人がいれば、思わず見とれてしまうでしょう。

憧れの人になるのはやめる。誰かになろうとしないで、自分を生きる。

嫌いなことは、できるだけ早く終わらせようとする。
好きなことは、できるだけ長く続けようとする。

「これは私にとって好きなことなのだろうか。嫌いなことなのだろうか」
好き嫌いが判断しにくいときはありませんか。
好き嫌いの感覚は自分のことなので、迷わずすぐわかりそうですが、実際はわかりにくいときも多い。

嫌いなことは、できるだけ早く終わらせようとする。好きなことは、できるだけ長く続けようとする。

簡単にリセットボタンを押してはいけない。
諦め癖がつく。

ゲームをプレイしているとき、安易にリセットボタンを押す人がいます。
ちょっとでも気に入らないゲーム展開になったら、すぐリセットボタンに手が伸びます。
「ああ、もう嫌だ。最初からやり直し!」

簡単にリセットボタンを押してはいけない。諦め癖がつく。

祈ってばかりでは、明るい未来はやってこない。
祈るのは、やるべきことをすべてやってからするもの。

行動も何もしないで、祈ってばかりの人がいます。
「成績が上がりますように」
「試合で勝てますように」

祈ってばかりでは、明るい未来はやってこない。祈るのは、やるべきことをすべてやってからするもの。

あらゆる仕事は、社会につながっている。

世の中には、さまざまな仕事があります。
技術職、営業職、事務職、管理職、設計職などなど。
仕事のやる気が起きないときは、自分の仕事が社会につながっていることを思い出してください。

あらゆる仕事は、社会につながっている。

過去に生きる人になってはいけない。
未来に生きる人になろう。

人間には2通りのタイプがいます。
「過去に生きる人」と「未来に生きる人」です。
どちらの人になるかで、人生の生き方が大きく変わってきます。

過去に生きる人になってはいけない。未来に生きる人になろう。

人間には2通りの人しかいない。
「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」。

人間には2通りの人しかいません。
「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」です。
偶然とは、何の因果関係もなく、予期しないことが起こることをいいます。

人間には2通りの人しかいない。「偶然を待つ人」と「偶然を作る人」。

「私は絶対正しい」と思っていると、どんどん生きづらい人生になっていく。

「私は絶対正しい」と思っている人がいます。
特に博識な人や高学歴の人によく見られます。
一生懸命勉強して、自分の知識に自信を持っているのでしょう。

「私は絶対正しい」と思っていると、どんどん生きづらい人生になっていく。

ぬるま湯の環境に居続けてはいけない。

ぬるま湯の環境は、居心地が最高です。
我慢も緊張もない。
悩みや苦しみもなく、疲れやストレスを感じることもない。

ぬるま湯の環境に居続けてはいけない。

人生で最もかけがえのない資産とは。

人生で最もかけがえのない資産とは何でしょうか。
お金でしょうか。
土地でしょうか。

人生で最もかけがえのない資産とは。

息継ぎが下手な水泳選手が採った、あるユニークな方法とは。

あるところに、息継ぎに悩んでいる水泳選手がいました。
クロールは群を抜いて速いのですが、息継ぎに癖があって、スムーズに泳げないでいました。
何度練習してもうまくならない。

息継ぎが下手な水泳選手が採った、あるユニークな方法とは。

今や人生は100年の時代。
今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。

今日が無駄に終わったとしても、気を落とす必要はありません。
「ああ、今日が無駄になった。無駄な1日を過ごした」と思うかもしれませんが、大げさに考えすぎです。
実は大したことでも何でもありません。

今や人生は100年の時代。今日1日が無駄になったくらいで、気を落とす必要はない。

時間を忘れて没頭しているときが、至福の時間。

「至福の時間」
そう聞いて思い浮かべるのは、どんな状況でしょうか。
おいしい料理を味わっているときや入浴を楽しんでいるときを思い浮かべる人もいるでしょう。

時間を忘れて没頭しているときが、至福の時間。

希望があるなら、きちんと伝えること。
思っているだけでは伝わらない。

希望があるなら、きちんと伝えることを心がけましょう。
希望があるにもかかわらず、きちんと伝えない人がいます。
「いちいち口に出さなくても、あの人ならわかってくれるだろう」と思うかもしれません。

希望があるなら、きちんと伝えること。思っているだけでは伝わらない。

寝具にかけるお金は、健康への投資。

あなたに質問です。
1万円のマットレスと5万円のマットレスがあれば、どちらを選びますか。
正解は「5万円のマットレス」です。

寝具にかけるお金は、健康への投資。

優勝したのに、悔し涙を流す人がいた。

ある注目のトーナメントで、見事優勝を果たした選手が大粒の涙を流していました。
インタビュアーがマイクを向け、質問します。
「優勝、おめでとうございます。白熱したプレイでしたね。今のお気持ちは?」

優勝したのに、悔し涙を流す人がいた。

「ありえない」が口癖の人は、人生で損をする。

「ありえない」という一言が口癖になっている人がいます。
「絶対ありえない」
「それはありえないね」

「ありえない」が口癖の人は、人生で損をする。

運命を変えるのに時間はかからない。
その気になれば、今すぐ変えることできる。

運命を変えるのに時間がかかると思っていませんか。
もしそう思っているなら、誤解です。
運命を変えるのに時間はかかりません。

運命を変えるのに時間はかからない。その気になれば、今すぐ変えることできる。

同じ時代を生きていても「日本の未来は暗い」と言う人と「日本の未来は明るい」と言う人がいる。

「日本の未来は暗い」と嘆く人がいます。
テレビをオンにすると、暗いニュースが次から次へ飛び込んできます。
少子高齢化、年金問題、経済の悪化、環境問題など、メディアは不安を誘うニュースのオンパレード。

同じ時代を生きていても「日本の未来は暗い」と言う人と「日本の未来は明るい」と言う人がいる。

過去に挫折したからといって、完全に道が閉ざされたとは限らない。

過去に挫折したことを「道が閉ざされた」と考える人がいます。
大きな夢と希望と抱いてチャレンジしたものの、途中でくじけてダメになったことがあるでしょう。
たしかに挫折は苦く苦しい経験です。

過去に挫折したからといって、完全に道が閉ざされたとは限らない。

歴史人物の家系図は勉強しても、自家の家系図を勉強する人は少ない。

学校では、歴史人物の家系図を暗記しなければいけない場面があります。
歴史の試験で問われることがあるので、覚えなければいけません。
蘇我そが馬子の息子は蘇我蝦夷、蘇我蝦夷の息子は蘇我入鹿

歴史人物の家系図は勉強しても、自家の家系図を勉強する人は少ない。

行動力があるから、夢リストを作るのではない。
夢リストを作るから、行動力が生まれる。

行動力を上げるにはどうすればいいか。
「夢リスト」を作りましょう。
夢リストをご存じですか。

行動力があるから、夢リストを作るのではない。夢リストを作るから、行動力が生まれる。

ひどい言葉は、言った側は忘れていても、言われた側が覚えている。

ひどい言葉は、言うほうは忘れていても、言われたほうが覚えているものです。
子どものころを思い出してください。
人からひどい言葉を言われて、強烈なショックを受けた経験があるでしょう。

ひどい言葉は、言った側は忘れていても、言われた側が覚えている。

疑問が湧いたらすぐ調べる癖をつけることで、新しい自分に近づいていく。

読書やテレビ視聴を楽しんでいるとき、ふと素朴な疑問が湧くことがありませんか。
「なぜ虹はアーチ状なのだろうか?」
「国によって主食が異なるのはなぜだろうか?」

疑問が湧いたらすぐ調べる癖をつけることで、新しい自分に近づいていく。

どんなに笑われる状況であっても、理解者は必ず存在する。

みんなに笑われたことに悩んでいる人がいます。
「試合で負けたので、みんなに笑われました」
「告白して振られたので、みんなに笑われました」

どんなに笑われる状況であっても、理解者は必ず存在する。

「若さ」の定義なんて、あってないようなもの。
一生若者でいることも夢ではない。

あるところに「もう年だから」と嘆く70代がいました。
何を始めるにも遅すぎるように感じて、今さら新しいことを始める気になれないでいました。
深いしわが目立ち、髪はほぼ白髪。

「若さ」の定義なんて、あってないようなもの。一生若者でいることも夢ではない。

就寝前は、今日起こったラッキーな出来事を3つ思い出そう。

あなたは今日、ラッキーな出来事に3つ恵まれています。
「幸運なことなんてない」
「3つどころか1つもない」

就寝前は、今日起こったラッキーな出来事を3つ思い出そう。

今日が平和であることを喜ぼう。
平和ほど、幸福なことはない。

今日が平和な1日であったことを喜びましょう。
「平和」ということは「トラブルがない」「特別なこともない」ということです。
普通で当たり前のことに思うかもしれませんが、そうではありません。

今日が平和であることを喜ぼう。平和ほど、幸福なことはない。

心に響いた名言が、あなたの人生を変える。

本を読んでいると「心に響く名言」と出会うことがあります。
ビジネス書を読んでいるとき、はっとさせられる一文に出会うがあるでしょう。
小説を読んでいるとき、登場人物のセリフに心が動かされることがあるでしょう。

心に響いた名言が、あなたの人生を変える。

同じカテゴリーの作品

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION