人生の教科書



同棲
「結婚前提」と「婚約」は、似て非なるもの。
同棲
一人暮らし用の部屋に黙って同棲するのは、契約違反。
同棲
できるだけリビングが南向きの部屋を選ぼう。
同棲
ワンルームでも1人になれる場所が、3つある。
トイレ・浴室・ベランダ。
同棲

同棲から結婚に進むための
30のポイント

お気に入り0 読んだ
17

生活の中でも食事の時間は別格。
深いつながりを強化できる時間。

生活の中でも食事の時間は別格。深いつながりを強化できる時間。 | 同棲から結婚に進むための30のポイント

パートナーとは、1回でも多く、一緒に食事を心がけましょう。

一緒に食べても別々に食べても、空腹を満たすことには変わりありません。

中には「食事のときくらい1人になりたい」と思う人もいるでしょう。

 

たしかに別々に食べたほうが、個人の時間を大切にできます。

相手と一緒に食事をするより、自分の部屋でテレビを見ながら食事をしたほうが、気楽で快適と感じる人も多いはずです。

 

しかし、別々に食べるなら、同棲の意味がなくなります。

同棲を始めたからには、できるだけ一緒に食事を心がけたい。

一緒に食事をする行為は、空腹を満たすだけでなく、特別な意味があります。

仲間意識を深める時間であり、心の距離を近づける時間であり、一体感を高める時間です。

暗黙のうちに「私たちは仲がいいよね」と認め合う時間でもあります。

食欲は3大欲求の1つ。

2人が一緒に基本的欲求を満たすことは、本能に働きかける効果があります。

生活の中でも食事の時間は、別格です。

すなわち、深いつながりを強化できる時間なのです。

食事の時間を安易に考えず、大切にしてください。

2人の未来を明るくしたければ、1回でも多く一緒に食事をしましょう。

はっきりした自覚はなくても、少しずつですが、深いところで確実に2人の関係が深まっています。

忙しいときは、一緒に食事をする時間を作りにくいかもしれませんが、できるだけ時間を調整してみてください。

食事の時間すら協力できないと、今後の夫婦生活や子育てなど、先々が不安です。

一緒に食事をすると、おいしく味わえるでしょう。

楽しく話をしながら食事をすれば、ますます心地よいひとときになります。

1日1回は、2人で一緒に食事をしたい。

今後の2人の関係を決める習慣です。

朝食でも夕食でもかまいません。

一緒に食事をした回数だけ、仲良くなれるのです。

まとめ

同棲から結婚に進むためのポイント その17
  • 一緒に食事をする機会を、
    1回でも増やす。
大きな借金問題は、パートナーに打ち明けるべきか。

もくじ
(同棲から結婚に進むための30のポイント)

同じカテゴリーの作品