同棲

同棲がうまくいく
30のルール

  • 「彼氏彼女」である前に
    「一緒に暮らす仲間」として見ること。
同棲がうまくいく30のルール

もくじ
  1. 「彼氏彼女」である前に「一緒に暮らす仲間」として見ること。

    同棲を始めるなら、まずパートナーに対する考え方が大切です。
    普通の感覚では、パートナーを「彼氏彼女」として考えるのが一般的ではないでしょうか。
    そのほか「最愛の人」「最高の人」「この世で一番大切な人」といった考え方もあるでしょう。

  2. 同棲で大切な3つの精神。
    「譲り合いの精神」「感謝の精神」「助け合いの精神」。

    同棲生活で大切な精神が、3つあります。
    「譲り合いの精神」「感謝の精神」「助け合いの精神」です。
    どれも同棲を成功に導くには欠かせないポイントです。

  3. できるだけ明るい同棲を心がけよう。

    同棲では、ルールを決めたり、束縛が増えたりなど、大変なことが増えます。
    お互いの価値観や生活習慣が違って、いらいらすることもあるでしょう。
    時には意見が対立して、言い争うこともあるかもしれません。

  4. 家事の役割分担を決めるときの5つのポイント。

    家事を決めるときは、何を基準にしますか。
    2人で話し合って決めるのが基本ですが、大変なときもあります。
    初めての同棲なら、役割分担の基準や要領が分からず、話し合いが難航する場合も少なくありません。

  5. ルールは、ほどほどが大切。

    同棲を始めるときには、ルールを作ることになります。
    ルールを作らず、臨機応変に対応するのもいいですが、いちいち考えたり話し合ったりするのは非効率でしょう。
    ルールは、ないよりあったほうが快適です。

  6. ルールを作るときは、理由が大事。

    ルールを作るときは、理由が大事です。
    ルールを作ることは、束縛を増やすことでもあります。
    単にルールを増やすだけでは、ストレスも増えて、窮屈になります。

  7. できるだけ一緒に食事をするほうがいい。

    同棲を始めたら、ぜひ心がけたい食事のルールがあります。
    「できるだけ一緒に食事をする」というルールです。
    忙しいときや疲れたときなどは「1人で食べたい」「自分の部屋で食事をしたい」と思うでしょう。

  8. 同棲を始めても、挨拶は省かない。

    同棲を始めてから、省きやすくなる言葉があります。
    挨拶です。
    同棲が続くにつれて、新鮮味が失われていき、挨拶が省かれていく傾向があります。

  9. 家事の完全な偏りは、避けておくのが賢明。

    同棲で家事の担当を決めるとき、注意したいことがあります。
    家事の完全な偏りは避けておくのが賢明です。
     

  10. 家事は、頑張りすぎなくていい。
    幻滅されない程度で十分。

    同棲を始めるときに注意したいのが「頑張りすぎ」です。
    幻滅されないよう家事をてきぱきこなして、立派な姿を見せたいと思うのではないでしょうか。
    スマートな姿を見せて、パートナーから認められ、褒められたい気持ちもあるでしょう。

  11. 家事に完璧を求めない。
    7割できたらよしとする。

    家事に完璧を求めるのは要注意です。
    「必ず同棲を成功させる」と意気込んでいると、完璧な家事を目指そうとするでしょう。
    できれば100点の家事をこなしたいと思うでしょう。

  12. 同棲を始めても、2人の財布は別々にしておくほうがいい。

    お金のルールの中に、やめておくほうがいいルールがあります。
    「財布を1つにする」というルールです。
    「自分はお金の管理が苦手だから、相手に全部任せたい」と思う人もいるかもしれません。

  13. 同棲中でも、プレゼントの習慣は大切。

    同棲を始めたとたん、急にプレゼントの習慣が途絶えるケースがあります。
    いつでも会える関係になったため、記念日への意識が低下しがちです。
    「毎日会っているのだから、今さらプレゼントしても仕方ない」

  14. プライベートの仕切り線を話し合っておこう。

    同棲を始めて話し合うのは、役割分担だけではありません。
    プライベートの仕切り線も重要です。
    「結婚前提に同棲を始めたら、プライベートなんて関係ない」

  15. インテリアの色に迷ったら、白が無難。

    同棲を始めたとき、インテリアの選び方にポイントがあります。
    ポイントは、形や大きさではなく「色」です。
    基本的に好きな色を選べばいいのですが、2人の好みで選ぶと、買うたびに色がばらばらになる傾向があります。

  16. 同棲であっても、最低限のプライバシーは大切にする。

    同棲中は、プライバシーの侵害に注意しましょう。
     
    たとえば、無理やりメールや写真を見せてもらったり、パソコンのロック解除を強要させたりなどです。

  17. パートナーの趣味やこだわりは、安易に否定しない。

    同棲中、パートナーの意外な趣味やこだわりを発見することがあるでしょう。
    パートナーのことをすべて知っていたつもりでも、いざ同棲を始めると、意外な発見があるもの。
    面白い趣味や不思議なこだわりがあるくらいならいいのです。

  18. 同棲中でも、下着を見せない配慮が大切。

    同棲中は、下着の扱いに注意してください。
    同棲に慣れてくると、だんだん下着の扱いが乱暴になりがちです。
    下着だけで部屋を歩く。

  19. 悪い癖があるなら、同棲を機に直しておきたい。

    人にはそれぞれ癖があります。
    よい癖ならそのままでいいですが、問題なのは悪い癖です。
    悪い癖があっても、自分は気にならないかもしれませんが、相手に不快感を与えることがあります。

  20. 同棲中でも、するべきことはきちんとしよう。

    同棲を始めても、するべきことはきちんとしましょう。
    同棲を始めると、集中できる環境を確保しにくくなる傾向があります。
    一緒に暮らし始めると、パートナーの存在を気にしなければいけません。

  21. 「同棲しているから集中できない」という言い訳は、したくてもしないほうがいい。

    同棲を始めると、自宅で勉強や仕事に集中しにくくなるのが一般的です。
    一緒に暮らしていると、大なり小なり、相手の音や動きが気になるでしょう。
    想定外より、想定内の出来事。

  22. 円滑な同棲に必要な、5つの「ない」。

    円滑な同棲には、ルールを決めることが大切です。
    「~しよう」というタイプのルールを意識しがちですが「~しない」というタイプのルールも重要です。
    ここでは、円滑な同棲に必要な、5つの「ない」をご紹介いたします。

  23. 「一緒に寝る日」と「別々に寝る日」を両方作ればいい。

    「円満な同棲」と「快適な同棲」。
    それぞれ同じ意味に思えますが、時に円満な同棲と快適な同棲は、矛盾することがあります。
    円満な同棲を実現しようとすると、快適が失われる。

  24. 1つのベッドで一緒に寝るなら、掛け布団は2枚用意しよう。

    同棲を始めたら、一緒に寝ますか、別々に寝ますか。
    せっかく同棲しているのだから、同じベッドで一緒に寝たいカップルも多いのではないでしょうか。
    もちろん1つのベッドで一緒に寝るのも悪くありません。

  25. 細かいことまで役割分担を決めるのは非現実的。
    「気づいた人がする」というルールがおすすめ。

    同棲を始めれば、役割分担を決めることになるでしょう。
    炊事・洗濯・買い物・掃除・ごみ出しなど、どちらがするのか。
    大きな役割分担ならまだいいのです。

  26. 同棲の意義を見いだすなら、一定期間は続ける必要がある。

    同棲は、大変とは限りません。
    一般的に「同棲は大変」と思われがちですが、中には逆もあります。
    「思ったよりスムーズ」というケースです。

  27. 自宅に異性の友達を呼ぶのは、基本的に控えるのが無難。

    同棲中、友達を自宅に招くことがあるでしょう。
    新しい部屋を見に来てもらったり、飲み会やパーティーで呼んだりなどです。
    もちろん前もってパートナーの許可があれば問題ありません。

  28. 自宅に友達を招くときは、2人で対応するのが基本。

    自宅に友達を招くときは、2人で対応するのが基本です。
    面識がないのに、わざわざ2人で対応するのは面倒と思う人もいるかもしれません。
    女性側の友達が来るなら、男性が居づらいでしょう。

  29. 2人で丁寧に決めたルールであっても、時には見直しも必要。

    同棲では、2人でルールを決めることが大切です。
    円滑な同棲生活を送るために、前もってルールを決めます。
    同棲にはさまざまなルールがあります。

  30. 同棲でペットを飼うときの5つの注意点。

    同棲でペットを飼いたい人もいるでしょう。
    ペットがいれば、賑やかで明るい生活になるでしょう。
    その反面、ペットを飼うなら、考慮しておきたい注意点もあります。

同じカテゴリーの作品