アイデア発想

アイデアを考えるのが楽しくなる
30の言葉

2
2

アイデアは、
3分考えることから始めよう。

アイデアは、3分考えることから始めよう。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

アイデアを考えるには、どのくらい時間が必要でしょうか。

どのくらい気合が必要でしょうか。

「アイデアを考える」と聞くと、まとまった時間を確保して、気合を入れなければいけないと思うかもしれません。

もちろん時間や気合があるに越したことはありません。

まとまった時間があったほうが、アイデアを考えることに専念しやすくなるでしょう。

気合を入れたほうが、脳のパフォーマンスもよくなり、アイデアが浮かびやすくなるでしょう。

時間も気合も、ないよりあったほうがいいのは間違いありません。

 

しかし、ここに注意ポイントです。

いちいち時間や気合を気にしていては、いつまで経ってもアイデア発想に取りかかれません。

時間が必要とわかった瞬間、タイミングを考えてしまいます。

気合が必要とわかった瞬間、おっくうな気持ちになります。

抵抗感が出ると、取り組みにくくなる。

取り組んだとしても、面倒な気持ちのままでは、アイデアを考えるモチベーションにも悪影響が出ます。

頭が働きにくくなり、アイデアをスムーズに考えるのも難しくなるのです。

 

もっと気軽に考えましょう。

アイデアは、3分考えることから始めればいいのです。

「3分だけでいいの?」と思いますが、その発想がよくありません。

3分とはいえ「まとまった時間」です。

30分も1時間も考えるのは大変に感じても、3分だけなら簡単に感じるのではないでしょうか。

「たった3分ではアイデアが思いつかない」と思うかもしれませんが、誤解です。

3分あるなら、3分なりにアイデアが出ます。

アイデアは、インスピレーションです。

長い時間をかけたぶんだけ素晴らしいアイデアが出るとは限りません。

3分という短い時間であっても、流れ星のようにインスピレーションが湧いて、素晴らしい着想が得られることもあります。

また、アイデアを3分考えていれば、勢いも出てきます。

ひとまず仕事を始めたことになるので、気持ちにスイッチが入り、頭が働き始めます。

じわじわテンションが上がっていき、勢いが出てくるでしょう。

3分考えているつもりが、気づけば、1時間考えることになっているでしょう。

3分考えるだけで、頭が「アイデアモード」に切り替わっているはずです。

まとまった時間は不要です。

気合も気負いも必要ありません。

アイデアは、3分考えることから始めましょう。

3分後には、頭が「アイデアモード」に切り替わっているはずです。

アイデアを考えるのが楽しくなる言葉(2)
  • 3分だけアイデアを考えることから始める。
アイデア発想に欠かせない3つのポイント。
ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。

もくじ
アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉
アイデアは、3分考えることから始めよう。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

  1. あなたの頭は、アイデア工場。<br>勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
    あなたの頭は、アイデア工場。
    勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
  2. アイデアは、3分考えることから始めよう。
    アイデアは、3分考えることから始めよう。
  3. アイデア発想に欠かせない3つのポイント。<br>ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
    アイデア発想に欠かせない3つのポイント。
    ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
  4. アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
    アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
  5. 強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
    強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
  6. アイデアの出方には、波がある。<br>出るときは出るが、出ないときは出ない。
    アイデアの出方には、波がある。
    出るときは出るが、出ないときは出ない。
  7. 尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
    尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
  8. 頭が固い人のメモは、整然として美しい。<br>頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
    頭が固い人のメモは、整然として美しい。
    頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
  9. 「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
    「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
  10. 作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。<br>潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
    作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。
    潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
  11. ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
    ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
  12. アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
    アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
  13. アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
    アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
  14. 「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
    「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
  15. 1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
    1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
  16. アイデアが出そうなところをイメージするのではない。<br>アイデアが出たところをイメージする。
    アイデアが出そうなところをイメージするのではない。
    アイデアが出たところをイメージする。
  17. 言い訳も後回しもしない。<br>今すぐアイデアを考え始めよう。
    言い訳も後回しもしない。
    今すぐアイデアを考え始めよう。
  18. 質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
    質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
  19. アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
    アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
  20. アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
    アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
  21. 練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
    練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
  22. アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
    アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
  23. 理性は大切。<br>感性はもっと大切。
    理性は大切。
    感性はもっと大切。
  24. 体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
    体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
  25. アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。<br>呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
    アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。
    呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
  26. 偶然思いつくアイデアもあっていい。<br>まぐれも実力のうち。
    偶然思いつくアイデアもあっていい。
    まぐれも実力のうち。
  27. 黙っていても仕方ない。<br>アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
    黙っていても仕方ない。
    アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
  28. アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。<br>諦めかけたときが正念場。
    アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。
    諦めかけたときが正念場。
  29. アイデアを振り絞る切り札は、根気。
    アイデアを振り絞る切り札は、根気。
  30. アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。
    アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。

同じカテゴリーの作品