スキル

論理的思考力を鍛える
30の方法

7
8

頭の中だけで考えず、
書き出してみる。

頭の中だけで考えず、書き出してみる。 | 論理的思考力を鍛える30の方法

頭の中だけで考えようとしていませんか。

「考える」という作業は、頭の中で行われます。

思考や判断をするのも、頭の中。

発想や想像をするのも、頭の中。

重要な決断を下すのも、頭の中。

そのため、考えるときには、1人でうんうんうなりながら考えることが多いのではないでしょうか。

頭の中だけで上手に正解まで導きたいところですが、実際のところ、なかなか難しいのが現実です。

頭の中だけで考えようとしても、思考がもつれたり曖昧になったりして、情報の整理が困難です。

思考は、もやもやした状態から始まります。

もやもやした考えを、頭の中で最初から最後まで完結させるのは至難のわざ。

頭の中で情報を整理したり考えを深めたりするのは限界があります。

誤解や勘違い、物忘れやど忘れも起こりやすくなるでしょう。

そんなときこそ、書き出してみましょう。

メモ帳・ノート・ホワイトボード。

パソコン上のテキストでもかまいません。

思考力を鍛えるためには、書き出す癖をつけることが大切です。

文字・絵・表など、自由に書き出します。

書く行為は基本的なことなので、すでに重要性を理解している人もいるかもしれませんが、あらためて意識したい点です。

書き出すと、考えがはっきり目に見える形になります。

目に見える形になることで、情報の分類が容易になって、整理しやすくなります。

抽象的だった思考が具体的になり、主観的だった思考が客観的になります。

一度文字として書き出すことで、冷静に物事を見ることができるようになるため、鋭い考え方を発見しやすくなります。

情報の整理がしやすくなり、深い思考を実現しやすくなります。

ためらうことなく、どんどん積極的に書き出していきましょう。

一度文字として書き出せば、消さないかぎり、一生残せます。

一瞬思いついたことでも、さっと書いてしまえば、記録に残せます。

記録さえ残せば、そのときは役立たなくても、後から役立つことがあるでしょう。

書きすぎてしまえば、後から二重線を引けばいいだけです。

考えが整理されたから書くのではありません。

書くから考えが整理されていくのです。

書き出す行為は、恥ずかしいことでも情けないことでもありません。

むしろ積極的に書き出していく行為は、積極的に思考を深めようとする姿です。

書けば書くほど、思考が前進します。

書き出す習慣があれば、どんどん思考力が鍛えられていきます。

論理的思考力を鍛える方法(8)
  • 頭の中だけで考えず、書き出す。
すぐ解答を確認する癖があると、思考力は鍛えられない。

もくじ
論理的思考力を鍛える30の方法
頭の中だけで考えず、書き出してみる。 | 論理的思考力を鍛える30の方法

  1. なぜ論理的思考力が必要なのか。
    なぜ論理的思考力が必要なのか。
  2. 論理的思考力は、本を読むだけでは鍛えられない。
    論理的思考力は、本を読むだけでは鍛えられない。
  3. 学校教育で身についた一問一答の呪縛から解放されること。
    学校教育で身についた一問一答の呪縛から解放されること。
  4. 論理的思考力を鍛える基本。<br>素朴なことに疑問を持って、理由を考える。
    論理的思考力を鍛える基本。
    素朴なことに疑問を持って、理由を考える。
  5. 論理的思考力とは、筋道を立てて考える力。<br>早く結論を出す力ではない。
    論理的思考力とは、筋道を立てて考える力。
    早く結論を出す力ではない。
  6. 情報が不足していれば、論理的思考も難しい。
    情報が不足していれば、論理的思考も難しい。
  7. まず自分で考えるのが基本。<br>安易に相談しようとしない。
    まず自分で考えるのが基本。
    安易に相談しようとしない。
  8. 頭の中だけで考えず、書き出してみる。
    頭の中だけで考えず、書き出してみる。
  9. すぐ解答を確認する癖があると、思考力は鍛えられない。
    すぐ解答を確認する癖があると、思考力は鍛えられない。
  10. 言葉の意味や定義を理解しているか。<br>誤解していないか。
    言葉の意味や定義を理解しているか。
    誤解していないか。
  11. 話し方が曖昧だと、論理も曖昧になる。
    話し方が曖昧だと、論理も曖昧になる。
  12. 視点の数だけ思考が深まる。
    視点の数だけ思考が深まる。
  13. フレームワークを、論理的思考に生かす。
    フレームワークを、論理的思考に生かす。
  14. 論理的思考に必要なのは、感情ではなく、理性。
    論理的思考に必要なのは、感情ではなく、理性。
  15. 先入観や思い込みで考えようとしていないか自問する。
    先入観や思い込みで考えようとしていないか自問する。
  16. 論理的思考には、情報の整理整頓が欠かせない。<br>きちんと分類して、きれいにまとめる。
    論理的思考には、情報の整理整頓が欠かせない。
    きちんと分類して、きれいにまとめる。
  17. 事実と事実以外を分けて考えるようにする。
    事実と事実以外を分けて考えるようにする。
  18. 「収束的思考」と「拡散的思考」を使い分けることで、思考力を鍛える。
    「収束的思考」と「拡散的思考」を使い分けることで、思考力を鍛える。
  19. 論理的思考を深める2つの質問。<br>「だから何?」「それはなぜ?」
    論理的思考を深める2つの質問。
    「だから何?」「それはなぜ?」
  20. 仮説だけで満足しない。<br>検証の手間暇を怠らない。
    仮説だけで満足しない。
    検証の手間暇を怠らない。
  21. 前提や初期設定が間違っていないか。
    前提や初期設定が間違っていないか。
  22. 結論から話すだけで、論理的思考力が鍛えられる。
    結論から話すだけで、論理的思考力が鍛えられる。
  23. 「どこかに必ず正解はある」と信じることで、思考力の底力が目覚める。
    「どこかに必ず正解はある」と信じることで、思考力の底力が目覚める。
  24. 休憩を入れることで、論理的思考が深まることもある。
    休憩を入れることで、論理的思考が深まることもある。
  25. なかなか正解が見つからなくても、諦めない。<br>筋力に限界はあるが、思考力には限界がない。
    なかなか正解が見つからなくても、諦めない。
    筋力に限界はあるが、思考力には限界がない。
  26. 勘を働かせることで、論理的思考の近道を見つけやすくなる。
    勘を働かせることで、論理的思考の近道を見つけやすくなる。
  27. 考え抜いて出た結論を、誰かに説明してみる。
    考え抜いて出た結論を、誰かに説明してみる。
  28. 説得するための客観的データがないときは、経験が役立つ。
    説得するための客観的データがないときは、経験が役立つ。
  29. 議論や討論の場は、論理的思考力を鍛えるチャンス。
    議論や討論の場は、論理的思考力を鍛えるチャンス。
  30. 楽しむ気持ちこそ、論理的思考力を鍛える最大のコツ。
    楽しむ気持ちこそ、論理的思考力を鍛える最大のコツ。

同じカテゴリーの作品