スキル

大事な場面でチャンスをつかむ
30の方法

  • チャンスは、
    流れ星。
大事な場面でチャンスをつかむ30の方法

もくじ

チャンスは、流れ星。

チャンスは、流れ星。

チャンスとは、流れ星です。
ふとした瞬間に突然現れ、さっと目の前を横切ります。
あっと思った瞬間には、もう夜空に消えてしまっている。

チャンスを求めていないと、チャンスに出会えない。

チャンスを求めていないと、チャンスに出会えない。

流れ星に出会うためには、当然ですが、夜空を見上げていないといけません。
下を向いていては、夜空に流れ星が横切っても気づくことさえできません。
夜空を見上げていないと、100パーセント流れ星に出会えない。

チャンスが現れる前から努力をしている人が報われる。

チャンスが現れる前から努力をしている人が報われる。

ある日、突然自分の目の前に王子さまが現れた。
しかし、恥ずかしくて話しかけることができない。
王子さまに見合うだけの自分ではないから。

チャンスをつかめる人は、つかめる習慣がある。

チャンスをつかめる人は、つかめる習慣がある。

チャンスをつかめる人は、ただ運がいい人と思われがちです。
努力も体力も必要なく、たまたま訪れた好機をものにした人と思われがちです。
しかし、勘違いしてはいけません。

チャンスが来るまで待たない。
チャンスは自分で作り出す。

チャンスが来るまで待たない。チャンスは自分で作り出す。

あなたはチャンスをつかむことを「数少ないチャンスをつかむこと」だけと考えているのではないでしょうか。
たしかにチャンスは、少ない。
少ないからこそ、チャンスといいます。

チャンスは日常にあふれている。
気づけない自分がいるだけ。

チャンスは日常にあふれている。気づけない自分がいるだけ。

チャンスは、誰にでもやってくるわけではありません。
正確に言えば、誰にでもやってきていますが、努力をしていない人は、ほとんどのチャンスに気づかず通りすぎてしまいます。
1つのことに集中している人は、定まった焦点で物事を考えるため、それしか見えてこないようになります。

話しかけようか迷っているうちに、チャンスは消えてしまう。

話しかけようか迷っているうちに、チャンスは消えてしまう。

私は以前、気になる人に話しかけようかどうしようか迷っているうちに、その子が突然いなくなってしまった経験がありました。
転勤なのか、引っ越しなのか、詳しい理由はわかりません。
とにかく、何かの事情でもう私の目の前に現れることはなくなりました。

タクシーの運転手さんに話しかければ、思わぬ情報が手に入る。

タクシーの運転手さんに話しかければ、思わぬ情報が手に入る。

私はタクシーに乗ったとき、運転手さんに話しかけるようにしています。
何を話しかけるかというと、本当にたわいないことです。
「この辺りは住宅街なんですか」

チャンスを生かす3大要素。
「お金」「体力」「メンタル」

チャンスを生かす3大要素。「お金」「体力」「メンタル」

チャンスは流れ星です。
ぱっと現れては、ぱっと消えます。
もたもたしている暇はありません。

メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。

メモを取る習慣は、チャンスをつかむ習慣。

私には、メモを取る習慣があります。
それはもう何でもかんでもメモしてしまうほどです。
HappyLifeStyleで書く文章は、どれも日常の中でふと思いついたアイデアです。

まずお気に入りを1つ見つける。
すると全体が輝き始める。

まずお気に入りを1つ見つける。すると全体が輝き始める。

あなたはある日、美術館へ訪れた。
たくさんの絵が飾られている。
そんなとき、あなたはまずどうしますか。

「できません」と言って断らない。
「難しい」という言葉を使おう。

「できません」と言って断らない。「難しい」という言葉を使おう。

先生から難しい宿題を出されたとき。
上司から不可能と思えるような仕事をお願いされたとき。
友達から無理な注文をされたとき。

感謝の言葉の後に、もう一言加えよう。

感謝の言葉の後に、もう一言加えよう。

「ありがとうございました」
レストランでおいしい食事を終えて、あなたはお店の人に、一言感謝の言葉を述べます。
お店から出ていく。

お世話になっていない人にも「ありがとう」と言っていますか。

お世話になっていない人にも「ありがとう」と言っていますか。

「ありがとう」という言葉は、聞いて誰もが嬉しくなる言葉です。
この感謝の言葉は、シンプルな一言です。
だからこそ、使い方によって、チャンスをつかめる量も変わります。

長いところにチャンスはない。
短いところにチャンスがある。

長いところにチャンスはない。短いところにチャンスがある。

私の友達に、いつも話の長い人がいます。
話しかければ、いつの間にか相手ばかりが話している。
20分も30分も話し続けていることは当たり前。

長い行列で、不機嫌な表情をしない。

長い行列で、不機嫌な表情をしない。

東京ディズニーランドでは、長い行列が当たり前です。
30分待ちや1時間待ちは当然であり、時には2時間以上も待たされることも珍しくありません。
短い行列があれば、ディズニーランドらしくありません。

質問を交えて話しかければ、すてきな出会いが生まれる。

質問を交えて話しかければ、すてきな出会いが生まれる。

いつも通っているフィットネスクラブで、ある日、店頭に大きな花が飾ってありました。
いつもは何も置いていない場所に、開店祝いの花のような大きな花飾りです。
ほとんどの人が気づいている様子でしたが、花飾りについて詳しく話をしている人はいませんでした。

「今すぐ行動」の習慣で、チャンスがつかみやすくなる。

「今すぐ行動」の習慣で、チャンスがつかみやすくなる。

チャンスをつかめない人には、いつもある決まった習慣があります。
「後からやろう」
「いつかやろう」

本を読んでも、行動しなければ意味がない。

本を読んでも、行動しなければ意味がない。

本は、チャンスの塊です。
先人からの知恵の塊です。
「こうすれば、うまくいく。幸せになれる。効率がよくなる」という教えが、数多く詰まっています。

約束時間の10分の違いで、印象はまったく異なる。

約束時間の10分の違いで、印象はまったく異なる。

約束の時間に、ぴったり到着というのは難しい。
たいていの場合、人間は「早めに到着」か「遅れて到着」かの2とおりのパターンにわかれます。
約束の時間には、早めに到着したほうが必ず得をします。

お金のかからない表情は、笑顔が一番。

お金のかからない表情は、笑顔が一番。

ときどき素晴らしい笑顔で話しかけてくる人がいます。
スーパーのレジのお姉さんだったり、学習塾の先生であったり、仕事の上司であったりです。
初対面の人から知り合いまで、生活の中で人と接する場面はさまざまですが、コミュニケーションでは常に表情はつきものです。

「want」を大切にすれば、自然とチャンスは巡ってくる。

「want」を大切にすれば、自然とチャンスは巡ってくる。

英語で「want」とは「~したい」という意味です。
自分の欲求を表現するときに、wantという単語を使います。
「want」を大切にする生き方をすると、自然とチャンスも増えていきます。

相手が口にしていない声を聞くと、人間関係が向上する。

相手が口にしていない声を聞くと、人間関係が向上する。

文学には「行間を読む」という言葉があります。
行と行の間には、文章として書かれていなくても著者が書きたい言葉が隠れているということです。
はっきり文字として表現はされていませんが、文脈の流れから言いたいことを感じ取るということです。

「無理です」と即答する人は、実は真剣に考えていない。

「無理です」と即答する人は、実は真剣に考えていない。

仕事で難しいお願いをされたときに「無理です」と即答する人がいます。
3秒と間を置かずに、すぐ「できません。できるわけがありません。無理です」と答える人です。
あなたは、そうした癖に心当たりがありませんか。

挨拶されるより、挨拶しよう。

挨拶されるより、挨拶しよう。

チャンスをつかめない人は、常に挨拶を「される側」です。
チャンスをつかめる人は、常に挨拶を「する側」です。
挨拶だけで、なぜわかるのかというと、姿勢の違いが表れているからです。

「許せない」と憎んでいるとき、自分が一番疲れてしまう。

「許せない」と憎んでいるとき、自分が一番疲れてしまう。

嫌いな人がいる。
憎い人がいる。
許せない人がいる。

すぐ謝る人は、チャンスを大切にしている人。

すぐ謝る人は、チャンスを大切にしている人。

知り合いに、すぐ謝る人がいます。
ささいなことで「ごめんなさい」「すみません」とすぐ謝り、いつも腰が低い人です。
いつも謝る彼は、人間関係がほかの誰より一番うまくいっています。

「でも」から話し始めると、チャンスが逃げていく。

「でも」から話し始めると、チャンスが逃げていく。

「でも、私はできない」
「でも、それではうまくいかないよ」
「でも、違うと思う」

本代は、チャンス代も含まれている。

本代は、チャンス代も含まれている。

私は、本をよく衝動的に買ってしまいます。
少々高い本でも、一期一会と思い、思いきって購入します。
「これが読みたい」という興味のある本なら、本の値段にかかわらず、すぐ購入します。

誰もがやりたくないことに、チャンスがある。

誰もがやりたくないことに、チャンスがある。

チャンスは誰も手をつけていないところに存在します。
誰も手をつけていないのですから、宝物がたくさんあります。
誰もが手をつけていないくらいですから、当然みなが嫌がることです。

同じカテゴリーの作品