人生の教科書



同棲

同棲がうまくいく
30のルール

  • 「彼氏彼女」である前に
    「一緒に暮らす仲間」として見ること。
同棲がうまくいく30のルール

もくじ

1
★0

「彼氏彼女」である前に「一緒に暮らす仲間」として見ること。

同棲を始めるなら、まずパートナーに対する考え方が大切です。 普通の感覚では、パートナーを「彼氏彼女」として考えるのが一般的ではないでしょうか。 もちろん正しい認識ですが、ここが落とし穴です。 同棲で「彼氏彼女」という認識が強いと、恋愛感情のため、正しい判断を狂わせることがあります。 たとえば、2人で同棲のルールを決める場面があるとします。 パートナーを「彼氏彼女」という前提で考えると、話がこじれやすくなるでしょう。 「彼氏なら、これをしてくれて当然だよね」 「彼女なら、これくらいできるよね」 「交際しているのだから、喜んで我慢してくれるよね」 「彼氏彼女」という認識が強いと、恋愛感情が影響して、解釈に不自然な偏りが生じます。 善悪・合理性・道徳観念が歪み、正しい判断がしにくくなる。 話がややこしくなり、公平にルールを決めにくくなるのです。 恋愛感情は大切ですが、時と場合によっては恋愛感情が邪魔になることに注意してください。 同棲とは、共同生活です。 恋愛感情は大切ですが、振り回されてはいけません。 いくら最愛の彼氏彼女であっても、その前に1人の人間です。 同棲を始めるなら、いったん恋愛感情を抜きにして考えるほうがうまくいきます。 「彼氏彼女」である前に「一緒に暮らす仲間」として見ることを心がけてください。 「恋人同士の生活」と考える前に「人間同士の共同生活」と考える。 「一緒に暮らす仲間なのだから、協力や気遣いが大切だよね」と思えるのではないでしょうか。 協力や気遣いの意識が自然に芽生えるでしょう。 最低限の礼儀作法が必要であることが直感的に理解できるでしょう。 余計な恋愛感情に惑わされにくくなるため、ルールを決めやすくなります。 同棲に対する認識が正常になり、ルールや役割分担を公平に決めやすくなるのです。 パートナーのことを「彼氏彼女」と考える前に「一緒に暮らす仲間」として接する。

2
★1

同棲で大切な3つの精神。
「譲り合いの精神」「感謝の精神」「助け合いの精神」。

同棲生活で大切な精神が、3つあります。 「譲り合いの精神」「感謝の精神」「助け合いの精神」です。 どれも同棲を成功に導くには欠かせないポイントです。 1つだけ心がけるのではなく、3つとも偏りなく心がけることが大切です。 ●譲り合いの精神 2人が一緒に暮らすと、価値観や生活習慣にぶつかることがあります。 そんなとき、自分ばかり主張しては、対立が深まって関係が悪くなります。 時には自分の主張を取り下げ、相手に譲りましょう。 パートナーに譲ることで、衝突を最小限に抑えられます。 譲ることで「あなたを大切にしています」という気持ちも伝えられます。 価値観や生活習慣に違いがあっても、摩擦を抑え、ギャップを小さくできます。 ●感謝の精神 同棲で忘れがちなのが、感謝です。 最初のうちはパートナーの好意や親切に感謝していても、慣れてくると、だんだん当たり前の感覚になります。 「してくれて当然」と思って、感謝を省くのはよくありません。 してもらうのが当たり前の感覚になると、だんだん感謝の言葉が減っていきます。 感謝の言葉がなくなると、パートナーは労働を強いられているような感覚になり、不満を持つでしょう。 マンネリや倦怠期を招く原因にもなります。 「ありがとう」という言葉は、人間関係の基本の言葉。 同棲が長くなって十分慣れ親しんだ関係になっても、感謝の言葉をきちんと伝えることが大切です。 ●助け合いの精神 困ったときは、助け合いです。 パートナーが困っているときは、あなたの出番です。 損得は関係なしに助けましょう。 自分が困っているときは、無理をせず、パートナーに助けてもらいましょう。 体は別々であっても、心は1つであることを思い出してください。 助けたり助けてもらったりするのは、2人の絆を深めるチャンスでもあります。 2人が助け合えば、発揮できる力も2倍になります。 大きな困難があっても、乗り越えていけるのです。 同棲では「譲り合いの精神」「感謝の精神」「助け合いの精神」の3つを大切にする。

3
★0

できるだけ明るい同棲を心がけよう。

同棲では、ルールを決めたり、束縛が増えたりなど、大変なことが増えます。 お互いの価値観や生活習慣が違って、いらいらすることもあるでしょう。 時には意見が対立して、言い争うこともあるかもしれません。 2人が調子を合わせて生活するのは、なかなか大変なこと。 同棲は、二人三脚と言えるでしょう。 しかし、せっかくの同棲も、ストレスで暗くなっては、幸せが壊れてしまいます。 暗い同棲では、先行きも怪しくなるでしょう。 家に帰る足取りが重くなり、ため息も増えます。 幸せであるはずの自宅が、息苦しい場所になってはいけません。 できるだけ明るい同棲になるよう心がけましょう。 明るい同棲にするには、それ相応の心がけが必要です。 いつもにこにこした明るい笑顔を心がけます。 パートナーとの会話は、できるだけ明るく楽しくなるよう心がけます。 ネガティブな話題は避け、ポジティブな話題を選びましょう。 相手をけなすのではなく、褒めるような話をしましょう。 話がすれ違うことがあれば、むっとするよりにこにこしたほうが明るい雰囲気になります。 おならがあれば、笑ってごまかす。 誤解や勘違いがあっても、気づいていないふりで済ませる。 小さなミスや失敗があっても、怒るのではなく、笑って許すことも大切です。 意識をしてにこにこを増やしましょう。 同棲全体に明るい雰囲気が漂えば、ストレスがあっても、ポジティブな刺激へと変わります。 ルールや束縛があっても、適度な緊張感として楽しめます。 同棲が明るければ、パートナーは「いつまでも一緒にいたい」と思い、結婚へのステップアップがスムーズになるのです。 できるだけ明るい同棲を心がける。

4
★0

家事の役割分担を決めるときの5つのポイント。

家事を決めるときは、何を基準にしますか。 2人で話し合って決めるのが基本ですが、大変なときもあります。 初めての同棲なら、役割分担の基準や要領が分からず、話し合いが難航する場合も少なくありません。 おみくじやじゃんけんで適当に決めるのもいいですが、そぐわない場面もあるでしょう。 運や偶然で決めると、不自然に偏ることもあります。 苦手なことでも多少克服してもらう必要はありますが、得手不得手が関係していることは限界もあるでしょう。 そこで、家事の役割分担を決めるときは、次の5つのポイントを参考にしてみてください。 (ポイント1)得意・不得意を尊重する 人には誰でも、得意・不得意が存在します。 家事の役割分担するとき、得意不得意を基準にした決め方がいいでしょう。 たとえば、料理の得意な人が炊事を担当したり、きれい好きの人が掃除を担当したりなどです。 自分の性格や特徴に合っていることなら、取り組むのも楽になります。 (ポイント2)古い考えで決め付けない 「生活費は男が出すものだ」「家事は女がするものだ」など、古い考えで決め付けるのはよくありません。 同棲に関するお金も仕事も、2人に関係した事情です。 古い考えにとらわれず、多少の偏りはあってもいいので、できるだけ2人で協力することが大切です。 (ポイント3)忙しさによって微調整する 忙しさは時期によって変動します。 たとえば、自分が繁忙期で忙しくなるときなら、パートナーに家事を手伝ってもらいます。 逆にパートナーが繁忙期で家事をする余裕がないときは、できるだけ手伝うようにします。 仕事に忙殺される日々では、家事に手が回らなくて当然です。 役割分担は絶対ではなく、あくまで基本とし、忙しさに応じて助けたり助けてもらったりするのがいいでしょう。 家事の仕事量をまったく同じにするのは難しいですが、大切なのは助け合いです。 状況に応じて臨機応変に微調整を行うことで、愛の感じられる助け合いが実現できます。 (ポイント4)一緒に家事をする機会を作る 家事の役割分担を個別に設定するのもいいですが、2人の行動がばらばらになってしまいます。 そこで、2人で家事をする機会をいくつか作りましょう。 たとえば、2人で料理を作る時間です。 一緒に協力しながら食事をすると、結束や一体感を高める機会になるでしょう。 2人が協力して作った料理も、いつも以上においしく感じられるはずです。 2人で買い物に行くのもよい機会です。 「これがほしい」「おいしそうだね」など、2人で仲良く話しながら食材を選ぶのは、デートのような楽しい時間になるでしょう。 一緒に選んだ食材で作った料理なら、いっそうおいしく感じられるはずです。 (ポイント5)曜日ごとに担当を変えるより、仕事ごとに担当を決めるのが無難 同棲で役割分担を決める際、2つのパターンがあります。 (1)曜日ごとに担当を変えるパターン (2)仕事ごとに担当を決めるパターン もちろん2人が話し合って決めればいいのですが、基本的な考え方があります。 事情がなければ、役割分担は、曜日ごとに担当を変えるより、仕事ごとに担当を決めるのが無難です。 つまり、曜日単位より仕事単位です。 曜日ごとに担当を変えるのもいいですが、毎日「今日は何曜日だろうか」という確認の手間が増えます。 家事の種類が頻繁に変わったり、仕事をする日・しない日が入れ替わったりするため、習慣化しにくいデメリットがあります。 燃えるごみの日に、ごみを出し忘れやすいのと同じです。 悪気はなくても、ど忘れや勘違いが発生しやすいため、ミスや不注意を招きやすくなります。 几帳面でしっかりした人なら大丈夫ですが、そうでないなら注意が必要です。 そのため役割分担は、曜日ごとに担当を変えるより、仕事ごとに担当を決めるほうがいいでしょう。 まず2人で話し合って、それぞれの家事の担当を決めます。 いったん家事の担当が決まれば、責任感と自主性を高めるため、できるだけ相手の仕事に手出ししないよう心がけます。 自分が担当する家事の範囲が明確になることで、責任感が出てきます。 一定の家事に集中することで、慣れも上達も速くなるメリットもあります。 もちろん決めた担当をずっと固定するわけではなく、一定期間が経てば、お互いの仕事を入れ替えるといいでしょう。 炊事や買い物などの一部の家事は、例外として2人で協力することにすれば、2人の負担がバランスよく整います。 家事の役割分担を決めるときは、5つのポイントを考慮する。

5
★0

ルールは、ほどほどが大切。

同棲を始めるときには、ルールを作ることになります。 ルールを作らず、臨機応変に対応するのもいいですが、いちいち考えたり話し合ったりするのは非効率でしょう。 ルールは、ないよりあったほうが快適です。 たとえば、炊事・掃除・洗濯などの家事についてルールを作ります。 食器を洗うルール・ごみ出しのルール・掃除のルール。 食器を洗うルールについても、細かく洗い方まで決めることもできます。 ルールを作れば、いちいち考えたり話し合ったりする手間暇が減るため、快適になります。 ルールは必須ではありませんが、同棲をスムーズにするためにも、無理ない範囲で作っておくのが得策です。 ただし、ルールを作るのはいいですが、厳しすぎないようにすることが大切です。 ルールを一つ一つ細かく作る。 ルールを破ったときの罰則を作る。 どんな状況でも、例外を許さない。 ルールが多かったり厳しすぎたりすると、従うのが大変です。 まさしく「束縛」になってしまい、息苦しい生活になります。 ルールは本来、生活を快適にするためのものですが、厳しすぎると、ストレスの原因になります。 同棲を快適にするためのルールが、2人の仲を悪くさせることになっては意味がありません。 ルールは、ほどほどが大切です。 無理のない範囲で作り、ある程度の例外も許容したほうがいいでしょう。 たとえば、細かい状況については、あえてルールを作らず「その都度、臨機応変に対応する」ということにする。 食器洗いの当番も、自分が忙しいときには手伝ってもらい、自分に余裕があるときは手伝うようにする。 仕方ない事情なら、ルールを守れなくてもよしとする。 適度であってこそ、ルールの価値が発揮されます。 「ほどほど」の目安は、2人で話し合って決めるといいでしょう。 「少し厳しすぎるね」と思ったら、少し緩和させるといいでしょう。 ちょうどよいルールができれば、同棲生活はますます快適になります。 ルールを作るときは、厳しすぎず、ほどほどにする。

6
★0

ルールを作るときは、理由が大事。

ルールを作るときは、理由が大事です。 ルールを作ることは、束縛を増やすことでもあります。 単にルールを増やすだけでは、ストレスも増えて、窮屈になります。 ルールの内容によっては、パートナーは嫌がって、素直に納得してくれないかもしれません。 そんなときに大事なのが「理由」です。 ルールを作る際、理由も添えて説明すれば、パートナーの理解が得られやすくなります。 たとえば「会社から出たときは、帰宅前に連絡をすること」というルールを作ったとします。 ルールの内容だけ聞けば、面倒でわずらわしく思えますが、理由を添えて説明すると、印象が変わります。 「自宅で待っている身としては心配。食事やお風呂の準備もあるから、連絡があると助かる」 理由を添えて説明すれば、ルールに意味があることを理解してもらえるでしょう。 「できるだけ迷惑をかけたくない」という気持ちを促せます。 パートナーは事情に納得して、きちんとルールを守ろうとしてくれるはずです。 また「最低でも月に1回は外でデートしよう」というルールを作ったとします。 ルールだけで聞けば「なぜわざわざ外でデートするのだろう」と不思議に思われますが、理由を添えます。 「たまには新鮮な刺激もほしいよね。月に1回は、ねぎらいも兼ねて外でデートしよう。マンネリの防止にもなるよ」 理由を付けて説明すれば、パートナーも「なるほど。いいアイデアだね」と納得してくれるでしょう。 理由があるかないかで、ルールの印象はまったく変わります。 無味乾燥にルールを作るのではありません。 ルールは、理由が大切です。 どんなルールでも、理由を添えるのがマナーです。 ルールを決めるときは、理由も添えて、納得しやすくする。

7
★0

できるだけ一緒に食事をするほうがいい。

同棲を始めたら、ぜひ心がけたい食事のルールがあります。 「できるだけ一緒に食事をする」というルールです。 忙しいときや疲れたときなどは「1人で食べたい」「自分の部屋で食事をしたい」と思うでしょう。 たしかに誰にも会わず、1人で食事をしたいときもあります。 自分の部屋なら、買ってきた弁当をリラックスしながら食べることができます。 しかし、いつも自分の部屋で食事をすると、一人暮らしのときと変わりません。 会うことが減って、2人の会話も少なくなるでしょう。 会話が少なくなれば、お互いの心の距離も離れるでしょう。 食事は、生活の中でも特別な時間です。 エネルギーを補給する時間であり、気合を入れる時間であり、心を近づける時間です。 そこでおすすめしたいのが「朝食は一緒に食べる」というルールです。 一緒に食事をすることで会う機会が生まれます。 会話をする機会も生まれ、最低限のコミュニケーションを保てます。 「一緒に食事をする」という行為が大切です。 一緒に食事をするのは、空腹を満たすだけでなく「仲間意識」や「一体感」を高める意味があります。 おいしい料理を一緒に食べながら会話をすれば、弾みやすくなるでしょう。 短い時間であっても、毎日続けることで、お互いの日々の変化を知ることができます。 朝食が厳しければ、夕食でもかまいません。 1日1回は、一緒に食事をする機会がほしいところ。 1人で食事をしたいときもありますが、円満な同棲を実現させるコツとして、できるだけ一緒に食事をするよう心がけましょう。 必ず守らなければいけないルールではありませんが、できるだけ心がけることで、2人の精神的なつながりを保てます。 できるだけ一緒に食事をする。

8
★0

同棲を始めても、挨拶は省かない。

同棲を始めてから、省きやすくなる言葉があります。 挨拶です。 同棲が続くにつれて、新鮮味が失われていき、挨拶が省かれていく傾向があります。 たとえば、朝の「おはよう」という挨拶をしなくなったり、帰宅の「ただいま」「おかえり」という挨拶がなくなったりです。 同棲をするほどの親密な関係です。 今さら挨拶をしても仕方ないと思う人もいるでしょう。 もはや言葉を交わさなくても、意識疎通ができる関係かもしれません。 しかし、同棲を始めたとしても、やはり挨拶は必要です。 どれだけ深い関係になろうと、挨拶は欠かせません。 挨拶とは、人間関係の潤滑油。 相手に好意を伝えるためのシグナルです。 親密であることを理由に挨拶を省くようになるのは、不和の原因になります。 どれだけ親しい関係であっても、最低限の礼儀を守ることが大切です。 したがって、同棲中であっても、お互い挨拶を心がけましょう。 朝は「おはよう」。 家から出て行くときは「いってきます」「いってらっしゃい」。 家に帰ってきたときは「ただいま」「おかえりなさい」。 頑張ったときは「お疲れ様」。 寝るときは「おやすみなさい」。 どの挨拶も、コミュニケーションの基本ですが、生活に欠かせない言葉です。 挨拶に、無駄な言葉は1つもありません。 決まり文句であっても、どれも意味のある一言です。 基本の挨拶ができているかぎり、最低限の会話はできるため、良好な関係が維持できます。 同棲を始めても、挨拶は省かない。

9
★0

家事の完全な偏りは、避けておくのが賢明。

同棲で家事の担当を決めるとき、注意したいことがあります。 家事の完全な偏りは避けておくのが賢明です。 たとえば「家事はすべて女性側がする」といった状態です。 一方がすべての家事を担うと、大きな偏りが生まれます。 炊事・洗濯・掃除などの家事は、体力や時間を必要とする重労働です。 それぞれは小さな仕事でも、まとまれば大仕事になるでしょう。 家事が偏ると、後から「私だけ家事を頑張っているのはずるい。私はハウスキーパーではない」と不満を持ちます。 同棲前はいとおしかったパートナーの寝顔が、憎たらしく思えるようになってしまいます。 同棲の不満として蓄積されていき、いずれ2人の不仲につながることになります。 家事の担当を決めるなら、パートナーが生活費全額を支払っている場合を除き、2人で分担するのが賢明です。 できるだけ2人の仕事が平等になるような決め方にします。 人によって好き嫌いや得手不得手があるため、多少の偏りは許容範囲ですが、完全な偏りは避けておきましょう。 たとえ相手が「料理はできない」「掃除は苦手」などと主張してきても、気安く納得しないこと。 料理や掃除が苦手であっても、できるようにしてもらいます。 けがや病気をしているわけでなければ、本人のやる気次第です。 すでに完全な偏りが生まれている状態なら、早速パートナーに家事の協力を切り出しましょう。 今からでも遅くありません。 自分から言わなければ、パートナーから言い出す状況は考えにくい。 早めに言っておかないと、役割がどんどん固定されていきます。 今後の2人の関係に強く影響する点ですから、面倒であってもきちんとしておくことが大切です。 家事の完全な偏りは、避けるようにする。

10
★1

家事は、頑張りすぎなくていい。
幻滅されない程度で十分。

同棲を始めるときに注意したいのが「頑張りすぎ」です。 幻滅されないよう家事をてきぱきこなして、立派な姿を見せたいと思うのではないでしょうか。 スマートな姿を見せて、パートナーから認められ、褒められたい気持ちもあるでしょう。 そのため、同棲を始めたばかりのころは「頑張りすぎ」という現象が起こりがちです。 毎日隅々まできれいに掃除をする。 毎日手の込んだ手料理を作る。 毎日しっかり洗濯をして、きちんとアイロンをかけ、きれいにたたむ。 もちろん家事を頑張るのは立派なことですが、頑張りすぎはよくありません。 人の体力は有限です。 気合を入れて頑張りすぎると、すぐ息切れをして、限界に達します。 同棲はマラソンのように長期にわたって続くことですから、最初から全力を出すのは注意が必要です。 また、あなたが頑張りすぎていると、パートナーはついていくのが大変になります。 気合を入れていると「すべて私に任せて!」と言わんばかりの雰囲気が出てしまい、手伝いたくても手伝いにくくなる。 息切れするばかりか、家事まで偏ってしまい、結果として同棲の失敗を招いてしまうのです。 家事は、頑張りすぎなくていい。 幻滅されない程度で十分です。 時には上手に手抜きすることも大切です。 マラソンのように、最初から飛ばしすぎると、後から大変になります。 長く継続できる力の配分を意識してください。 力みすぎる必要はない。 全力を出す必要もない。 マイペースで家事をすることが、同棲を成功に導くコツです。 家事に気合を入れすぎず、幻滅されない程度で頑張る。

11
★0

家事に完璧を求めない。
7割できたらよしとする。

家事に完璧を求めるのは要注意です。 「必ず同棲を成功させる」と意気込んでいると、完璧な家事を目指そうとするでしょう。 できれば100点の家事をこなしたいと思うでしょう。 きちんと家事をこなせたほうが、お互いにとって生活が快適になるのは間違いありません。 しかし、理想と現実にはギャップがあることを思い出してください。 実際の同棲では、思うように家事ができない場面が多々あります。 自分にとっては手慣れた家事でも、パートナーにとっては不慣れかもしれません。 時には自分も家事で不手際が発生することもあるはずです。 なかなか完璧な家事は難しいのが現実です。 お互い生まれも育ちも違いますから、家事の方法も考え方も違います。 トイレ掃除も「できた」と思う基準が違って、いらいらするかもしれません。 中には初めて挑戦する家事もあるかもしれません。 初めて挑戦するなら、誰でもうまくいかなくて当然です。 完璧な家事を要求すると、お互いが大変になり、気苦労も増えます。 そこで、少し考え方を変えてください。 「家事は、7割できればよし」と考えましょう。 家事は、完璧でなくてもいい。 少しくらいできていないところがあっても、責めず怒らずとがめません。 7割ができれば「ありがとう」と素直に感謝します。 残りの3割は、今後の成長に期待して、気長に考えましょう。 そうすれば、いらいらすることも少なくなり、お互いのストレスが減ります。 家事は、7割できたらよしとする。

12
★0

同棲を始めても、2人の財布は別々にしておくほうがいい。

お金のルールの中に、やめておくほうがいいルールがあります。 「財布を1つにする」というルールです。 「自分はお金の管理が苦手だから、相手に全部任せたい」と思う人もいるかもしれません。 お金に無頓着な人は、パートナーにお金の管理をすべて任せたいと思うでしょう。 「夫婦のような関係だから、財布を1つにして、一緒に家計を管理したい」と思う人もいるはずです。 同棲の段階でも、財布を1つにした管理方法は不可能ではありません。 しかし、同棲段階で、財布を1つにする状態は注意が必要です。 夫婦の場合「財布を1つにする」という家計の管理方法がありますが、あくまで夫婦だから許されることです。 夫婦の場合、法的に「婚姻関係」が成立していますが、同棲段階ではまだ恋人関係です。 恋人関係でも、法的には他人同士です。 たとえ婚約が成立していたとしても、法的な保護が不十分です。 財布を1つにしてお互いの収入を管理したくても、同棲は、まだ恋人関係であることを忘れてはいけません。 信用できるパートナーとはいえ、何らかのお金のトラブルが起こる可能性もあり得ます。 万一に備えた対策としても、同棲段階で財布を1つにするのは少々早すぎると言えるでしょう。 パートナーの出費が気になるなら、大きな買い物をしたときの自己申告をお願いしておくのがいいでしょう。 財布を1つにするなら、正式な婚姻関係になってからにするほうが安心です。 同棲を始めても、2人の財布は別々にしておくことをおすすめします。 同棲を始めても、2人の財布は別々にしておく。

13
★0

同棲中でも、プレゼントの習慣は大切。

同棲を始めたとたん、急にプレゼントの習慣が途絶えるケースがあります。 いつでも会える関係になったため、記念日への意識が低下しがちです。 「毎日会っているのだから、今さらプレゼントしても仕方ない」 「同棲中にプレゼントしても、喜ばれないだろう」 「同棲を始めたら、プレゼントを贈り合う習慣は不要ではないか」 たしかに以前と比べると「恋愛」という感覚が薄れ「夫婦」に近い関係になっているでしょう。 緊張感が減って、気持ちは落ち着いているかもしれません。 相手の気持ちを引き寄せたりつなぎ止めたりしようと必死になっていたころに比べれば、関係も安定しているでしょう。 しかし、同棲を始めたからとはいえ、プレゼントを省略してもよいとは限りません。 祝う気持ちが冷めてしまうと、2人の関係も冷めてしまいます。 祝う気持ちに同棲は関係ありません。 プレゼントとは「物を贈る行為」だけでなく「気持ちを伝える行為」でもあります。 気持ちを伝える行為に、省略や手抜きはよくありません。 パートナーを大切にする気持ちは、一時的ではなく、一生続けたい。 同棲中も、今までと同じように、プレゼントの習慣を続けましょう。 誕生日には、誕生日プレゼントを贈る。 バレンタインデーやホワイトデーにもプレゼントを贈る。 クリスマスには、クリスマスプレゼントです。 2人で一緒に記念日を大切にすることで、心の距離を保てます。 大切なのは気持ちです。 愛や感謝を伝えることに無駄はありません。 プレゼントはあくまでサブであり、メインは気持ちです。 プレゼントを通して気持ちを伝えることで、いっそう2人の関係も深まります。 同棲していても、記念日にはプレゼントをする。

14
★0

プライベートの仕切り線を話し合っておこう。

同棲を始めて話し合うのは、役割分担だけではありません。 プライベートの仕切り線も重要です。 「結婚前提に同棲を始めたら、プライベートなんて関係ない」 「プライベートを必要としないほど仲がいい」 「仕切りを作らず、何もかも開放的であるほうがいい」 プライベートの仕切り線を作ると、2人の関係に悪影響が出るのではないかと心配する人もいるでしょう。 しかし、同棲を始めても、やはりプライベートは大切です。 人には誰でも、自分だけの領域を持ちたがります。 他人に触れてほしくない物品もあれば、見られたくない姿もあるでしょう。 自由に使っていい私物もあれば、事前に許可の連絡がほしい私物もあるでしょう。 プライベートは、家族・恋人・友達に関係なく、すべての人に大切なこと。 自分が自分らしく安心できる場所でもあります。 彼氏彼女だからプライベートを無視するのではありません。 彼氏彼女だからこそプライベートの尊重が必要です。 同棲を始めたときも、彼氏彼女という立場に関係なく、プライベートを尊重したほうが、同棲は長続きします。 プライベートの仕切り線を話し合っておきましょう。 「不在のとき、個室に入ってもいいか」 「個室に入るとき、ノックをしたほうがいいか」 「洗面所に置いてある洗顔フォームを使ってもいいか」 「相手が所有しているパソコンを使ってもいいか」 「携帯電話が鳴っていれば、代わりに出てもいいか」 「友達に写真を送ってもいいか」 「ブログに写真を載せてもいいか」 「同棲していることを友達に公表してもいいか」 いちいち話し合うのが面倒であっても、重要事項です。 自分の常識は、相手の常識とは限りません。 相手がどう思うのかは、相手に聞いてみないと分かりません。 プライベートの軽視は、小さなことであっても喧嘩の原因になります。 プライベートの仕切り線が分かれば、少し制限は増えますが、お互いのためになります。 仲良く同棲するためにも、プライベートに関しては自己判断ではなく、きちんと相手に確認しておくほうが安心です。 プライベートの仕切り線は、しっかり話し合っておく。

15
★0

インテリアの色に迷ったら、白が無難。

同棲を始めたとき、インテリアの選び方にポイントがあります。 ポイントは、形や大きさではなく「色」です。 基本的に好きな色を選べばいいのですが、2人の好みで選ぶと、買うたびに色がばらばらになる傾向があります。 「たかが色」と思うかもしれませんが、色は心理的に影響を与えるため、軽視できません。 たとえば、赤・青・黒など、さまざまな色のインテリアがある様子を思い浮かべてみてください。 青い椅子・黒いテーブル・赤い卓上スタンド・茶色い本棚。 単体の機能性にはまったく問題ありませんが、部屋全体の印象で考えるとどうでしょうか。 インテリアの色に統一感がないと、少し見苦しい印象を受けるでしょう。 統一感のない色のインテリアは、2人まで統一感がないような印象を受けるでしょう。 インテリアの色を変えるには、インテリア自体を買い換えるしか方法がありません。 色の選び方も、なかなかデリケートな問題です。 そこで、おすすめの色があります。 インテリアの色に迷ったら「白」が無難です。 インテリアには、さまざまな色がありますが、白ならどんな部屋でもなじみます。 白のインテリアで統一すると「明るい雰囲気」と「清潔感」の両方が出ます。 白のインテリアに囲まれれば、2人を明るい気持ちにさせてくれるでしょう。 少し汚れが目立ちやすいデメリットはありますが、ポジティブな気持ちにさせてくれる作用をもたらしてくれます。 これから新しい未来に向かって歩む2人にとって、最適の色と言えるでしょう。 もしインテリアが不要になったときも、白のインテリアは扱いやすい特徴があります。 性別や年齢に関係なく、すべての層に人気のある白は、人にあげたり売ったりするときも好都合です。 白は最も基本的な色であるため、ほとんどの人に受け入れられるのです。 インテリアの色は、こだわりがなければ、白を選ぶ。

16
★0

同棲であっても、最低限のプライバシーは大切にする。

同棲中は、プライバシーの侵害に注意しましょう。 たとえば、無理やりメールや写真を見せてもらったり、パソコンのロック解除を強要させたりなどです。 そのほか、プライベートの写真・封書・着信履歴なども対象です。 相手が「見せたくない」「知られたくない」「聞かれたくない」など拒否するものは、すべて対象です。 愛の形として「相手のすべてを知りたい」と思う気持ちも分かります。 結婚を意識しているなら、隠し事を1つもない状態にしておきたいと思うでしょう。 恋人関係であり、同棲をするほどの親密な関係です。 ましてや結婚を考えている関係なら、どんなことでもオープンにすべきと思うかもしれません。 しかし、それは違うのです。 誰にでも、秘密にしておきたいことが1つや2つはあるもの。 同棲とはいえ、何でもオープンにすればいいわけではありません。 プライバシーは特殊な聖域であり、他人が汚してはならない領域です。 たとえ結婚して夫婦関係になったとしても、最低限のプライバシーは必要です。 相手が嫌がっているにもかかわらず、ずけずけプライバシーを侵害するのは、社会人として品位がありません。 同棲中でも、パートナーの秘密を根掘り葉掘り詮索するのはマナー違反。 本人から許可がある場合を除き、無理やり立ち入らないのが賢明です。 本当にパートナーのことを大切に思うなら、最低限のプライバシーは大切にすること。 「言いたくない」「見られたくない」「聞かれたくない」という主張があれば、素直に尊重しましょう。 時には、パートナーのそぶりから察することも必要です。 それが、同棲を成功に導くコツです。 同棲であっても、最低限のプライバシーは大切にする。

17
★0

パートナーの趣味やこだわりは、安易に否定しない。

同棲中、パートナーの意外な趣味やこだわりを発見することがあるでしょう。 パートナーのことをすべて知っていたつもりでも、いざ同棲を始めると、意外な発見があるもの。 面白い趣味や不思議なこだわりがあるくらいならいいのです。 中には「くだらない」「ばかばかしい」「価値がない」と思え、理解に苦しむ趣味やこだわりもあるかもしれません。 しかし、パートナーの趣味やこだわりの安易な否定には注意が必要です。 人それぞれ、価値観があります。 役立つかどうかにかかわらず、夢中で没頭できることがあるのは素晴らしいこと。 価値を追求した趣味やこだわりは、人生に豊かさをもたらしてくれます。 自分から見て「くだらない」「ばかばかしい」と思えることでも、パートナーにとっては心の支えになっていることがあります。 趣味やこだわりは、本人にとって誰にも邪魔されたくない聖域です。 絶対的な価値観の固まり。 どんなことでも必死で守り続けたいと思っています。 そうした趣味やこだわりを安易に否定すると、パートナーを不快にさせ、2人の関係にひびを入れる可能性があります。 ささいな否定の一言が、パートナーを傷つけてしまうこともあります。 パートナーの趣味やこだわりが理解しがたくても、できるだけ理解するよう努めてみてください。 できるだけパートナーの趣味やこだわりを尊重して受け入れたほうが、良好な関係が保てます。 ただし、例外があります。 趣味やこだわりの内容が「違法」や「迷惑」に関することは、その限りではありません。 法律を守りながら暮らすのは、社会人として最低限のルール。 周りの迷惑にならないように暮らすことは、最低限のマナーです。 趣味やこだわりが、違法や迷惑に関することは、即刻自粛が必要です。 パートナーの趣味やこだわりは、安易に否定せず、できるだけ受け入れるよう努める。

18
★0

同棲中でも、下着を見せない配慮が大切。

同棲中は、下着の扱いに注意してください。 同棲に慣れてくると、だんだん下着の扱いが乱暴になりがちです。 下着だけで部屋を歩く。 見える場所に下着を干す。 適当な場所に下着を脱ぎ捨てる。 こうした状態では、だらしない生活感が漂い始めます。 恋愛感情が失われるだけでなく、同棲の新鮮味や生活の張りまで失われていきます。 下着は、人が身につける衣類の中でも、最もデリケートなもの。 特に女性にとって下着は、セクシーのシンボルです。 下着だけで部屋を歩くのは、あまりにデリカシーがありません。 下着を見える場所に干したり置いたりしていると、下着に見慣れてしまい、魅力も特別感も失われます。 結果として、同棲のマンネリを加速させてしまうのです。 同棲中は、できるだけ下着を見せないよう心がけてください。 共同生活なので完全に隠すのは難しいかもしれませんが、できるだけ下着を見せない配慮は大切です。 部屋の中では、最低限の衣類を身につける。 下着を干すときは、見えにくいように工夫する。 脱いだ下着は、きちんと洗濯かごに入れておく。 少し面倒ですが、同棲や恋愛感情を長続きさせるためのポイントです。 手間暇はかかっても、これを当たり前と思えるようにしておきたい。 慣れてくると習慣になるので、違和感もストレスもなくなります。 下着を見せるのは、大事な場面だけにしておきましょう。 相手の前で下着を見せない配慮を心がける。

19
★1

悪い癖があるなら、同棲を機に直しておきたい。

人にはそれぞれ癖があります。 よい癖ならそのままでいいですが、問題なのは悪い癖です。 悪い癖があっても、自分は気にならないかもしれませんが、相手に不快感を与えることがあります。 たとえば、食事をするとき「くちゃくちゃ」と音を立てて食べる癖があったとします。 同棲中のある日、パートナーから「食べるときの音が気になる。噛むときは、きちんと口と閉じてほしい」という指摘を受けた。 癖を直すよう命令されると、むっとすることがあるかもしれません。 しかし、意地を張らず、素直にパートナーの指摘を受け入れ、悪い癖を直しませんか。 同棲は二人三脚。 お互いに気遣うことが必要です。 悪い癖を放置していると、2人の関係にひびが入ります。 悪い癖を持ったままになっていると、損をするのは自分です。 気づかないうちに、パートナーだけでなく、ほかの人にも不快感を与えている可能性があります。 自分の印象を下げるだけで、よいことはありません。 正直に指摘してくれるパートナーがいるだけ、幸せだと思うことです。 言ってくれなければ、ずっと気づかないままだったかもしれません。 品格を兼ね備えた大人になるためにも、悪い癖があるなら、できるだけ直しておくのが得策です。 同棲をしている今こそ、悪い癖を直すタイミングです。 快適な同棲生活を送るためには、協力し合うことが大切です。 悪い癖を直せば、パートナーとの同棲もますます快適になり、成功に近づけるでしょう。 悪い癖があるなら、同棲を機に直しておく。

20
★0

同棲中でも、するべきことはきちんとしよう。

同棲を始めても、するべきことはきちんとしましょう。 同棲を始めると、集中できる環境を確保しにくくなる傾向があります。 一緒に暮らし始めると、パートナーの存在を気にしなければいけません。 一緒に食事をするルールがあって、行動が制限される。 パートナーの音や動きが気になって、集中力が散漫になる。 協力しなければいけない家事があって、なかなか自分の仕事に集中できない。 同棲によって自由が制限されると、本来すべき仕事に取り組みにくくなることがあります。 しかし「同棲しているのでできなかった」というのは言い訳になりません。 するべきことができていないのは「同棲生活がうまくいっていません」と言っているようなもの。 厳しい環境かもしれませんが、だからとはいえ、サボっても許されるわけではありません。 学生であれ社会人であれ、するべきことをきちんとするのは基本です。 するべき勉強があるなら、きちんとしましょう。 するべき仕事があるなら、きちんとしましょう。 質を保ちつつ、きちんと締め切りを守ります。 するべき仕事は、後回しにしない。 事情があって後回しにするのはいいですが、最小限に抑える努力が必要です。 リラックスする時間は必要ですが、だらだらした時間は不要です。 惰性に流されないこと。 手間を惜しまないこと。 明確な目的意識を持つこと。 同棲中であっても、するべきことは、遅滞なく取り組むようにしましょう。 言い訳をせず、するべきことをきちんとする人が立派な社会人です。 同棲中であっても、するべきことはきちんとする。

21
★0

「同棲しているから集中できない」という言い訳は、したくてもしないほうがいい。

同棲を始めると、自宅で勉強や仕事に集中しにくくなるのが一般的です。 一緒に暮らしていると、大なり小なり、相手の音や動きが気になるでしょう。 想定外より、想定内の出来事。 一人暮らしのときより集中しにくくなるのは間違いありません。 だからとはいえ、勉強や仕事を停滞させるわけにはいきません。 するべき勉強があるなら、きちんとする。 するべき仕事があるなら、きちんとする。 同棲中でも、必要なことは、しっかり取り組まなければいけません。 同棲中に集中できないなら、結婚すればもっと集中できなくなります。 子供が生まれれば、ますます集中できなくなります。 「同棲しているから集中できない」という言い訳は、したくてもしないほうがいい。 同棲を言い訳にするのは「思考停止」「努力不足」「現実逃避」を意味します。 同棲を言い訳にすると、最終的に「同棲を解消したほうがいい」という結論に達します。 誰と同棲をしても、同棲解消という結末になり、結婚も不可能になってしまいます。 こういうときこそ、お互いが知恵を振り絞って協力しあう場面。 集中しにくい環境なら、集中できるような環境や条件を考えてください。 誰かが教えてくれるのではなく、自分で考えなければいけません。 しっかり考えれば、いくつか実現の手段が思い浮かぶはずです。 ・カーテンを使って個室を作ってみる ・カフェや図書館を利用する ・パートナーの外出中を利用する ・耳栓を利用する ・相手が寝静まった時間を利用する ・週末だけ、別々に過ごす 知恵を振り絞って、集中できる環境を整えてください。 知恵を働かせて考えれば考えるほど、まだまだ集中できるアイデアが出てくるはずです。 同棲を言い訳にせず、改善のアイデアを考えましょう。 できれば「同棲中のほうが集中しやすくなった」と言えるくらいまで工夫したい。 「自分に与えられた課題」と思って取り組むと、やる気も出てきます。 困難を乗り越えるのも、同棲の楽しみの1つ。 これがきちんとできるなら、同棲の半分は成功したようなものです。 自宅で集中しにくいなら、簡単に諦めず、集中しやすくなる知恵を出す。

22
★0

円滑な同棲に必要な、5つの「ない」。

円滑な同棲には、ルールを決めることが大切です。 「~しよう」というタイプのルールを意識しがちですが「~しない」というタイプのルールも重要です。 ここでは、円滑な同棲に必要な、5つの「ない」をご紹介いたします。 (1)お財布を一緒にしない 同棲は結婚の予行練習ではありますが、お財布を一緒にするには早すぎます。 いくら相手を信頼しているとはいえ、万一と言うことがあります。 またお財布を別々にしていたほうが、同棲では何かと都合がよいでしょう。 お財布を一緒にするなら、結婚してからでも十分間に合います。 事情がないかぎり、同棲中は、お財布を一緒にしないほうが便利です。 (2)身勝手な行動をしない 同棲を始めたら、身勝手な行動は慎むようにしましょう。 転職・退職・契約など、大きな行動をする前には、まず相談です。 まだ結婚前の同棲であっても、1人の事情は2人の事情になります。 もちろん完全に個人的なことなら相談は不要ですが、2人に関わることなら、相談は必要不可欠。 自分の判断だけでは決めにくいことも、パートナーと相談した上で決めると、不要なトラブルを防げます。 (3)家事を1人にさせない 家事を1人に任せるのは控えたほうがいいでしょう。 気力・体力・精神力には、限界があります。 すべての家事を1人が担うのは重労働です。 同棲はあくまで2人の協力関係が重要です。 生活費を全額出してもらっているわけでなければ、きちんと役割分担を決めて、2人で家事に取り組むほうがお互いのためです。 (4)わがままを言わない 同棲は二人三脚です。 何でも自分の思いどおりにしようとすると、すぐ対立や喧嘩に発展するでしょう。 もちろん時にはわがままも必要ですが、わがままばかりではいきません。 自分勝手に振る舞ってばかりでは、パートナーを不快にさせ、同棲が困難になります。 重要なことならきちんと伝えるべきですが、身勝手な行動や発言なら、控えることも大切です。 (5)趣味・価値観・生活習慣を否定しない 趣味・価値観・生活習慣を否定されると、誰でも不快になります。 もちろん迷惑になることなら、改善してもらわなければいけませんが、そうでないならむやみに否定しないことです。 理解できないことでも、否定するより、まず受け入れましょう。 「すごい趣味だね」「面白い価値観だね」「変わった生活習慣だね」と言う程度にしておくのがいいでしょう。 円滑な同棲のために、5つの「ない」を心がける。

23
★0

「一緒に寝る日」と「別々に寝る日」を両方作ればいい。

「円満な同棲」と「快適な同棲」。 それぞれ同じ意味に思えますが、時に円満な同棲と快適な同棲は、矛盾することがあります。 円満な同棲を実現しようとすると、快適が失われる。 快適な同棲を実現しようとすると、円満が失われる。 こうした状況は珍しくありません。 代表例は、睡眠スタイルです。 一緒に寝ると、円満な同棲は実現できますが、熟睡がしにくくなって快適が失われます。 別々に寝ると、快適な同棲は実現できますが、物寂しい雰囲気が漂って円満が実現しにくくなります。 それぞれにメリットとデメリットがあって、なかなか悩ましいところ。 難しい課題に思えますが、実は単純な解決策があります。 「一緒に寝る日」と「別々に寝る日」を両方作ればいいのです。 たとえば、日曜日から木曜日までは、別々に寝るようにします。 日曜日から木曜日までは、翌日に仕事があるので、熟睡を優先させたほうがいいでしょう。 一方、金曜日や土曜日は、一緒に寝るようにします。 金曜日や土曜日なら翌日は仕事が休みなので、少々睡眠が妨げられても大きな支障はないでしょう。 曜日ごとに睡眠スタイルが変わるため、同棲に変化が生まれ、マンネリの予防につながるメリットもあります。 「一緒に寝る日」と「別々に寝る日」を設定すれば、円満な同棲と快適な同棲の両方を実現できます。 もちろん曜日の設定は、2人の仕事の都合に応じて調整するといいでしょう。 迷ったときは、両方です。 もし2人の好みが合えば、ぜひしてみるといいでしょう。 「一緒に寝る日」と「別々に寝る日」を両方作る。

24
★0

1つのベッドで一緒に寝るなら、掛け布団は2枚用意しよう。

同棲を始めたら、一緒に寝ますか、別々に寝ますか。 せっかく同棲しているのだから、同じベッドで一緒に寝たいカップルも多いのではないでしょうか。 もちろん1つのベッドで一緒に寝るのも悪くありません。 安眠や熟睡がしにくくなるデメリットがあると思われますが、一概には言えません。 愛する人と一緒に寝るほうが、肌のぬくもりと安心感があって、ぐっすり寝やすい人もいるでしょう。 毎日一緒に寝ることができるのも、同棲ならではのメリットの1つ。 手を握りながら寝たり、毎日寝顔を見ることができたりなどのメリットもあります。 パートナーの優しい寝息が、子守歌の代わりになる人もいるかもしれません。 一緒に寝るのは、仲を保つ工夫になるでしょう。 もし2人の好みが一致しているなら、1つのベッドで一緒に寝るのもよい習慣です。 しかし、1つのベッドで一緒に寝るなら、注意しておきたいことがあります。 掛け布団だけは、2枚用意しておくことをおすすめします。 睡眠中の寝返りで、いつの間にか掛け布団を横取りしていることもあるでしょう。 掛け布団が1枚だと、取り合いになってしまいます。 寝冷えをしたり、風邪を引いたりする原因になります。 一緒に寝るのはいいですが、健康面だけは注意したいところ。 掛け布団が2枚あれば、寝返りの揺れを和らげるメリットもあって便利です。 薄くて軽い掛け布団で十分。 掛け布団だけは2枚用意しておくと、お互いが快適に寝られるでしょう。 一緒に寝るなら、掛け布団は2枚用意する。

25
★0

細かいことまで役割分担を決めるのは非現実的。
「気づいた人がする」というルールがおすすめ。

同棲を始めれば、役割分担を決めることになるでしょう。 炊事・洗濯・買い物・掃除・ごみ出しなど、どちらがするのか。 大きな役割分担ならまだいいのです。 大きな役割分担なら数が限られているので、うまく決めることができます。 問題は、小さな役割分担です。 生活上のルールは、無数にあります。 役割分担を一つ一つ決めるのもいいですが、実際はなかなか難しいでしょう。 一つずつ細かく役割分担をするのは、可能ではありますが、現実的ではありません。 ルールの数が多くなりすぎる上、堅苦しい感じも出てしまいがちです。 自分が先に気づいても、相手が対応するまで待っているのももどかしいでしょう。 そこでおすすめなのが「細かいことは役割分担をせず、気づいた人がする」というルールです。 気づいた人がするようにすれば、いちいち細かく役割分担を決める必要がなくなります。 大きいか小さいかの線引きは、2人で話し合いながら柔軟に対応すればいいでしょう。 細かいことは役割分担をせず、気づいた人がするようにすれば、助け合いの精神を発揮しやすくなります。 仕事は少し偏るかもしれませんが、支え合いであり、助け合いです。 細かいことは気にしないことも大切です。 困ったときはお互い様。 持ちつ持たれつの関係が、バランスのいい関係です。 細かいことは役割分担をせず、気づいた人がするルールにする。

26
★0

同棲の意義を見いだすなら、一定期間は続ける必要がある。

同棲は、大変とは限りません。 一般的に「同棲は大変」と思われがちですが、中には逆もあります。 「思ったよりスムーズ」というケースです。 特に違和感がない。 価値観や生活習慣に問題もない。 対立も喧嘩もなく、普段どおり仲良くできている。 覚悟をした上で始めたものの、意外とトラブルもなく、スムーズに同棲できることがあります。 もともと似たもの同士なら、なおさらです。 一緒に暮らしても、快適でスムーズに生活できることがあります。 同棲では前もって期限を決めておきますが、無理やり期限まで同棲を続ける必要はありません。 しばらく同棲を続け「問題ない」と確認できれば、早めに同棲から結婚にステップアップすることも可能です。 しかし、予定より早く同棲を終わらせるのはいいですが、あまりに早すぎるのは要注意です。 同棲期間が短すぎると、きちんとした確認が難しいからです。 たとえば、たった1週間の同棲で良しあしを判断するのは早計です。 同棲を始めてしばらくは緊張感があるため、なかなか本当の様子を知るのは難しい。 普段と変わらないように思えても、演じているだけかもしれません。 問題がないように思えても、気遣っているだけかもしれません。 お互いの本当の様子は、ある程度長く同棲を続けないと、さまざまなパターンを知ることができません。 喧嘩をしたとき、二日酔いになったとき、生理になったとき。 仕事でミスをしたとき、休日出勤になったとき、残業で帰りが遅くなったとき。 睡眠不足になったとき、生活がすれ違ったとき、病気で寝込んだとき。 普段は問題がないように思えても、あるときに意外な側面を知ることもあるでしょう。 そのため、きちんと同棲の意義を見いだすなら、一定期間は続ける必要があります。 一概には言えませんが、できれば3カ月以上は続けたい。 どんなに短くても、1カ月は続けておくのが無難です。 ある程度の期間があってこそ、お互い本当の様子を確認できます。 道を踏み間違えないためにも、油断は禁物です。 同棲は、できれば3カ月以上、最低でも1カ月は続けるようにする。

27
★0

自宅に異性の友達を呼ぶのは、基本的に控えるのが無難。

同棲中、友達を自宅に招くことがあるでしょう。 新しい部屋を見に来てもらったり、飲み会やパーティーで呼んだりなどです。 もちろん前もってパートナーの許可があれば問題ありません。 友達関係を大切にする意味でも、自宅に招くことはあってもいいでしょう。 ただし、例外があります。 たとえパートナーの許可があったとしても、自宅に招くべきではない人物がいます。 それは、異性の友達です。 自宅に異性の友達を招くのは、基本的に控えるのが無難です。 異性の友達を自宅に招くと、本当に単なる友達関係なのか、パートナーを不安にさせるでしょう。 同棲は、結婚を意識したデリケートな段階です。 そもそも異性の友達と一緒に遊ぶこと自体が、デリケートな問題です。 パートナーから許可があったとしても、内心では気にしている場合があります。 表向きは「大丈夫だよ」「気にしてないよ」と振る舞うかもしれませんが、実際は快く思っていない可能性があります。 親しい友達とはいえ、余計な男女関係は不安を助長させます。 たとえ幼なじみの親友であっても、異性であることに変わりありません。 あってはならない過ちがゼロとも限りません。 小さな過ちが亀裂になり、大きなひびに変わり、取り返しがつかなくなる可能性があります。 したがって、自宅に異性の友達を呼ぶのは、基本的に控えておくほうがいいでしょう。 どうしても家に招きたいなら、余計な疑いをされないよう、十分慎重になっておく必要があります。 自宅に異性の友達を呼ぶのは、基本的に控える。

28
★0

自宅に友達を招くときは、2人で対応するのが基本。

自宅に友達を招くときは、2人で対応するのが基本です。 面識がないのに、わざわざ2人で対応するのは面倒と思う人もいるかもしれません。 女性側の友達が来るなら、男性が居づらいでしょう。 男性側の友達が来るなら、女性は居づらいでしょう。 面識がないなら、無理に2人で対応するのは不自然と思う人もいるはずです。 しかし、自分の友達を自宅に招いたとき、仲間内だけで楽しんでいると、パートナーは疎外感を覚えるでしょう。 気にしない人もいるかもしれませんが、気にしていないふりをしているだけかもしれません。 やはりパートナーを寂しく不安な気持ちにさせるはずです。 結婚前提に同棲をしているなら、今後のことも考え、お互いの交友関係はオープンにしておくのがいいでしょう。 パートナーの交友関係を知るためにも、一度面識を作っておくと理解が深まります。 自宅に友達を招くときは、できるだけ2人で対応するようにするのがベストです。 たとえば、自宅で飲み会を開くなら、パートナーも仲間に入れて飲むようにします。 面識がないので、少し気まずい雰囲気もあるかもしれませんが、最初だけです。 「いつも○○がお世話になっています」と簡単な挨拶をして参加すれば、すぐ自然な雰囲気で溶け込めるでしょう。 みんなで楽しむほうが人間関係はスムーズです。 同棲の段階から、お互いの友達関係をオープンにしておきましょう。 パートナーの友達関係は、いずれ自分にも関係してくる可能性があります。 逆に自分の友達関係も、いずれパートナーに関係していく可能性があります。 後先のことを考えると、少しでも面識を作っておくほうが、今後の人間関係もスムーズになります。 途中で退室してもいいので、少しでも参加することで、2人の仲の良さをアピールできます。 こうした行動が、パートナーの浮気防止にもつながります。 友達を自宅に招くときは、できるだけ2人で対応するようにする。

29
★0

2人で丁寧に決めたルールであっても、時には見直しも必要。

同棲では、2人でルールを決めることが大切です。 円滑な同棲生活を送るために、前もってルールを決めます。 同棲にはさまざまなルールがあります。 役割分担のルール・お金のルール・娯楽のルール・プライバシーのルール・友達を招くルール。 どこまで決めるかは、2人次第。 細かく決めすぎるのは要注意ですが、ある程度のルールは同棲の円滑だけでなく、円満にも役立ちます。 しかし、2人で丁寧に決めたルールであっても、時には見直しも必要です。 「一度決めたら変更しない」という状況は、現実的に厳しいでしょう。 最初は好都合だったルールも、状況に応じて、不都合になることもあります。 仕事の都合で、残業や休日出勤が増えることもあるでしょう。 病気やけがで、寝込んだり入院したりすることもあるでしょう。 台風や地震で、ルールをうまく運用できなくなることもあるでしょう。 実際に運用を始めてみると、思うようにいかない状況に直面することもあるはずです。 そんなときには、柔軟にルールを変更していきましょう。 ルールの変更に腹を立ててはいけません。 同棲では、思うようにいかないこともあります。 ルールは、固定するものではなく、変化をさせていくもの。 ルールは本来、同棲をしながら臨機応変に変えていくほうが自然です。 定期的に生活を振り返って、変更するのもよし。 不都合が生じたときに、変更するのもよし。 柔軟にルールを変えていく姿勢は、同棲における問題解決能力の1つ。 仕方ないことは、快く変更を受け入れたほうが、幸運を高めます。 一度決めたルールにこだわらず、2人が快適に感じるルールがベスト。 変化の波に襲われても、柔軟にルールを変更していくことで、快適な同棲を実現できます。 同棲をしながら、柔軟にルール変更をしていく。

30
★0

同棲でペットを飼うときの5つの注意点。

同棲でペットを飼いたい人もいるでしょう。 ペットがいれば、賑やかで明るい生活になるでしょう。 その反面、ペットを飼うなら、考慮しておきたい注意点もあります。 同棲でペットを検討しているなら、以下の5つの注意点を確認しておきましょう。 (注意点1)本当にペットを飼う必要があるのか そもそもとして本当にペットを飼う必要があるのか考えてみましょう。 「ペットがいると明るく暮らせそう」「寂しいからペットを飼ってみたい」など、安易な理由はよくありません。 ペットを飼い始めると、大きな責任が伴います。 犬なら朝晩の散歩は欠かせません。 汚物の始末も必要です。 えさ代がかかるため、出費が増えます。 もしペットがけがや病気になれば、治療費もかかります。 ペットがいる都合上、帰省や旅行がしにくくなる制限も出てきます。 こうしたことを考慮した上で、それでもペットを飼いたい人が飼うようにしましょう。 (注意点2)ペットアレルギーではないか ペットを飼い始めるなら、パートナー同士でアレルギー体質でないか確認しましょう。 特にペットアレルギーの人の場合、無理に飼うのは厳しいでしょう。 飼い始める前はペットアレルギーでなくても、飼い始めてからペットアレルギーになる人もいます。 もともとアレルギー体質の人は、ほかのアレルギーも発症しやすいため注意が必要です。 一度発症してしまうと、治療が困難です。 アレルギー体質の有無については、医療機関で検査をしてもらえます。 (注意点3)ペットを飼える賃貸物件かどうか ペットを飼うならペットを飼える賃貸物件である必要があります。 ペットを禁止している賃貸物件で、隠れて飼うのは厳禁です。 近所に住んでいる人の迷惑になります。 隠れて飼ってばれた場合、大家や管理会社から契約違反・違約金など、トラブルに発展する可能性があります。 (注意点4)責任を持って飼うことができるか ペットは家族の一員です。 ペットを飼うことは、子供を育てるのと同じこと。 お金も手間暇もかかって大変です。 飼い始めれば、ペットの世話が嫌になったからといって簡単に捨てることはできません。 世話を放棄せず、生涯、責任を持って飼い続ける覚悟があるかどうか、2人で確認することが大切です。 (注意点5)ペットを飼い始めても、パートナーへの愛情が変わらないか ペットを飼い始めると、愛情を注ぐ対象がパートナーからペットに向けられることがあります。 ペットばかりに愛情を注ぎ、パートナーを無視する状態になると、2人の関係に悪影響です。 パートナーをないがしろにするのはよくありません。 愛情バランスが偏っても、崩れることがないようにする心がけが必要です。 ペットを飼い始めても、お互いの愛情が変わらないと約束できるか確認しておきましょう。 同棲でペットを飼うなら、5つの注意点を確認する。

同じカテゴリーの作品