人生の教科書



同棲
相手の状態が悪いときに、仲直りをするのは難しい。
夫婦関係
相手が喜ぶプレゼントを贈って、仲直りのきっかけにする。
夫婦関係
たっぷり気持ちをつづった手紙を送ってみる。
同棲
昔のメッセージを読み返すと、仲直りをしたい欲求を高まってくる。
夫婦関係
わざとすねた様子を見せて、相手の同情を誘う。
同棲
助けを求めれば、2人で一緒に協力する機会を作れる。
同棲

同棲中の喧嘩で仲直りをする
30の方法

お気に入り0 読んだ
9

相手の気持ちを理解するだけで、
仲直りがしやすくなる。

相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなる。 | 同棲中の喧嘩で仲直りをする30の方法

まず相手の気持ちを理解しましょう。

まだ謝っていなくてもかまいません。

まだ仲直りの方法を決めていなくてもかまいません。

相手の気持ちを理解するだけでいいのです。

  • 「相手の気持ちなんて理解できない。考えたくもない。想像するなんて吐き気がする」

嫌がる人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに喧嘩直後は、怒りや恨みが強くて、相手の気持ちを考えるどころではないかもしれません。

興奮が大きいと、感情が邪魔をして、冷静に考えるのも難しいでしょう。

相手を理解しようとしたところで、お互いの立場が違うので、限界もあるでしょう。

 

しかし、頑固の一点張りはよくありません。

心が落ち着いてきたら、できるだけ相手の立場を想像して、気持ちの理解に努めてみてください。

完全に理解できなくてもいいので、できるだけ想像力を働かせて、相手の気持ちを理解してみましょう。

時間がなくて、仕方なかったこと。

ストレスが多くて、余裕がなかったこと。

体調が悪くて、ぎりぎりの状態だったこと。

相手の立場を想像しているうちに、気持ちも理解できるようになっていくでしょう。

心の中で「大変だっただろうな」という同情の気持ちが湧くでしょう。

「申し訳ないことをした」という後悔が強くなるでしょう。

「自分のほうが悪かった」と反省の念も生まれるでしょう。

同情・後悔・反省が強くなるにつれて、仲直りに対する抵抗感や嫌悪感も小さくなっていくはずです。

そして、仲直りをしたい気持ちがぐっと強くなっていくでしょう。

気づけば、身も心も仲直りしやすい状態になっているはずです。

3分だけでいいのです。

3分すら長いなら、1分でもいい。

「もし相手の立場だったらどうなっていただろう」と考えてみましょう。

相手の気持ちを理解するだけで、仲直りがしやすくなります。

まとめ

同棲中の喧嘩で仲直りをする方法 その9
  • 相手の気持ちを理解する。
普通に「ありがとう」と言うのではない。
嬉しそうに「ありがとう」と言おう。

もくじ
(同棲中の喧嘩で仲直りをする30の方法)

同じカテゴリーの作品