同棲

同棲を仲良く楽しく過ごす
30の方法

読んだ お気に入り3
3

挨拶とは、
相手の存在を認めること。
挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。

挨拶とは、相手の存在を認めること。挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。 | 同棲を仲良く楽しく過ごす30の方法

一緒に暮らし始めても、挨拶だけは続けましょう。

いついかなるときも、挨拶だけは必要不可欠。

仲がいいときだけではありません。

元気がないときや疲れているときも、挨拶だけは続けましょう。

たとえ喧嘩をして不仲になったとしても、挨拶だけは続けること。

挨拶とは何か。

単なる社交的・儀礼的な言葉ではありません。

挨拶とは、相手の存在を認めることでもあります。

挨拶をするからこそ、円滑にコミュニケーションを始めることができ、良好な人間関係を築けます。

挨拶をしなくなると、相手の存在を認めないことになります。

無視をすると「あなたはこの世にいません。私にとって価値の低い存在です」と言っているのと同じになります。

相手の存在を否定していることになります。

挨拶がなくなると、喧嘩をしていなくても、2人の関係に不協和音が生じ始めます。

そのため、どんなときでも、挨拶だけは続けましょう。

朝起きたら「おはよう」と挨拶をする。

寝るときは「おやすみ」と挨拶をする。

「いってきます」「いってらっしゃい」も「ただいま」「おかえり」も大切な言葉。

挨拶をするたびに、相手の存在を認めることになります。

挨拶に重要な情報が含まれているわけではありませんが、心をつなぐ機能があります。

「存在してくれてありがとう。これからも仲良くしていこう」と言っているのと同じです。

挨拶は、結婚をしても老夫婦になっても、一生続けたい習慣です。

喧嘩をして不仲になっても、挨拶さえ続けていれば、だんだん仲が戻っていくのです。

まとめ

同棲を仲良く楽しく過ごす方法 その3
  • どんなときでも、挨拶だけは続ける。
相手の家事に不満があっても、自分のやり方を押し付けないこと。

もくじ
同棲を仲良く楽しく過ごす30の方法
挨拶とは、相手の存在を認めること。挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。 | 同棲を仲良く楽しく過ごす30の方法

  1. 同棲を始めたら、できるだけ生活リズムを合わせる。
  2. 同棲に協調性は必要であっても、こだわりすぎないこと。
  3. 挨拶とは、相手の存在を認めること。
    挨拶なくして円滑な関係はあり得ない。
  4. 相手の家事に不満があっても、自分のやり方を押し付けないこと。
  5. 苦手や不慣れは「挑戦」と考えると、緊張が吹き飛び、やる気が出る。
  6. 家事のモチベーションを上げるコツは「2人のため」を意識すること。
  7. 同棲で大切なのは、譲り合いの精神。
  8. 学生同士の同棲で心がけたい3つのポイント。
  9. 社会人同士の同棲で心がけたい3つのポイント。
  10. 社会人と学生の同棲で心がけたい3つのポイント。
  11. 学生と社会人の同棲で心がけたい3つのポイント。
  12. ニートや無職の人と同棲するときの注意ポイント。
  13. ルールや役割分担を決めるときは、楽しむ気持ちになろう。
  14. 「ルール」と思うから、つらくなる。
    「自分との約束」と思えば、楽になる。
  15. 独自のルールで、ルール厳守が持続する仕組みを作る。
  16. ワンルームで個室を作るなら、カーテンを活用する。
  17. 金銭感覚が違うなら、できるだけ同じにすればいい。
  18. テレビは、2人をつなぐコミュニケーションツール。
  19. 生活にハグの習慣を取り入れ、愛情と恋人気分を保つようにする。
  20. 話す力は大切。
    聞く力はもっと大切。
  21. 相手の気持ちは、完全に理解できなくていい。
    大切なのは、相手の気持ちを理解しようとする姿勢。
  22. 同棲で朝起きられないときの3つの対策。
  23. 彼女の生理痛を理解する、シンプルな方法。
  24. 同棲をしているからといって、友達を捨てる必要はない。
  25. 外出理由が気になっても、必要以上に聞きすぎないこと。
  26. 「ストレスが多い」という相談は「余裕を作りたい」に言い換えよう。
  27. 2人でダイエットをすれば、スリムと節約を同時に実現できる。
  28. 時間と体力を節約できるなら、最新機器の導入も選択肢。
  29. ダメ出しが多くなると、2人の関係も悪くなる。
    感謝や褒め言葉が多くなると、2人の関係もよくなる。
  30. 同棲の悩みは、誰に相談するべきか。

同じカテゴリーの作品