執筆者:水口貴博

上品な人になる
30の方法

6
2

上品な人になるために注意したい3つのファッション。

上品な人になるために注意したい3つのファッション。 | 上品な人になる30の方法

上品な女性になるなら、注意したいファッションが3つあります。

  1. 派手なファッション
  1. 流行のファッション
  1. カジュアルなファッション

もちろんそれぞれのファッションに問題があるわけではありません。

むしろそれぞれに魅力があってすてきですが、あくまで「上品」を考えているなら、注意したほうがいいでしょう。

(注意したいファッション1)
派手なファッション

「上品」を考えているなら、派手なファッションには要注意です。

自分の存在を誇示するような派手な服装は、周りからうっとうしく思われます。

奇抜なものが多く、ぎらぎらした様子が目立つと、上品の妨げになります。

あまり派手な様子が目立つと、かえって下品に見えてしまうことも少なくありません。

(注意したいファッション2)
流行を取り入れたファッション

たしかに流行を取り入れたファッションは、おしゃれです。

時代の波に乗っている魅力があり、最先端であるため、多くの人の注目を集めることができるでしょう。

華やかな自分を演出したり、流行そのものを楽しんだりできます。

流行が悪いわけでもありません。

流行ファッションを身につけると、心がわくわくして、外出も楽しくなるでしょう。

しかし、あくまで流行なので、季節ごとに大きく変わります。

流行ファッションは、時代の波に乗っている魅力がある一方、少し安定感に欠けるところがあります。

今年に流行したファッションが、来年には古くてダサく見えてしまうことがあります。

流行が悪いわけではありませんが、取り入れるなら、最小限にするといいでしょう。

(注意したいファッション3)
ラフなファッション

ラフなファッションもすてきです。

楽な格好なので、気軽に着たり手軽に楽しんだりできます。

出かけるときだけでなく、部屋着としても使え、活用範囲が広い。

手軽に楽しみたいときには、最高のファッション。

ラフなファッションは、種類が多いため、おしゃれのバリエーションを楽しめるでしょう。

しかし、ラフなファッションは形式張っていない魅力がある一方、高級感と重厚感に欠けるところがあります。

上品な女性に見られるためには、最低限の安定と品格が必要です。

あくまで上品な女性を目指すのであれば、ラフなファッションには注意したほうがいいでしょう。

「カジュアル」という範囲のラフならいいですが、だらしない感じが目立つラフは避けたほうがいいでしょう。

ベストは、シンプルで落ち着いたファッション

あくまで上品な女性を考えているなら、ベストは「シンプルで落ち着いたファッション」です。

流行に左右されないファッションがいいでしょう。

シンプルで落ち着いたファッションは、一見すると地味です。

地味ですが、落ち着いた雰囲気が漂っているから、上品に見えます。

時代に左右されないから安定と落ち着きがあり、安定と落ち着きがあるから上品に映ります。

余計な柄は不要です。

柄に迷ったら、無地が無難です。

落ち着いたファッションだからといって、おしゃれができないと思うのは誤解です。

上手に着こなせば、上品な印象を醸し出しつつ、おしゃれな雰囲気を出せます。

シンプルな服装でも、アクセサリーがアクセントになれば、上品なおしゃれを演出できます。

上品な人になる方法(6)
  • 派手なファッション・流行ファッション・ラフなファッションは避ける。
  • シンプルで落ち着いたファッションにする。
安易な露出は、品格を落とす。

上品な人になる30の方法
上品な人になる30の方法

  1. 品格は、生まれや育ちで決まるものではない。<br>個人の努力によって身につけるもの。
    品格は、生まれや育ちで決まるものではない。
    個人の努力によって身につけるもの。
  2. 挨拶ができない人に、上品な人はいない。
    挨拶ができない人に、上品な人はいない。
  3. 上品な人は、3つの余裕を心がけている。<br>時間の余裕、お金の余裕、心の余裕。
    上品な人は、3つの余裕を心がけている。
    時間の余裕、お金の余裕、心の余裕。
  4. 上品な人には「落ち着いた動作」がある。
    上品な人には「落ち着いた動作」がある。
  5. 上品な人には「清潔感」がある。<br>清潔感を出すための、6つのポイント。
    上品な人には「清潔感」がある。
    清潔感を出すための、6つのポイント。
  6. 上品な人になるために注意したい3つのファッション。
    上品な人になるために注意したい3つのファッション。
  7. 安易な露出は、品格を落とす。
    安易な露出は、品格を落とす。
  8. アクセサリーで大切なのは「動き」ではなく「輝き」。<br>控えめな主張のほうが、長く印象に残る。
    アクセサリーで大切なのは「動き」ではなく「輝き」。
    控えめな主張のほうが、長く印象に残る。
  9. 上品な人は、常に謙虚で腰が低い。
    上品な人は、常に謙虚で腰が低い。
  10. 上品な人は、落ち着いた声で話す。
    上品な人は、落ち着いた声で話す。
  11. 上品な人は、感情のコントロールができる。<br>感情のコントロールは、最初からあるものではなく、鍛えていくもの。
    上品な人は、感情のコントロールができる。
    感情のコントロールは、最初からあるものではなく、鍛えていくもの。
  12. 上品な人は、基本的なマナーが身についている。
    上品な人は、基本的なマナーが身についている。
  13. 上品な人には「強い芯」がある。
    上品な人には「強い芯」がある。
  14. 大口を開けて「あはは」と笑うと、上品に見えない。<br>口元を手で隠して「おほほ」と笑うと、上品に見える。
    大口を開けて「あはは」と笑うと、上品に見えない。
    口元を手で隠して「おほほ」と笑うと、上品に見える。
  15. 上品な人は、感謝の習慣を大切にしている。
    上品な人は、感謝の習慣を大切にしている。
  16. 上品な人は、社会常識が身についている。
    上品な人は、社会常識が身についている。
  17. ネガティブキーワードは、品格を下げる言葉。<br>ポジティブキーワードは、品格を上げる言葉。
    ネガティブキーワードは、品格を下げる言葉。
    ポジティブキーワードは、品格を上げる言葉。
  18. 上品な人は、余計な音を立てない。
    上品な人は、余計な音を立てない。
  19. きれいな字が書けるだけで、上品な印象を与えることができる。
    きれいな字が書けるだけで、上品な印象を与えることができる。
  20. 自慢や軽蔑をする人に、上品な人はいない。
    自慢や軽蔑をする人に、上品な人はいない。
  21. 上品な人は「そろえること」を大切にしている。
    上品な人は「そろえること」を大切にしている。
  22. 片手で十分より、両手で十二分。
    片手で十分より、両手で十二分。
  23. 普段から読書をしている人は、自然と顔に表れる。
    普段から読書をしている人は、自然と顔に表れる。
  24. 上品な人は、さりげない気遣いができる。
    上品な人は、さりげない気遣いができる。
  25. 上品な人は、精神的に自立している。
    上品な人は、精神的に自立している。
  26. 品格に欠かせないのは「自立心」と「独立心」。<br>上品な人は、1人で行動することができる。
    品格に欠かせないのは「自立心」と「独立心」。
    上品な人は、1人で行動することができる。
  27. 下品な人は、激しい情熱を燃やしている。<br>上品な人は、静かな情熱を燃やしている。
    下品な人は、激しい情熱を燃やしている。
    上品な人は、静かな情熱を燃やしている。
  28. 上品な人は、いざというとき、速やかに行動できる。
    上品な人は、いざというとき、速やかに行動できる。
  29. 上品だから与えるのではない。<br>与えるから上品になっていく。
    上品だから与えるのではない。
    与えるから上品になっていく。
  30. 上品な人は、去り際が美しい。
    上品な人は、去り際が美しい。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION