アイデア発想

アイデアを考えるのが楽しくなる
30の言葉

3
15

1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、
アイデアの総監督になれる。

1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

アイデアを考えるときは、ノートが欠かせません。

思いついたことをノートに書き留めることで、後から振り返ることができるようになります。

どんなに記憶力が悪い人でも、記録さえしておけば、消えることはありません。

情報を整理したり肉付けしたりするためにも、こまめに書き留めていくことが大切です。

もちろん1種類のノートでもいいのですが、もっと便利にする工夫があります。

それは「1軍ノート・2軍ノート」です。

野球における「1軍」「2軍」をイメージするとわかりやすいでしょう。

野球では、選手の実力に応じて「1軍・2軍」という昇格・降格の仕組みがありますが、それをアイデア発想にも応用する形です。

アイデアを書き留めるノートにも、1軍ノート・2軍ノートの2種類を準備することで、情報を整理しやすくなります。

 

2軍ノート

 

思いついたアイデアは、まず2軍ノートに書き留めるようにします。

字やレイアウトは気にせず、どんどん書き込むようにします。

小さなアイデアから大きなアイデアまで、とにかくひらめいたアイデアをすべて書き留めるのがポイントです。

もちろんアイデアだけでなく、気になったメモや情報もどんどん書き込んでもいいでしょう。

2軍ノートに書き込むことで、いったん情報を寝かせる効果も得られます。

 

 

1軍ノート

 

2軍ノートの中から「これはよい」「これは使える」と思ったものを、1軍ノートに書き写すようにします。

野球に例えると、代表を選抜するようなイメージです。

すると1軍ノートには、良質なアイデアがそろうようになります。

アイデアの見通しがよくなって、アイデアを発展させたり、次のアイデアを考え出したりしやすくなります。

もちろんいったん1軍に昇格させたものの「やはり使えない」と思ったアイデアは、2軍ノートに降格させます。

「1軍」という名にふさわしいよう、少し立派なノートにしてみる工夫も面白いでしょう。

 

§

 

1軍ノート・2軍ノートの工夫は必須ではありませんが、好みに応じて試してみる価値はあるでしょう。

少し書き写す手間は増えますが、物理的にノートを分けることで情報を整理しやすくなります。

特に膨大なアイデアを出さなければいけないときに有効な方法です。

アイデア発想に、プロ野球のような仕組みを取り入れてみると、監督になったような気分を味わえるでしょう。

遊び心やユーモアも加わるため、ますますアイデア発想が楽しくなるはずです。

1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれるのです。

アイデアを考えるのが楽しくなる言葉(15)
  • 1軍ノートと2軍ノートを用意する。
アイデアが出そうなところをイメージするのではない。
アイデアが出たところをイメージする。

もくじ
アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉
1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。 | アイデアを考えるのが楽しくなる30の言葉

  1. あなたの頭は、アイデア工場。<br>勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
    あなたの頭は、アイデア工場。
    勝手な思い込みで、操業停止に追い込まないこと。
  2. アイデアは、3分考えることから始めよう。
    アイデアは、3分考えることから始めよう。
  3. アイデア発想に欠かせない3つのポイント。<br>ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
    アイデア発想に欠かせない3つのポイント。
    ばかになること、子供に戻ること、遊び心で考えること。
  4. アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
    アイデアパーソンになっても、アイデアオタクになるな。
  5. 強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
    強い意志があってこそ、アイデア発想を成し遂げられる。
  6. アイデアの出方には、波がある。<br>出るときは出るが、出ないときは出ない。
    アイデアの出方には、波がある。
    出るときは出るが、出ないときは出ない。
  7. 尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
    尊敬する人になったつもりで考えると、発想の幅が広がる。
  8. 頭が固い人のメモは、整然として美しい。<br>頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
    頭が固い人のメモは、整然として美しい。
    頭が柔らかい人のメモは、ぐしゃぐしゃで汚い。
  9. 「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
    「何だろう?」と疑問を持たせる言葉が、よいキャッチコピー。
  10. 作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。<br>潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
    作品は、加えるだけでなく、削ることも大切。
    潔く削る勇気が、作品の完成度を高める。
  11. ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
    ネタを集める力が、アイデアを出す力になる。
  12. アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
    アイデア専用のメモ帳を作るだけで、アイデア力がアップする。
  13. アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
    アイデアを考えるだけで、アイデア力を鍛えるトレーニングになっている。
  14. 「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
    「自分はわかっていない」という前提から考えると、アイデアが生まれる。
  15. 1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
    1軍ノート・2軍ノートを準備するだけで、アイデアの総監督になれる。
  16. アイデアが出そうなところをイメージするのではない。<br>アイデアが出たところをイメージする。
    アイデアが出そうなところをイメージするのではない。
    アイデアが出たところをイメージする。
  17. 言い訳も後回しもしない。<br>今すぐアイデアを考え始めよう。
    言い訳も後回しもしない。
    今すぐアイデアを考え始めよう。
  18. 質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
    質問を変えるだけで、いいアイデアが出る。
  19. アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
    アイデアを考え出すことは、大いなる投資。
  20. アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
    アイデアは、隠すより話したほうがいい、3つのメリットとは。
  21. 練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
    練りすぎたアイデアは、作られすぎて面白くない。
  22. アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
    アイデアを出しすぎて、怒られることはない。
  23. 理性は大切。<br>感性はもっと大切。
    理性は大切。
    感性はもっと大切。
  24. 体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
    体を鍛えて体力をつけることが、アイデア発想の底力になる。
  25. アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。<br>呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
    アイデアが出ないから、呼吸が浅くなるのではない。
    呼吸が浅いから、アイデアが出なくなる。
  26. 偶然思いつくアイデアもあっていい。<br>まぐれも実力のうち。
    偶然思いつくアイデアもあっていい。
    まぐれも実力のうち。
  27. 黙っていても仕方ない。<br>アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
    黙っていても仕方ない。
    アイデアに自信があるなら、積極的にアピールしよう。
  28. アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。<br>諦めかけたときが正念場。
    アイデア発想は、ダイヤモンドの採掘。
    諦めかけたときが正念場。
  29. アイデアを振り絞る切り札は、根気。
    アイデアを振り絞る切り札は、根気。
  30. アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。
    アイデアが報われなかった悔しさは、次の仕事で晴らそう。

同じカテゴリーの作品