まとめ
(アイデアを出す30の方法)
アイデアを出す30の方法

  • 計画的にアイデアを出すなら「なんとなく」ではなく「方法論」で取り組む
  • アイデアに、センスや才能は必要なく、方法と努力であることを理解する。
  • アイデアの意味を確認する。
  • アイデアとは、既存要素の新しい組み合わせにすぎないことを理解する。
  • アイデアに必要な資料を集める。
  • アイデアを出す5段階を理解する。
  • 最初は質より量を意識する。
  • 常識にとらわれず、非常識に考える。
  • アイデアを考えるときは、ばかになる。
  • 「変わり者」と言われることを恐れない。 「変わり者」という一言は、褒め言葉だと考える。
  • まず逆に考えてみる。
  • 常に書き留める準備をしておく。
  • アイデアを出すときは、根拠を気にしない。 根拠は、アイデアを仕上げるときに考えればいい。
  • インターネットだけの情報収集で満足せず、リアルの体験を大事にする。
  • 部屋にこもってばかりでなく、外に出て、さまざまな刺激を受け取る。
  • アイデアのヒントを探す際は、明確な目標を決めておく。
  • 何でもヒントにする。
  • 理由も根拠もなくていいので、ひたすら新しい組み合わせを試し続ける。
  • アイデアが出ないときは、制約を作る。 制約の目安に迷ったときは、まず「3」から始めてみる。
  • アイデアのヒントを見つけるなら、見出しやまとめを活用する。
  • 自分の感覚に従って、アナログとデジタルを使い分ける。
  • ときどき気分転換やリフレッシュをして、脳を休ませる。
  • 小さなひらめきを軽視せず、大きく発展させていく。
  • 「1つのアイデアには、100万円の価値がある」と考えて、書き留めるモチベーションを上げる。
  • アイデア発想を楽しむ。
  • 最初の形にこだわらないようにする。
  • 自分だけでアイデアを完結させようとせず、人の意見を取り入れてみる。
  • アイデアパーソンになったつもりで、アイデア作業に取りかかる。
  • アイデアがひらめきやすい環境として「4B」を利用する。
  • アイデアが出て、完成すれば、1分1秒でも早く実行する。

同じカテゴリーの作品

関連記事

© HAPPY LIFESTYLE CORPORATION