人生の教科書



同棲
無計画な妊娠は、大幅に同棲計画を狂わせる意外な盲点。
同棲
半同棲の7つのデメリット。
同棲
同棲解消の4つのデメリット。
同棲
同棲は、結婚へのファイナルステージ。
同棲
同棲で決めるルールには、2種類ある。
「仲良くなるルール」と「トラブルを避けるルール」。
同棲
同棲は、3年すれば十分。
同棲

同棲から結婚に進むための
30のポイント

お気に入り0 読んだ
24

同棲で破局したときのリスクは、
男性より女性のほうが大きい。

同棲で破局したときのリスクは、男性より女性のほうが大きい。 | 同棲から結婚に進むための30のポイント

同棲で破局したときのリスクは、男性と女性のどちらが大きいのでしょうか。

もちろんさまざまな状況があるため、一概には言えません。

男性には男性特有の事情があり、女性にも女性特有の事情があります。

経済的な事情・家庭の事情・健康の事情。

人によって背負っている事情は異なるため、正確な比較は難しいでしょう。

 

しかし、細かい条件は考慮せず、あくまで一般的な状況で考えたとします。

一般的な状況の場合、同棲で破局したときのリスクは、男性より女性のほうが大きいと言えます。

女性の場合、妊娠のリミットがあるためです。

女性は、生まれたときに、およそ40万個の卵子があります。

卵子の数は、生涯増えることはなく、年齢を重ねるにつれて減り続けていく特徴があります。

思春期で月経が始まるころには、20万個まで減り、その後もどんどん減少していきます。

卵子の数は、妊娠能力に大きく関わる要素です。

妊娠能力の低下は、30代になると目立ち始め、30代の中盤以降は顕著です。

妊娠能力は、婚期にも大きく影響する要因でもあります。

したがって、同棲で破局したときのリスクは、男性より女性のほうが大きいと言えます。

このことを認識した上で、女性は慎重に同棲を進めていきましょう。

彼の言いなりにならず、きちんと将来を考えた上で行動していくことが大切です。

同棲の期限も結婚のタイミングも、婚期や妊娠のリミットを考慮した上で考えたほうがいいでしょう。

男性の中には、女性の妊娠期限について理解が不十分な人もいます。

認識が不十分なら、会話を通して彼の理解を促していく必要もあります。

彼がなかなか結婚に踏み切ってくれないなら、女性から背中を押す必要もあるでしょう。

同棲の結果、2人の将来が描けないと判断できれば、残念ですが、別れや同棲解消を検討する必要も出てきます。

まとめ

同棲から結婚に進むためのポイント その24
  • 女性は、
    妊娠のリミットを意識しながら同棲をする。
同棲が長く続くほど安定とは限らない。

もくじ
(同棲から結婚に進むための30のポイント)

同じカテゴリーの作品