同棲

同棲から結婚に進むための
30のポイント

お気に入り0 読んだ
15

遠慮は大切であっても、
遠慮をしすぎないこと。

遠慮は大切であっても、遠慮をしすぎないこと。 | 同棲から結婚に進むための30のポイント

同棲では、言葉や行動に注意してください。

自分ばかり主張しては、わがままで身勝手になり、2人の関係は悪くなります。

同棲では「譲り合いの精神」が必要不可欠。

自分ばかり主張するのではなく、時には遠慮したり譲ったりすることで良好な関係が保てます。

 

では、とにかく遠慮を徹底すればいいかというと、それは違います。

「パートナーの意見や要求は、どんなことでもすべて受け入れようとする」

「言いたいことがあっても、ぐっとこらえる」

「不満があっても、一言も漏らさない」

これは違うのです。

遠慮は大切であっても、遠慮のしすぎはよくありません。

遠慮ばかりになると、奴隷のような状態になり、重労働を強いられます。

自分はパートナーの言いなりになってしまい、偏りや不公平が生まれます。

遠慮をして我慢をすれば、喧嘩は回避できるかもしれませんが、ストレスがたまります。

ストレスは、自覚があるとは限りません。

慢性的になると、無自覚のまま、ストレスを抱え込むこともあります。

どんどんストレスがたまり続けると、肉体だけでなく、精神もむしばんでいきます。

最終的にため込んだストレスが爆発するのです。

同棲は、2人の主張のバランスが大切です。

遠慮も大切ですが、遠慮のしすぎには注意しましょう。

譲れないことがあれば、遠慮せずに言いましょう。

我慢できないことなら、相手を不快にさせたとしても、きちんと言ったほうがいい。

時には喧嘩に発展することもあるかもしれませんが、必要な喧嘩もあります。

喧嘩ができるのは、仲がいい証拠でもあります。

言いたいことを言うからこそ、話し合う機会も生まれ、ちょうどよい妥協案も生まれます。

自分を押し殺さず、大切なことはきちんと主張しましょう。

言いたいことを言える関係のほうが、短期的に大変でも、長期的には楽になります。

まとめ

同棲から結婚に進むためのポイント その15
  • 遠慮のしすぎに注意する。
適度な距離感を保つと、同棲もうまくいく。

もくじ
同棲から結婚に進むための30のポイント
遠慮は大切であっても、遠慮をしすぎないこと。 | 同棲から結婚に進むための30のポイント

  1. 同棲は、結婚へのファイナルステージ。
  2. 同棲は、1日ごとに結婚への階段を上っている。
  3. 同棲をゴールにしないこと。
    同棲はあくまで通過点。
  4. 同棲は「結婚の予行演習」だけでない。
    「結婚の準備期間」でもある。
  5. 「結婚前提」と「婚約」は、似て非なるもの。
  6. 同棲では、嘘が通用しにくくなる。
  7. 「気がかりなことがあったら何でも言ってね」と伝えておくと、2人の心の距離が縮まる。
  8. 譲れないことを決めるときは、お互いの数を同じにしておくのがよい。
  9. 共通の目標には、同棲を安定させる力がある。
  10. 言いたいことを言い合える関係を築いておく。
  11. 同棲中に見栄を張ると、結婚が遠のく。
  12. 同棲と結婚の違いとは。
  13. 人生プランは話し合うのに、早すぎることはない。
  14. 「お金を貯める」を「結婚資金を貯める」と言い換えるだけで、結婚に近づく。
  15. 遠慮は大切であっても、遠慮をしすぎないこと。
  16. 適度な距離感を保つと、同棲もうまくいく。
  17. 生活の中でも食事の時間は別格。
    深いつながりを強化できる時間。
  18. 大きな借金問題は、パートナーに打ち明けるべきか。
  19. 同棲が1カ月続くごとに、お祝いをしよう。
  20. 浮気・暴力・ギャンブルは、結婚して治るものではない。
  21. 同棲中は、結婚のアピールのしすぎに注意する。
  22. 急いで結婚しても、離婚になっては意味がない。
  23. 結婚資金を貯めてばかりで喧嘩別れになっては、意味がない。
  24. 同棲で破局したときのリスクは、男性より女性のほうが大きい。
  25. 同棲が長く続くほど安定とは限らない。
  26. 無計画な妊娠は、大幅に同棲計画を狂わせる意外な盲点。
  27. パートナーが体調を崩しているときこそ、あなたの出番。
    献身的な看病で、しっかりサポートする。
  28. 長く交際しているのに、親を紹介されない理由とは。
  29. 結婚の話を受け流されるなら、相手のご両親に協力をお願いする。
  30. いざとなれば、逆プロポーズも1つの選択肢。

同じカテゴリーの作品